« 1月2日(土) 「シービュー号の世界」 | トップページ | 1月4日(月) ビフィズス火山 »

2016年1月 4日 (月)

1月3日(日) 「花のスーダラ節」

 

1月3日(日) 「花のスーダラ節」
 元ネタは「花のズボラ飯」だけどちょっと無理があると思わんかね、君ィ。子供の頃のお医者さんは怖かった。母親からいまだにS医院の先生は怖かったわよ、あんたが風邪をこじらせた時、「なぜもっと早くに連れてこない」と本気で怒鳴られたわよ、あそこのO歯科医はあんたが痛がって動くと「もっと強く抑えておけ」と本気で怒鳴られたわよとボヤかれる。

 当時は病院へ行く、すなわち注射という時代であったけれども、今では考えられないほど注射がへたくそな看護婦さんもいたなあ。前述のS医院(笑)では注射液が注入される前に針を抜いちゃってぴゅうと残りの液を針先から噴出させた看護婦さんがいた。高校時代の某眼科では注射器をまるでダーツのように親指と人差し指でつまんで狙いをつける人もいた。

 あまりにも変な注射の仕方だったので私の周囲で話題になり、その看護婦さんの注射を体験するために某眼科へ行った奴もいたほどである。

 元日3日目。本日は午後1時より天神近辺にて葛の会例会が開かれる予定。午前9時に起床し、シャワーを浴びてから事務所へ。母親の年賀状作成などを急いでやる。午後12時にバスで博多駅まで行って会場「水炊き なぎの木」までぽてぽてと歩いていく。

 予定通り午後1時より例会開始。式次第はまず私の年頭の挨拶から始まり、次に参加者各位の昨年の反省と今年の目標の発表。そしてみなで「ど根性ガエル 主題歌」を唱和、しかるのちに乾杯となる・・・ってンな訳がない(笑)。

 フツーに乾杯してフツーに水炊きコースを楽しみましたよ。集いしものは私、ぴんでんさん、たけうちさん、獅子児さん、ちゃか・ぽこさん。

 今回の水炊きはスープが白濁したタイプ。澄んだスープの水炊きと比べるとややクセがあるものの、その分旨みが強い。初体験の鶏肉、天草大王(いつも思うけどすげえ名前だよな)もかみごたえがあって鶏肉を食ったという満足感を味わえる。

 うん、簡単に言えばすげー美味かったということです(笑)。飲み放題もついていたので生ビールやハイボールをがばがばと。〆の五島うどんと雑炊もたまらんものでありました。

 二次会はカラオケ。ここで二時間があがあと歌って午後5時半くらいにお開き。

 この時点で私の財布には1,000円しきゃ残っておらず(笑)仕方なしに歩いて帰る。後はソファの上で寝たり、冷凍食品の揚げ玉つきうどんを食べたり、プロジェクターを起動させて「ヤマト 2199」を見たりする。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 1月2日(土) 「シービュー号の世界」 | トップページ | 1月4日(月) ビフィズス火山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月3日(日) 「花のスーダラ節」:

« 1月2日(土) 「シービュー号の世界」 | トップページ | 1月4日(月) ビフィズス火山 »