« 9月11日(金) 「レット・イット・ゴー三匹」 | トップページ | 9月13日(日) 「こりんの書」 »

2015年9月13日 (日)

9月12日(土) 『13日の金屏風』

 

9月12日(土) 『13日の金屏風』
 どんなホラーなのかは知りません。現在、絶賛公開中の『天空の蜂』 『ミッドナイトイーグル』(笑)以来のトンデモ映画なのではないかと密かに思っている。

 だって、爆弾を積んだ自衛隊の新型ヘリをテロリストが遠隔操作で奪い福井県の高速増殖炉「新陽」の上空でホバリングさせて政府に「やい、原発をすべて止めないと落っことすぞ」と脅迫するというのである。

 しかもその機内には基地に見学に来ていた職員の子供が取り残されていた!

 あまりに気になったのでネタバレ覚悟で原作のあらすじサイトを読んでみたら<http://1wordworld.blog26.fc2.com/blog-entry-783.html>これ、いくらなんでもひどくね?

 以下< >はすべて同サイトからの引用。

 <その日は、海上自衛隊への正式納入を間近に控えた領収飛行が行われる予定だったが>

 そういうヘリを遠隔操作でテロリストが奪取って? しかも正式納入前のヘリに爆発物満載って?

 さらに引き渡し間近の新型ヘリの機体に見学に来た職員の子供が忍び込んでいたって何の冗談?

 <福井県の高速増殖炉「新陽」の上空で、ビッグBはホバリングしていた。>

 そして<現在稼動中や建設中の原発を全て停止しろ、さもなくば巨大ヘリを新陽に墜落させる」という要求>

 このヘリは恐ろしく長時間ホバリングできるらしい。凄い、さすが新型ヘリだ。 稼働中の原子炉はカチッとスイッチを切ったらすぐに停止するとでも思っているのかしら。

 そして一番ばかばかしいところ。

 この要求を呑んではい、日本政府はすべての原発を停止しました。はい、犯人が投降しました。はい、すぐに原発を再稼働させます。

 ってなるよね、フツー(笑)。

 「超巨大ヘリ ビッグB」といいつつ、そのサイズ・重量はMI-26とほぼ同じ。こっちゃ1983年から飛んでらあ。

  そしてさらに<http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150615_706888.html>によると「燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間、姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。」

 ええっ!ということはこいつ、8時間もホバリングできんの、どんなウルトラスーパーヘリなんだよ。こういうのおかしいと思わんのか。

 いやいや、いくらなんでもそんな馬鹿な設定があるものか、きっとホバリングしていたのは原発を停止させろと要求した時だけで後は原子炉上空を旋回しているんだよねえ、うん、そうだ、きっとそうに違いない、違いない。それだったら何とかなるだろう。

 これは近いうちに原作を読んで検証してみなければなりませんな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は盛岡冷麺。今年はこれで最後になるか。

 夕食は都合があってコンビニ飯。レトルトの豚汁を買い、冷凍ゴハンの解凍したやつ(当たり前だそのままがりがりと齧れというのか)と大根おろしで食べる。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『ソロモンの偽証 後編』を見る。法廷ミステリーとしては実に良くできている。事実関係を丹念に掘り起こしていくことによって新たな闇が浮かび上がってくる、そのプロセスの作り方が実にち密なのだ。

 弁護人である筈の神原が実は最終的な証人となるというハッタリも非常に効果的であった。

 しかし、少年の死の真相が虚無的な世界観に疲れ果てての自殺というのはどうしたものか。彼の自殺が被告人によるいじめであるとすれば、後の展開に有機的に接続することができたのではないか。それに被告人が神原に握手を求めるのも不自然。神原が裁判などやらずにとにかく真実を証言していればおやじがやけになって自作自演の自宅放火事件を起こし、祖母が死ぬということもなかっただろう。

 ハイビジョン画質はややノイジー。暗部の諧調も今一つ表現不足。音声はDTS-HDマスターオーディオ。体育館内の閉塞した空気感の表現が上手い。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。

 午前12時からプロジェクターを再起動させて「熱海五郎一座 プリティウーマンの勝手にボディガード」 ミステリーとしてもなかなか優れた舞台であったけれども、やはり大地真央の加入によってミュージカル場面などのレベルが格段に上がったと言える。

 音楽を使ったギャグも素晴らしい。特にギターを弾きながら歌っている小倉久寛が三宅裕司に茶々を入れられるたびに別の曲に代わってしまう「流されやすい人」には大笑いした。また三宅祐司のタイピングに合わせて大地真央がいろんな備品を使ってリズムを刻んでいく場面はまるでMGMミュージカルのごとし。やたらにオシャレである。

 いやあ、今回も良い舞台を見せて貰ったなあ。

 その後、CSの「ゴリパラ見聞録」再放送などを見て午前2時半過ぎに就寝。

|

« 9月11日(金) 「レット・イット・ゴー三匹」 | トップページ | 9月13日(日) 「こりんの書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月12日(土) 『13日の金屏風』:

« 9月11日(金) 「レット・イット・ゴー三匹」 | トップページ | 9月13日(日) 「こりんの書」 »