« 4月23日(土) 倭寇貴時代 | トップページ | 4月26日(火) ネームの木学園 »

2016年4月25日 (月)

4月24日(日) ダンジョン倶楽部

 

4月24日(日) ダンジョン倶楽部
 いきなり、迷路に放り込まれてしかもモンスターに襲われるってこ、殺す気かぁ!すいません、取り乱しました。
 
 あまり上手くいかなかったけれども、日本人は安全と水と松村邦洋とダチョウ倶楽部はタダじゃないということをもう一度認識しなおすべきだと思うのだ。

 「キング・オブ・ザ・ヒル シーズン13 #16 Bad News Bill」ハンクは憂鬱であった。また野球、リトルリーグのシーズンが始まるからだ。はっきりいって彼の息子であるボビーは野球がへたくそ。彼自身は野球が好きでうきうきしているのだが、ハンクは彼が試合でエラーをしたり三振したりするのを見るのがイヤなのである。

 しかし、今年の野球のコーチは大変にポジティブな人物であった。彼は「すべての子は天才なのだ!」と言わんばかりにボビーを褒めまくる。おまけに試合でボビーの凡打が相手のエラーで逆転打となったものだからますますのぼせ上がるボビー。努力すれば大リーガーにだってなれるよねとか言い出す。

 そんなボビーをひどく心配するハンク。コーチはそんなハンクを「自分の子供の可能性を諦めてしまったヒドイ親」と非難し、ハンクはリトルリーグ関係の父母からつまはじきにされてしまうのであった。失地挽回を狙ったハンクはヴォランティアとしてリトルリーグに参加。しかし、練習試合のタッチプレーで子供を泣かしてしまい、ついにリトルリーグそのものから追放されてしまう。彼はボビーの試合を見にいくこともできなくなってしまった。

 それでもこっそりと外野のフェンスそばの茂みに隠れて試合を見守るハンク(笑)。試合が始まった。案の上、ボビーはエラーばかり。もう引っ込めてという目線をコーチに送るのだが、この人はとにかく大変にポジティブなので彼を交代させようとはしないのである(笑)。見かねたハンクはフェンスの外から手を伸ばしグラウンドからボビーを引っ張りだして逃走するのであった。

 なんか釈然としないけれども、これでボビーとハンクは仲直り、めでたし、めでたし。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はカレーうどん。この間、大失敗したカレーラーメンの残りスープに水を足して薄め長ネギと冷凍のスープ付うどんを放り込んだもの。意外と美味しくできました。

 夕食はマグロの刺身(切落とし)とギョーザ、生野菜、山菜(筍、わらび)の煮物。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにて米国盤ブルーレイ『ブラックホークダウン』の続き。

 午後9時にシャワーを浴びてお酒。お供は時代劇チャンネルで録画しておいた「赤影 根来編」、あれ、根来忍者ってまんじ党のうつぼ忍群とは対称的にすぐにやられてしまうんだなあ。最後の最後まで粘っていた白蝋鬼あたりとえらい違いだ。

 午後10時過ぎからプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネル録画の『クレージーメキシコ大作戦』を最後まで。終盤の展開がどうにもタイクツな『黄金作戦』より数段面白い。まあ、『黄金作戦』もあの「金だ、金だよ、キンキラキンノキン、マネー、ゴールド、キンキラキンノキン」が素晴らしすぎたりするのだが(笑)。

 この映画のメキシコピラミッドのシークエンスはアボット・コステロの『凸凹ミイラの巻』を相当に意識しているのだろう。それにしてもこのセットの作りこみの凄さにはため息が出てしまう。実景とセットの入れ替わりにしばらく気が付かなかったほどだ(笑)。 

 今度は宍戸錠の『メキシコ無宿』(チャンネルNECO ハイビジョン録画版)を見よう!

 ひれひれ酔って就寝午前1時過ぎ。

|

« 4月23日(土) 倭寇貴時代 | トップページ | 4月26日(火) ネームの木学園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月24日(日) ダンジョン倶楽部:

« 4月23日(土) 倭寇貴時代 | トップページ | 4月26日(火) ネームの木学園 »