« 1月29日(金) 越後のXMEN問屋 | トップページ | 1月31日(日) ストーン平次 »

2016年1月31日 (日)

1月30日(土) オイルサーディンはチビ太の大好物

 

1月30日(土) オイルサーディンはチビ太の大好物
 いや、違うし。「GATE 外伝 南海漂流編」読了。ハミルトンが媚薬の効果を確かめるためにいろいろヤッてみる一幕(ここはいろいろココロみるとするのが正しい文章?なのでしょうが、まあ、モノがモノだけにヤッてみるとしております)や総領の甚六集団といった趣のエルフ若衆(実際には長男じゃないのもいるのだろうがエルフなのでどうでもいい)など、作者の才はむしろコッチの方にあるのではないかと思ってしまったくらいオカシイ。

 はい、残りの外伝も急ぎ注文することにしました。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は膳でラーメン+替え玉。

 夕食は野菜炒め。これでビール500ml缶一本飲んでふりかけ(笑)でゴハンを一膳。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『クーデター』を見る。これがまあ、トンデモない映画で1時間40分 最後の1分を除いて緊張のしっぱなし。アメリカからアジアの某国(まあ、タイだけど)に水道会社の社員として赴任してきたオーウェン・ウィルソンと妻、幼い娘の2人。

 ホテルに着いてみたらテレビは映らん、インターネットにはつながらん、ケータイも役立たずといった有様で、「まあ、タイですからな、しょうがありませんな」と思うオーウェン・ウィルソン。しかし、彼の知らないところで国王が暗殺され、クーデターが勃発していたのだ。

 翌朝、新聞を買いに出たオーウェン・ウィルソンはいきなり警官隊とデモ隊の殺し合いに巻き込まれる。命からがらホテルへ逃げ帰ってみると今度は暴徒がホテルへ乱入、現地人のみならず外国人に対する虐殺が開始されたのだ。まったく状況が分からないままオーウェン・ウィルソンとその家族はこれから延々と逃げ惑うことになる。

 こういう胃の痛くなるようなシチュエーションでしかも前半はまったく手助けがなし。後半、ピアーズ・ブロスナンがいささかご都合主義的に登場するまで、オーウェン・ウィルソン一家には具体的な救いの道が示されないのだ。

 これはちょっとキツイぞ(笑)。

 ハイビジョン画質は解像度の高さと発色の良さに驚かされる。暗部のノイズが残念であったがこういう映像を見ると当分、プロジェクターはこの75Rでいいのではないかと思ってしまう。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ 映像に負けず劣らずの高品位。このサラウンド音像のリアリティは何なのだ。

 その後シャワーを浴びて前述の「GATE 外伝 南海漂流編」を読んだのである。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 1月29日(金) 越後のXMEN問屋 | トップページ | 1月31日(日) ストーン平次 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月30日(土) オイルサーディンはチビ太の大好物:

« 1月29日(金) 越後のXMEN問屋 | トップページ | 1月31日(日) ストーン平次 »