« 9月4日(木) 性転換の霹靂 | トップページ | 9月5日(土) 阿闍梨前田のクラッカー »

2015年9月 5日 (土)

9月4日(金) 「月のサザザ」

 

9月4日(金) 「月のサザザ」
 「月の砂漠」の無理やりな駄洒落。ドイツ・ベルリンで9月4日(現地時間)から開催されている国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2015」でソニーは、ネイティブ4K解像度、HDR対応 SXRDプロジェクタとして、「VPL-VW515」を発表。

 日本国内でも10月9日に発売される予定で、そのお値段は90万円なり。

 4Kネイティブ解像度+HDRの組み合わせはいずれ発売の予定されているウルトラHDブルーレイソフトの再生に大きく寄与することになるだろ。正直言ってプロジェクターでこんなに早くHDR対応が可能だとは思わなかった。

 ビクターはどうなる。最大のライバルたるソニーはきちんと回答を提示して見せた。ビクターもIFAでプロジェクターの新製品を発表するとのことだが、どうなるのか。4Kネイティブパネルは難しいとしてもHDRぐらいには対応してくれないといかにビクター信者の私としても考えざるを得ないぞ。

 (まあ、もちろん、すぐ買える訳もないですけど。実際のプロジェクター更新は1~2年後になるでしょう)

 そして早くもFOXからUltra HD Blu-Rayソフト第一弾が発表された。そのラインナップは『エクソダス: 神と王』『キングスマン』『ファンタスティック・フォー』『X-MEN: フューチャー&パスト』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『メイズ・ランナー』『わたしに会うまでの1600キロ』

 発売は2016年初旬。

 いよいよ次世代高画質映像が現実のものとなってきた。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にカップらーめんサンポー焼き豚ラーメンとトマト1個。野菜ジュースも飲む。

 夕食はちょっと都合があってコンビニ飯。出来合いの焼鳥とたっぷりのキャベツで缶ビール500mlを一本飲んでからコンビニの牛肉カルビ弁当で仕上げ。

 久々にこの手のコンビニ弁当を食べたのだが、やっぱりちょっと味が濃いですな。

 その後、シアタールームにてレンタルブルーレイの『ワイルドスピード スカイミッション』 ポール・ウォーカーへの惜別のメッセージがぐっと来た。ありきたりの献辞ではなく、ヴィン・ディーゼルがいつまでもお前は家族だと静かに語りかけるモノローグにスタッフ・出演者全員の哀悼の意が込められていたと思う。

 まあ、肝心の映画はですなあ、面白かったのだが、やっぱり大味なめちゃくちゃ金を掛けたハリウッドアクション大作で私なぞはもう途中で疲れてしまいましたわい。

 ドバイのホテルからホテルへ車で飛び移ったヴィン・ディーゼルが辛くも脱出。落下して残骸となった車を見下ろして「いやー、いまのマジヤバかった、チョーギリギリじゃん」という顔を見せたところでもうお腹いっぱいになってしまったのです。

 ラストの大バトルは派手派手でスゴイの一言だが、どうしても蛇足という印象がぬぐえない。テロリストがアメリカ国内にしれっと怪奇な形の戦闘ヘリ持ち込んでこれまた怪奇な形の無人機プレデターを運用してミサイル撃ちまくる。これだけのことができるのなら、あの「神の眼」なるシステムを必死になって追いかける必要なかったんじゃないの(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。黒の諧調推移に一部怪しいところがあったのだが、それ以外は文句なし。現代的な高画質を堪能させてくれる。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。情報量の多さ、音の力強さ、そしてがっしりした重低音のサポート、こちらも素晴らしいものでしたわい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。録画しておいた「鳥人間コンテスト」 「彼女のために飛ぶ!」とか言ってプラットフォーム上で彼女と抱き合っていた奴がいたが、私はいたって温和な人間なので「くそったれ、こんなスーパーリア充野郎は大会規定で失格にしてしまえばいいのだ!」と夜中にも関わらず喚き散らしただけであった。

 就寝午前2時半過ぎ・・・と思ったら寝付かれずシアタールームに戻ってテレビをぼけーっ。午前3時半過ぎにようやく眠気がさしたので再挑戦してやっと入眠することができた。

|

« 9月4日(木) 性転換の霹靂 | トップページ | 9月5日(土) 阿闍梨前田のクラッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月4日(金) 「月のサザザ」:

« 9月4日(木) 性転換の霹靂 | トップページ | 9月5日(土) 阿闍梨前田のクラッカー »