« 10月30日(金) 「アウトバーンと丁稚どん」 | トップページ | 11月1日(日) 「バンドマンと丁稚どん」 »

2015年11月 1日 (日)

10月31日(土) ウフコック強兵

 

10月31日(土) ウフコック強兵
 業界初!「マルドゥックスクランブル」駄洒落。ハロウィンあれこれ。1992年10月17日、ルイジアナ州バトンルージュに留学していた愛知県立旭丘高等学校3年生の、服部剛丈君(はっとり よしひろ、1975年11月22日生まれ、当時16歳)が、ハロウィンの衣装を着用し、寄宿先のホストブラザーとともにハロウィンのパーティに出かけた。しかし、訪問しようとした家と間違えてロドニー・ピアーズ家を訪問し射殺された。

 ハロウィンの夜、トリックオアトリートでお菓子を食べすぎた子供たちの中にはトイレを駆け込んでお菓子をげーげーやるものもいるそうだ(スティーブン・キングの小説より)

 全米でハロウィン当日は、登録されている50万人の性犯罪者に対し、夜間外出禁止令が出される。

 ハロウィンにはお菓子に毒物や麻薬を入れて子供に渡すという陰湿な犯罪がアメリカに限らず何度も起きている。

 ハロウィン当日に殺されるとそこらへんに遺体があってもハロウィンならではの光景だと思われて放置されたりする(本当の話)。

 ハッピー・ハロウィン!ってぜんぜんハッピーじゃないよね(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はマルちゃん正麺の醤油とトマト一個。ラーメンにはゆでもやし、チャーシュー、ゆで卵をのっけるという王侯貴族さながらの贅沢さ。

 夜はぴんでんさんと福岡市内某所の無煙ロースター焼きの居酒屋で屑の会。飲み放題の食べ放題で一人頭4,000円のきわめてお得な宴会であった。

 主要メニューの鶏はどれも美味し。特にレバーが出色であった。しかし、合鴨とイノシシはちょっと期待外れ。イノシシは皮付きと皮なしの二種類を頼んだのだが(何しろなんでも食べ放題ですからな)肉の味は美味しい豚肉にはとてもかなわず。そしてびっくりしたのがイノシシの皮のまずさ。異様な臭みがあって、私は一切れだけでギブアップしてしまいましたよ。

 飲んだものはなにしろ飲み放題でありますから生ビール、ハイボールをがぶがぶと。

 午後9時半に散会。地下鉄で薬院まで戻ってそこから歩いて帰宅する。ちょっと小腹が空いたので途中のコンビニで買ってきたサンポーの焼き豚ラーメンを腹に収める。

 このサンポーの焼き豚ラーメン、いささか古めかしい製品であるが、その美味しさはあまたのカップ麺の中でもピカ一。もう俺はカップラーメンはこれがあればいいや。生麺とか芳醇香味とかそんなもんどうでもいい。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 10月30日(金) 「アウトバーンと丁稚どん」 | トップページ | 11月1日(日) 「バンドマンと丁稚どん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月31日(土) ウフコック強兵:

« 10月30日(金) 「アウトバーンと丁稚どん」 | トップページ | 11月1日(日) 「バンドマンと丁稚どん」 »