« 7月7日(金) 早く人間にナッツ・リターン | トップページ | 8月9日(日) 「ホルモンの少女チャーリー」 »

2015年8月 9日 (日)

7月8日(土) パピルスウォーター

 

7月8日(土) パピルスウォーター
 あまり美味しそうではない。とあるブックオフで有川浩先生の『空飛ぶ広報室』の108円本を入手。表紙に数か所傷みがあるけれども帯は揃っていてしおりも使用した形跡がない。

 こういうものを108円で買うと、うれしいけれどもやっぱり罪悪感を感じてしまうぜ。

 なお、この本も買ってきたその日に裁断、自炊してキンドルで読んでます。

 日記には書いてなかったけれども、明日、9日からT子、Y乃がやってくる。時期的に4月のような泊りがけの旅行は無理なので今から日帰りでどこに連れて行こうかと悩んでいる。なに、Y乃は「遊園地がいいよ、おじちゃん」などと言っているのだが、うっかり連れて行くとまたジェットコースターに乗せられそうだからなあ(笑)。それも4月のアレとは比べ物にならないほど本格的な奴に。

 俺のハードボイルド。「俺は羽田空港の動く歩道を使うといつも思うんだ。まるで『ノストラダムスの大予言』に登場した異常に足の速い子供みたいだって。公開時、祖母に連れられて見に行ったのだが、俺にはその意味が良く分からず「あれはベルトコンベアーの上を歩いているだけだよね」と主張して随分と困らせたものだったよ」

 こういう話をバーボンのロック片手にバーのマスター相手に喋っている私立探偵のオレはいっそ、何の役にも立たない太陽光発電を屋根に取り付けてしまおうかと思ってしまうほどハードボイルドだと思うのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。食ったもの、昼飯に例のざるラーメン、茹でもやし、スライスドトマト、チャーシュー、ねぎ、温泉卵のせ。

 夕食は生野菜に出来合いの中華オードブル、後は残り飯を使ったチキンライス。ビールは飲まずに麦茶をがぶがぶ。

 その後シアタールームにて米国盤ブルーレイの『ナイトミュージアム』を再見。こう言っちゃ何だがこの映画、面白くなるのはミッキー・ルーニーら3人の老人が石板強奪に動き始めるあたりからだな。それまでは退屈で、しかもベン・スティラーのダメパパぶりが痛々しくて見ておれん。

 終了後シャワーを浴びて明日からやってくるT子、Y乃のための片付け。片付けと言っても、ほとんど毎日掃除しておりますからな、要するに「エッチなDVDを隠す」なのでありまして(笑)。

 その重要な作業を終えてからプロジェクターを再起動。チャンネルNECO HD録画の『逆襲大蛇丸』を見る。諏訪藩への復讐に執着するあまり、妹との縁切りを宣言したりするなど、単純な善玉として描かれていない児雷也、その対極の存在が大蛇丸でこちらは明朗闊達、何の疑問も持たずに悪行に精を出す。

 この二人のキャラは非常に良かったのだけれども、いかんせん1時間20分の映画なのに出てくる人たちが多くてですなあ、最後の方では誰が誰だか良く分からなくなってしまいましたわい。

 特撮は1955年という年代を考えてもまあ・・・という出来(笑)。特に樽の中から顔を出した敵兵の頭をなぎなた持ったお女中が首ちょんぱ!という場面で飛んでいく頭があからさまな作り物というのは想定内なのである。しかし、切られた敵兵の襟のあたりをみると、必死に引っ込めようとしているおっさんの頭が見えていたのに大笑い。

 これは予想できませんでしたわい。

 画質はもう何しろ冒頭に「残存しているなかで最良の映像を使いました。勘弁してください」というテロップが入るくらいなので押して知るべし。解像度が低くてしょっちゅう画像破たんが起こる。

 音声はぐにゃぐにゃと歪んで大変に聞き取りにくい。

 終了後はテレヴィをだらだら。就寝午前3時過ぎ。

|

« 7月7日(金) 早く人間にナッツ・リターン | トップページ | 8月9日(日) 「ホルモンの少女チャーリー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日(土) パピルスウォーター:

« 7月7日(金) 早く人間にナッツ・リターン | トップページ | 8月9日(日) 「ホルモンの少女チャーリー」 »