« 12月5日(土) ブックオフホール | トップページ | 12月7日(月) 井口の母A »

2015年12月 7日 (月)

12月6日(日) 「ドストエフスキー刑事」

 

12月6日(日) 「ドストエフスキー刑事」
 「ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件」をブックオフの200円本で入手記念駄洒落。ソニーのプロジェクター VW100。この天下も長くは続かなかった。その映像に満足していたものの横浜でアバックの展示会に参加、そこで初めてJVC ビクターのプロジェクターの絵をじっくりと見たのである。その圧倒的な暗部描写に私はたやすくノックアウトされてしまった。「闇夜のオバマ」がはっきりと見える暗部表現の凄さを思い知らされたのである。暗部は黒いだけではだめで、黒をしっかりと沈めつつ、見えるものは見えないといけないのだ。しかも、この展示会で展示されていたのはHD550であった。私はてっきりこれは上位機種のHD750だと思ってしまったくらいなのである。

 はい、福岡に帰ってからすぐさま、VW100を定価で言えば半分以下のHD550にリプレイスしましたねえ。

 これが後の世に語り継がれることになる「JVCショック」のあらましである。

 さて、本日は休み。午前9時までしっかり寝て、サンドイッチとコーヒーの朝食をとる。そして部屋の片づけをするうちに、はいはい、届きましたよ、イクリプスのサブウーファー TD725SWMK2が。もう販売店の人が2人で来てぜーぜーいいながら設置してくれました。

 販売店の人が帰っていった後、さっそくにプロジェクターを起動、米国盤ブルーレイの『ブレードランナー ファイナルカット』(日本語字幕付き)を再生して冒頭のずきゃずぎゃどどーんという低音でSWの性能を確かめようとしたのですが、ありゃ、ありゃりゃ、ぶーんというノイズがかなり大きく入るではありませんか。

 急いで販売店に電話し、もう一度来てもらったのですが、その結論はRCAケーブルがノイズを拾っているのではないかということでした。ためしにバランスケーブルで接続してみるとノイズの影響はほとんどなし。

 さっそく販売店さんに3メートルのバランスケーブル作製をお願いしました。このサブウーファーの評価はこのバランスケーブルができてからということになるでしょう。

 昼飯はそうめん二把。後は缶ビール350ml缶を一本。

 夕食は鶏とエビの唐揚げ、炒飯と生野菜。このエビがすこぶる不味くって、いや、冷凍庫で長いこと凍っていた奴だから(笑)。炒飯にも細かく刻んで入っていたのには正直げんなりした。

 その後、シアタールームにて久しぶりにブルーレイ『ホステル』を見る。サブウーファーからノイズが出ているけれども、やっぱりその効果は大きい。スケールの大きな低音のおかげでサラウンド音場が一回り大きくなったような気がする。

 早くバランスケーブルで接続したいものだ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 ひれひれ酔って午前一時過ぎに就寝。

|

« 12月5日(土) ブックオフホール | トップページ | 12月7日(月) 井口の母A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月6日(日) 「ドストエフスキー刑事」:

« 12月5日(土) ブックオフホール | トップページ | 12月7日(月) 井口の母A »