« 11月10日(火) 下着取られた人々 | トップページ | 11月12日(木) とにかく明るいヴァルハラ »

2015年11月12日 (木)

11月11日(水) フリッツXタイム制 

 

11月11日(水) フリッツXタイム制 
 一応フレックスタイム制の駄洒落。フリッツXってなんだという人がいるかもしれないがそんなのは私の知ったことではない。とっとと検索するがよろしい。

 DVDのスタジオ・ジブリ関連では『千と千尋の神隠し』で裁判沙汰にさえなった「画面が赤い騒動」というのがあったなあ。この時、「子供の夢が壊れる!」みたいなことを言っている人がたくさんいて、イラッとしたものだ。私は「壊れたのは子供じゃなくってお前の夢だろう」とその手の言説を見聞きするたびいちいちツッコンでいた。まあ、それもどうかと思うけれども(笑)。

 ちなみにこのDVD、サラウンド音声はDTSのみ。当時、ドルビーデジタルにしか対応していなかった私のAVシステムではステレオでしか再生できなかった。画面が赤いうんぬんよりこのサラウンド仕様の方がよほど腹立たしかった。

 このジブリのサラウンドに対する奇妙なスタイルはブルーレイの時代になっても続いている。

 本日は休み。午前8時に起床してコーヒーをゆっくり飲む。午前9時過ぎにプロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ 『リンカーン/秘密の書 3D』を再見。

 終了後、事務所でちょっとした仕事をやってからお買いもの。帰宅してから毎週休みの幸せの昼酒。ボイルホタテとベーコンのバターソテーで缶ビール500ml缶を飲み、生ラーメンのとんこつラーメンで仕上げ。

 その後30分ほど昼寝してからプロジェクターを再起動。『オール・チアリーダーズ・ダイ』  す、素晴らしい映画だ。オレは畢竟、こんな作品に出合いたくって映画を見まくっているのだというのはちょっと大げさか(笑)。

 皆さんに見てほしいので詳しいストーリーは紹介しないけれども(決して面倒くさいからとかではない)、まあ、不慮の事故で死んだチアリーダーの4人がゴスっ娘の黒魔術(みたいなもん)で蘇って彼女たちの事故の原因となったフットボールの最低男たちに復讐開始みたいな映画っすよ。

 その蘇りの過程でなぜか、チアリーダーでナイスバディの姉とロリボディの妹が入れ替わってしまった。憧れの姉の体を得た妹はさっそく前から好きだったフットボール部の男(こいつは姉さんの方が好きだった、ああ、ややこしい)をトイレに誘い込んでファック。でも死んでいるからマン×が冷たいの。童貞だった男はその初体験で女のマ×コは冷たいものだと勘違いし、友達に吹聴して怪訝な顔をされるという最低のギャグとか、私の数寄心を刺激してやまないのです!

 まあ、あの魔法の石はまんま高橋留美子先生の「犬夜叉」の四魂のかけらだったりするのですが(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。暗部はざらざらだしジャギーも目障り。音声はAACステレオ。副音声でみうらじゅん・いとうせいこう両師匠のコメンタリーが収録されている。

 米国盤ブルーレイでは48kHz, 24bitのDTS-HDマスターオーディオが収録されているらしい。いっそ、来月の輸入盤枠で買っちゃおうかな(笑)。

 夕食は鯵の焼き魚、生野菜、小松菜の煮びたし、かわはぎの刺身。ビール500ml缶一本飲んで卵かけゴハンを一膳。

 その後、さすがに映画は見ずに本などを読んで過ごしました。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はチャンネルNECO録画の「快獣ブースカ」 「野球珍騒動」で大ちゃんの発明した球をくっつける薬を追いかけて空腹のあまりシオシオになってしまったブースカ。焼き芋の屋台を見つけてちょこちょこ駆け寄るなり何のためらいもなく蓋をぶん投げて焼き芋を口に詰め込み始めるのに大笑い。

 これでブースカが蓋をちょっと開けて中を覗いて「あるある焼き芋あるある」とか言ったらこのギャグは台無しなんである。そのスピード感による面白さを今の若い奴らは理解しないんであるって俺は何を力説しているんだか。

 ひれひれ酔って就寝午前一時。

|

« 11月10日(火) 下着取られた人々 | トップページ | 11月12日(木) とにかく明るいヴァルハラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月11日(水) フリッツXタイム制 :

« 11月10日(火) 下着取られた人々 | トップページ | 11月12日(木) とにかく明るいヴァルハラ »