« 8月27日(木) 子ほめ騒動 | トップページ | 8月29日(土) 「ダドリーくん」 »

2015年8月29日 (土)

8月28日(金) サイン、コサイン、アルジェント

 

8月28日(金) サイン、コサイン、アルジェント
 元ネタは8月27日に県総合教育会議で「高校で女の子にサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」と発言した鹿児島県の伊藤祐一郎知事。

 まあ、俺にサイン、コサイン、タンジェントを教えても何にもならなかったけどな(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はフランスパン。半分ほどスライスチーズとハムを挟んで齧る。ヴァイタミン補給は野菜ジュース。

 夕食はカツオの叩き、豚肉と野菜の炒め物、生野菜。ノンアルコールビール一本飲んでゴハンを1膳。

 その後、シアタールームにてレンタルブルーレイの『ソロモンの偽証 前篇』を見る。宮部みゆき文学世界の映画化作品としては、徹頭徹尾「愚かしい大人」しか出てこないのが意外であった。

 生徒たちの両親、教師、そして警察という立場で登場する大人たち、彼らは自己保身に汲々とし、この作品で提示された「男子中学生の死とそれにまつわる疑惑」に対してなんら合理的な解決策を提示できないのである。これがもっとも顕著に表れたのが永作博美と娘の親子関係であって、そのリアルでどうしようもなく醜い姿に戦慄を覚えぬものはいないだろう。

 こういう映画を見るにつけ、俺は結婚もせず、子供も作らずに良かったあとつくづく思うのである。(あー、君、君、結婚もせずにじゃなくって本当は結婚もできなかったんじゃないのとか言うんじゃない)

 ハイビジョン画質は細かなノイズが多く、解像度も低め。MPCプロファイルの「フィルムモード」で随分と改善される。音声はDTS-HDマスターオーディオ。細かな環境音の使い方は上手いが、その分、こぢんまりとしたサラウンド音場。ちょっと貧乏くさい。

 終了後シャワーを浴びてダビング作業。BSイマジカ録画の『魔人ドラキュラ』(ひー、滅茶苦茶綺麗)、WOWOWハイビジョン録画の『ルーカスの初恋メモリー』をブルーレイメディアにコピー。

 この『ルーカスの初恋メモリー』はウィノナ・ライダーの映画デビュー作であり、なんというか、もう無茶苦茶にかわいい。しかし、それから30年近く経過して、ウィノナ・ライダーは場末の激安娼婦が妙に似合うようになってしまったのであります!ああ、なんということでしょうか。世の無常を感じずにはいられません!

 就寝午前2時半。私はこの2時間後にいろんな意味で大騒ぎする運命が待っているとは神ならぬ身の知る由もなし。

|

« 8月27日(木) 子ほめ騒動 | トップページ | 8月29日(土) 「ダドリーくん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月28日(金) サイン、コサイン、アルジェント:

« 8月27日(木) 子ほめ騒動 | トップページ | 8月29日(土) 「ダドリーくん」 »