« 1月30日(土) オイルサーディンはチビ太の大好物 | トップページ | 2月1日(月) ジュール・ベルヌの「ゲスの極み」旅行 »

2016年2月 1日 (月)

1月31日(日) ストーン平次

 

1月31日(日) ストーン平次
 こ、これはストーンヘンジの駄洒落なんだからねっ!か、勘違いしないでよねっ!WOWOWハイビジョン録画で見た映画 『ウォーピッグ』 ダメ軍曹に率いられたダメ小隊がひいっ言うほど鍛えられて生まれ変わり、ドイツ軍の秘密兵器破壊という手柄を立てる!

 このプロットだけみると面白そうなのだけれども、いやいやこれが(笑)。特にその秘密兵器 ムカデ砲がひどくってねえ。なぜか、その上に列車砲があって、アメリカ軍はそっちの方を破壊して大喜び。ほえっ?意味が分からない。ムカデ砲はそのまま残っているのに。

 またドルフ・ラングレンがフランス外人部隊大尉に扮しているのだが、その軍服が絶望的に似合わないという(笑)。

 いくらドイツ軍の軍服や戦車(3号戦車)、装甲車(sdkfz250)を奪ったからといって、のこのこ補給基地まで乗り込んでいって、見とがめられもしないとかあるかあ!おまけに重要秘密兵器たるムカデ砲のブループリントが誰でもやすやすと侵入できる建物の中に無造作に置かれているというのもなあ。おまえら機密を守る気ないじゃろ?

 3号戦車、装甲車(sdkfz250)の出来が妙に良かったのだけが救いという映画でありました。

 ハイビジョン画質はビデオ的で鮮明。その分暗部の沈みが不十分で立体感・奥行き感に欠けるか。音声はDTS-HDマスターオーディオ。低音の使い方が派手なのはいいのだがサラウンドの音数が少なく貧乏くさい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午前12時過ぎからプロジェクターを再起動。いままでちびちび見ていた『おしゃれ泥棒』を最後まで。ウウーム、洒脱な邦題(原題は『How to Steal a Million』)に反して実際の犯行はどたばたしすぎていてあまりおしゃれではなかったような。それにあの犯行にオードリー・ヘプバーンを介在させる必要性もいまひとつ希薄で、ちょっとやりすぎな感じがする。

 むしろおしゃれなのはピーター・オトゥールの犯行後の物事のおさめ方。ヴィーナス像を利用して自称ヘプバーンの婚約者を追い払い、なおかつ指輪を返して後顧の憂いを断ち切ったり、ヘプバーンの父親に贋作作りから足を洗うよう誓わせたり、じつに鮮やか。

 まあ、父親の方はちょっと怪しいですけどな(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。ヘプバーンの透き通るようなスキントーンが魅惑的。実際、50年前の映画がこれほどまでに美しくレストアされてBSで放送されるというのは実はすごいことなんですよ。

 その後、またいろいろやって就寝午前3時過ぎ。寝られず(笑)、何度もベッドと部屋を往復して最終的に眠りの国に誘われたのは午前5時過ぎであった。

|

« 1月30日(土) オイルサーディンはチビ太の大好物 | トップページ | 2月1日(月) ジュール・ベルヌの「ゲスの極み」旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月31日(日) ストーン平次:

« 1月30日(土) オイルサーディンはチビ太の大好物 | トップページ | 2月1日(月) ジュール・ベルヌの「ゲスの極み」旅行 »