« 10月31日(土) ウフコック強兵 | トップページ | 11月2日 「バードマンと丁稚どん」 »

2015年11月 2日 (月)

11月1日(日) 「バンドマンと丁稚どん」

 

11月1日(日) 「バンドマンと丁稚どん」
 少なくとも「アウトバーンと丁稚どん」よりは駄洒落になっていると思います、はい。「A Face in the Crowd」 もういい加減メジャーリーグの試合を見るのはやめればいいのについついテレヴィのスイッチを入れちゃうエバーズ。

 今回、座席にいたのは亡妻のエリーであった。彼女は画面の中からエバーズを見つめている。その彼女の手に握られていたのは携帯電話であった。彼女はそれを耳に当てる。エバーズの携帯がぶぶぶと振動。出てみるとはたして聞こえてきたのは彼女の声。

 「エバーズ、私よ、元気してる?」大感激したエバーズは「お前がいなくてさみしいよ、切ないよ、愛している!」とか言うのであるが、意外や意外、彼女はこんなことを言い出した。「あんたは仕事ばかりで家族のことを投げ出していた。あたしやパトリック(息子)に愛情を注いでくれなかった。それにあたしは知っているの、あんたが職場の部下のクソ女と浮気していたことをね」

 愕然とするエバーズである。彼はしきりに愛している、愛していると電話に向かって囁くのだが、エリーは「じゃ、またね」と軽く言って電話を切ってしまった。

 落ち込むエバーズ。もうさすがにテレヴィの野球中継を見る気力もなくなった。そんなある晩、また携帯がぶぶぶ。今度の電話はキャズから。

 「お前、野球場に行ってんのか、水臭いな、あんないい席なのに俺を誘ってくれないなんて」あわててテレヴィをつけるエバーズ。はい、座席に座っていたのは紛れもない彼の姿でありました。

 だいたい、オチが読めてきましたね(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にサッポロ一番味噌ラーメンと卵かけゴハン。ラーメンにはゆでもやしとゆで卵、チャーシューを入れた。そして食後のデザート代わりにトマトを一個。

 夕食はちゃんぽん鍋。ビールは飲まずに麦茶で我慢。ちゃんぽん鍋なのでゴハンも食べず。

 その後、シアタールームにてレンタルブルーレイの『マエストロ』を見たのだが、これがまた酷い映画でさあ(笑)。物語を構成する四つのエレメント、現実、理想、夢、空想、これらの関係性がプロフェッショナリズムの恣意的な改変により大きくゆがめられてしまい、実際のストーリーがとても納得できかねるものになっている・・・小難しいこと書きましたが、要するに「ご都合主義も甚だしい」ってことで(笑)。

 あれだけ対立していた団員の皆さんがこの横暴な識者との関係の唯一のよりどころであった筈のスポンサーの有無が解決しないうちから三々五々集まってくるというのもあり得ない話。なんだ、なんだと思っていたら別の団員があっさり別のスポンサーを見つけてくるという・・・。

 西田敏行の詐欺話で前のスポンサーが降りたという話はどうなったんじゃい!

 この映画の売りの一つが、シンガー・ソングライター MIWAの女優としての参加なのだが、この女がまた演技がへったくそでさあ(笑)。練達の役者陣の中で浮きまくり、こいつがしゃべるだけで見ているこっちはイライラしてくるのだ。

 ほかにもいろいろ書きたいことはあるのだが、さすがに長くなりすぎるのであとは後日に回しますって『超高速参勤交代』と一緒だね。

 ハイビジョン画質はとにかく画面がざらざら。暗い場面ではこのざらざらの一部がぴかぴか光りよる。いまどき珍しいフィルム撮影だからという事情などこの低画質の言い訳にならん。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。肝心要の演奏場面でもLFEチャンネル(要するに重低音)はほとんど作動せず。ある程度自然な音で聞かせようという意図なのだろうが、ティンパニやベースはサブウーファー使った方がより一層リアルに聞こえるっての。

 終了後シャワーを浴びダビング作業。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 10月31日(土) ウフコック強兵 | トップページ | 11月2日 「バードマンと丁稚どん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月1日(日) 「バンドマンと丁稚どん」:

« 10月31日(土) ウフコック強兵 | トップページ | 11月2日 「バードマンと丁稚どん」 »