« 7月8日(土) パピルスウォーター | トップページ | 8月10日(月) サザザ十勇士 »

2015年8月13日 (木)

8月9日(日) 「ホルモンの少女チャーリー」

 8月9日(日) 「ホルモンの少女チャーリー」
 あれから31年。四十路を迎えたチャーリーは政府機関の目を逃れ日本でホルモン屋の店員として働いていた。彼女の念力放火能力(パイロキネシス)が炭火の火おこしに大変役に立つのだった。

 イマジカBSで『来るべき世界』が放送された。もちろん、私は録画保存したのだがその画質は驚くほど綺麗。米国盤DVDで英語の聞き取りに苦労しながら見ていた時のことを考えるとまるで夢のようだ。こんな映画をこんな映像で楽しめる、これが俺の「来たるべき世界」だよな(笑)。

 俺のハードボイルド。「子供の頃に親から読み聞かされたお話というのは必要以上に悲惨なものが多くて辟易させられたものだ。特に「マッチ売りの少女」とか酷くてあれは要するに飢えと寒さで肉体的な負担をなんとか誤魔化そうと脳が脳内麻薬を分泌して幻覚を見せているんだろ、挙句の果てには街角で凍死だよ、凍死。それがどうしておばあちゃんの霊に連れられて天国に行ったとか感動的な話になるんだよ。だいたいだね、凍死寸前になると全身の関節の筋肉が収縮して痛い、痛いとのた打ち回ることになるんだ」

 こういう話をバーボンのロック片手にバーのマスター相手に喋っている私立探偵のオレはいっそ「ノストラダムスの大予言の世界滅亡は実は2025年のことだった」という本を書こうかと思うほどハードボイルドだと思うのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にマルタイ棒ラーメン1食分とトマト1個。午後5時半に事務所をしまってバス、地下鉄を利用し福岡空港へ。

 弟家族の出迎えのためである。

 午後7時過ぎに首尾よく弟、T子、Y乃が到着(今回は義妹は不参加)が到着。それからタクシーを使って自宅近くの焼鳥屋へ。そこで焼鳥をたらふく食べて(もちろん、私と弟はビールも飲みましたとも)、午後9時過ぎに帰宅する。

 まあ、その後T子とY乃はシャワーを浴びて私のシアタールームで午前1時まで掛かってDVD 『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』を見ていきましたけど(笑)。

 就寝午前2時過ぎ。
 

|

« 7月8日(土) パピルスウォーター | トップページ | 8月10日(月) サザザ十勇士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月9日(日) 「ホルモンの少女チャーリー」:

« 7月8日(土) パピルスウォーター | トップページ | 8月10日(月) サザザ十勇士 »