« 3月20日(日) きらりと光る図々しい目 | トップページ | 3月22日(火) 「脳波の悲劇」 »

2016年3月22日 (火)

3月21日(月) 松本清張の「定遠と鎮遠」

 

3月21日(月) 松本清張の「定遠と鎮遠」
 一応、「点と線」の駄洒落。なお、「定遠と鎮遠」は日清戦争で活躍した清国海軍の主力戦艦。「定遠」は自沈。「鎮遠」は日本海軍に鹵獲されのちの日露戦争で黄海海戦、旅順攻略戦、日本海海戦等に参加した。

 1886年(明治19年)8月1日、長崎港に入港した清国海軍の北洋艦隊の定遠、鎮遠、済遠、威遠ののべ800余の水兵が2日間に渡って大暴動を引き起こした。いわゆる長崎事件である。

 まあ、この艦はいろんな意味で日本の脅威であった(笑)。

 あっ、いま気づいたけど、定遠、鎮遠が艦これに!てなことはまさかないですよね。

 3月20日 マルギナータリクガメが冬眠からお目覚め。屋外飼育場に移しオクラとトマト半個の餌をやってみたらほぼ完食。肉体的にも異常はないようでまずは一安心。もっとも夜はいまだに冷え込むので冬眠箱へ避難願ったけれども。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドッグとコーヒー。昼飯は昨晩買って食べなかったカップラーメン。マルギナータリクガメに与えたトマトの残りでヴァイタミン補給(笑)。

 夕食はマグロの刺身、生野菜、豆腐の味噌汁ウイズ生卵。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 その後、まあ、なにしろリアアンプが使えませんからな、だらだらテレヴィを見て過ごしましたよ。BS11で録画した「GATE #22 奴隷服を着た皇女」も見ましたよ。原作よりいっそうひどい目にあわされる哀れな哀れなピニャ殿下。奴隷服を着せられ奴隷部屋で監禁状態。しかもその部屋は以前テューレにあてがわれていたものだった!

 ここまでやられたら原作ではちょっと身勝手な行動に思えた日本での逼塞生活も納得できるものになるだろう。シェリー嬢にケリ入れられて連れ戻されるまで、好き放題に腐り果てるが良いわ!(オレは何をいってんだ?)

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。本来は飲む日ではないのだが、明日から29日の人間ドックまで1週間の禁酒に入るのである。今日くらいはいいじゃありませんかねえ。
 
 人はこうして肝臓をダメにしていくのだ。

 お酒のお供は「赤影」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて今までちびちび見ていた『さよならジュピター』を最後まで。

 うーん、やっぱりこの映画でのマーク・パンサーは好きになれんわ(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月20日(日) きらりと光る図々しい目 | トップページ | 3月22日(火) 「脳波の悲劇」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日(月) 松本清張の「定遠と鎮遠」:

« 3月20日(日) きらりと光る図々しい目 | トップページ | 3月22日(火) 「脳波の悲劇」 »