« 4月27日(水) 「日本レッドマン改造論」 | トップページ | 4月28日(木) ヒトラー・ユーゲントの自由 »

2016年4月28日 (木)

4月25日(月) 「名探偵割礼君」

 

4月25日(月) 「名探偵割礼君」
 元ネタは「名探偵カッレ君」 子供の頃、カッレ君が上手く発音できなかったなあ。さて、アマゾンより注文しておいたブルーレイ 『グリーン・インフェルノ』が届いた。さっそわく(さっそくわくわくしながらの略)見てみたのだが、これが素晴らしいのなんの。同監督の『ホステル』『ホステル2』以来の感激です。

 ヒロインは国連弁護士の娘、まあ、そういう意識の高い系のお家なので、ヒロイン自身も当然、意識高い系のまあ、はっきり言ってハナモチならないやたらになんにでも同情する女である。

 こんなヒロインが過激な保護活動グループのリーダーにころりと騙され、密林の原住民の村を守ろうキャンペーンに参加。森林開発で村を破壊されようとしている少数民族を体を張って守った。ネットで流され開発会社の計画がとん挫した、俺たちの勝利だ、イエーとビールを飲んでいたら乗っていた飛行機のエンジンが火を噴いてあえなく墜落。

 生き残ったヒロインたちは突然襲ってきた原住民たちに拉致されてしまう。連れ込まれた村でメンバーの一人がいきなり台に寝かされ女呪術師に眼玉をえぐり取られてしまう。ついで舌を切り取られあがががが。女呪術師は目玉と舌を美味しく活き作りで頂くのであった。

 その後、生きたまま四肢・首を切断されるメンバー。彼の体は塩をすり込んだり香草を詰め込まれたり入念な下ごしらえをされた後、村の特製かまどでこんがり焼かれてしまう。それを美味しそうに頬張る村の人たち、そう、彼らは食人種族なのであった。しかも彼らはヒロインたちが体を張って守ろうとした少数民族だったのである。

 この映画の上手いところはヒロインに何回も選択の余地が与えられること。一度はリーダーに参加を拒否されたのにも関わらず、なおむきになってグループに入り込むヒロイン、バカですねえ、やめときゃよかったのに、旅行への参加を打診されてためらうも父親との意見の行き違いでまたむきになって参加を決意する。バカですねえ、やめときゃよかったのに。

 こうやって偉そうな上から目線で映画を見るとものすごくキモチがいいんだ(笑)。

 その後、リーダーの「少数民族の保護なんてウソっぱちさ、ライバルの開発企業からの依頼を受けてやったんだ」という鬼畜告白や、だんだん殺されていくメンバーたちとか、楽しい楽しい場面が続いていよいよクライマックス。ヒロイン一人だけが生きて村を脱出、そして、彼らの敵であった筈の開発企業の警護隊に救出されるのである。

 ヒロインは地獄のような目に会ったのにも関わらず少数民族をかばう。「彼らに敵意はなかった、メンバーは飛行機事故で死んだ。警護隊は彼らを虐殺したのだ」と偽証するのである。そこまでして少数民族をかばうのか、なんという強い女であろう・・・。いやいや、ちょっと待て、あのロス!ロス!イーライ・ロスなのである。そんな見え透いたことなどするものか。

 ヒロインはきっと、あの食人種族の生活・習慣をそのまま残すことで自分たちのようなマヌケを同じような目に会わせようと思ったのだ、そうだ、そうに違いない!

 エンドクレジットは村に一人残されたリーダーが生きていることが示唆される(まあ、どんな衛星でもあんな解像度はないけど)。どうやらこれが続編への伏線らしい。

 なんかぞくぞくしちゃいますなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は赤のれん 和でラーメン+半炒飯の定食。やっぱり赤のれん系列じゃここが一番美味いや。

 夕食はイサキの刺身、生野菜、ナスの煮物、出来合いの鶏唐揚げ。なめこの味噌汁。ビールは飲まずにゴハンを一膳。

 その後、前述の『グリーン・インフェルノ』を見て喜びのあまり未開地の蛮族の如く踊り狂ったのだ。ブルーレイの画質・音質も良いぞ。画質は色が濃いが調整してやるとジャングルの緑が生々しく蘇ってくる。食人族のボディペイントも実に鮮やか。

 音声はドルビートゥルーHD アドバンスド96kアップサンプリング。このサラウンドが素晴らしかった。豊富なサラウンド情報はジャングルの環境音をリアルに再現するし(いや、まあ、私も本物のジャングルなんか行ったことはないですけどね)、音の粒立ちが良くBGMが画面から浮き上がってくるように聞こえるほど。

 低音とのマッチングも正確無比。正直に言いましょう。サラウンドの5.1チャンネルで私の超絶サブウーファー TD725SWMK2からこんな低音が飛び出してきたのは初めてです!

 終了後、シャワーを浴びてダビング作業いろいろ。先日の「大食い女王戦」や宍戸錠、笹森礼子の『銃弾の嵐』、「マクロスΔ」、「サンダーバード 月面基地アルフィー」などなど。

 午前1時過ぎに睡眠導入剤を服用し午前2時過ぎに就寝する。

|

« 4月27日(水) 「日本レッドマン改造論」 | トップページ | 4月28日(木) ヒトラー・ユーゲントの自由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月25日(月) 「名探偵割礼君」:

« 4月27日(水) 「日本レッドマン改造論」 | トップページ | 4月28日(木) ヒトラー・ユーゲントの自由 »