« 2月5日(木) 憂鬱論 | トップページ | 2月8日(月) バンシー・ジャンプ »

2016年2月 8日 (月)

2月7日(日) 「ゾディアックの奇病」

 

2月7日(日) 「ゾディアックの奇病」
 ええと分かりにくいかもしれませんが、この駄洒落の元ネタは日野日出志先生の「蔵六の奇病」です。

 「GATE #14 帝都激震」 11年前の福岡県西方沖地震でも近所のお年寄りが「こんな大きな地震はわしの長い人生でも初めてじゃ」とか言ってたもんなあ。そりゃびびるわなあ。でもいくら地震に慣れているニホンの自衛隊員でも耐震をまったく考慮していないピニャの屋敷なのだから、石柱や壁から離れるぐらいしたほうがいいと思うぞ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はノルウェーサーモンを「レンジで焼き魚ボックス」で焼いたもの、インスタントみそ汁、大根おろし、ゴハン。

 この「レンジで焼き魚ボックス」を使ったのは初めてなのだが、うん、なるほどうまいこと焼けるではないですか。今度は塩サバを焼いてみるとしよう。

 夕食は刻みキャベツと焼き飯。いくらなんでもこれはさみしいのでコンビニでチーズちくわを買ってきてビールのつまみにした。

 缶ビール500ml缶一本飲む。

 その後、米国盤ブルーレイで『バック・トゥ・ザ・ジュラシック』を見る。世界で一番恐竜の化石が発掘されるというアメリカの町でわんぱく小僧が親友のパパが発明した卵型タイムマシーンでジュラ紀へタイムスリップ。ちょうど卵を抱えていたママTレックスが彼らを自分の子供と間違えて保護しようとするというお話。

 まあ、意外と面白くなかったですな(笑)。特に人類発生以前に石に刻まれたと思しき謎のマークの使い方が中途半端でタイムスリップものの面白さを自ら放棄しているに等しい。それにこういう物語ならば主人公のママとタイムマシンを発明した親友のパパが仲良くなって結婚、親友同士が本当の兄弟になるという展開を期待せざるを得ないのだが、映画自体がその前に終わってしまうという(笑)。

 ハイビジョン3D画質は良好というか、最近の3DCGアニメは画質が良すぎてもはや評価の対象にならん。音声はなぜかドルビーデジタル。パッケージにはドルビートゥルーHD音声収録と記載されているのになんてことだ。いまさら、ドルビーデジタルとか薄っぺらい音は聞きたくないよ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 その後プロジェクターを再起動させてブルーレイ「ウルトラQ」から「ぺギラが来た!」を見る。ウウーム、田村奈己さんの黒いセーターのディテールがほとんどの場面でつぶれてしまっているなあ。

 「明るさ」を極限まで上げてもぺたっとつぶれたままなのでこれはプロジェクターというよりはソフト自体の問題なのかなあ。

 就寝午前1時過ぎ。
 

|

« 2月5日(木) 憂鬱論 | トップページ | 2月8日(月) バンシー・ジャンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月7日(日) 「ゾディアックの奇病」:

« 2月5日(木) 憂鬱論 | トップページ | 2月8日(月) バンシー・ジャンプ »