« 9月13日(日) 「こりんの書」 | トップページ | 9月15日(火) 「月のサルサマスク」 »

2015年9月15日 (火)

9月14日(月) 東京こりん

 

9月14日(月) 東京こりん
 こりん星でオリンピックが!とりあえず結果だけお伝えした目の状況であるが、実際の診察過程はこんなもの。眼科の先生は私の話をちょっと聞いて「ウウーム、言いにくいのですが、それは飛蚊症という奴で、まあ、年のせいでしょう。あなた、いつまでも自分を若い若いと思っていらっしゃるようですが、現実的にそんなことはありえんでしょう、あなたの体の様々なところで老いが忍び寄っているんですよ」

 念のために眼底検査を受けることになった。先生によれば瞳孔を広げる目薬を打って眼底のすみずみまで観察するという検査で所要時間は1時間ほどであるが、その後4時間程度、「瞳孔が拡大しているのでやたらにまぶしかったりして車の運転などはできない」とのことであった。

 でも目薬をさされても視野に対して変化はなし。天井のライトを目薬を差された左目で凝視しても違和感はない。これなら車の運転だって楽々だあ、先生ったら大げさなんだからもうと女子高生みたいなことを思ったのだが・・・

 眼底検査というのは強いライトを眼球に当てるのですなあ。検査が終わったらなるほど、やたらに左目がちかちかして、たまらん、あー、なるほど目薬を差しただけでは変わらないのだ、この後、強い光を当てられて瞳孔が開くとそのままになってしまうのだとやっと理解したのであります。

 大したことないから帰ったらすぐ車を運転してとあるセミナー会場に向かおうと思っていたのだが、そんなことは到底無理でありました。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にうどんウェストで素うどんとカツ丼のセット。夕食は前述のセミナーで帰宅が午後7時過ぎとなったので自分飯。冷凍のホウレンソウとベーコンを使ったバターソテー、コンビニのレトルト ロールキャベツでビール500ml缶を飲んでツナマヨスパゲティで仕上げ。

 その後、映画も見ずにだらだらとウィスキー水割り。いい加減酔っぱらったところでプロジェクターを起動させ、ブルーレイ「サンダーバード 大ワニの襲撃」を見る。

 冒頭登場するワニと巨大化したそれの区別がまったくつかないという難点があるエピソードであるが(笑)、陰鬱な沼地に立つ屋敷のミニチュアセットの見事なこと。

 そしてサンダーバードに似合わぬ怪奇ムードも素敵である。稲光が閃くと階段の踊り場にいる女性秘書がぱっと見える場面には思わず「やりすぎだ!」と大笑いしてしまった。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月13日(日) 「こりんの書」 | トップページ | 9月15日(火) 「月のサルサマスク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月14日(月) 東京こりん:

« 9月13日(日) 「こりんの書」 | トップページ | 9月15日(火) 「月のサルサマスク」 »