« 4月29日(金) 「UCLAから前からどうぞ」 | トップページ | 5月1日(日) 安産と安心 »

2016年5月 1日 (日)

4月30日(土) 「UCLAの百太郎」

 

4月30日(土) 「UCLAの百太郎」
 アメリカ名門大学駄洒落第二弾!<http://www.sankei.com/politics/news/160428/plt1604280016-n1.htmlより引用開始>政府は28日の閣議で、米国が日本に熊本地震の輸送支援を申し出た際、航空機の機種は特定されていなかったとする答弁書を決定した。社民党の照屋寛徳議員の質問主意書に答えた。輸送支援には米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが活用された。<引用終了>

 即応力のある沖縄の米海兵隊の主力輸送機はオスプレイに切り替わっている。米軍の災害支援が行われればそれは自動的にオスプレイが使われることを意味するというか、他のヘリコプターとかないから(笑)。

 本当に今回の震災でオスプレイがどうのと批判している奴というのは本物のクソだな。

 (この度の震災支援では空軍のC-130も2機派遣されている。まあ、どうせ、クソの人はそんなこと知らないだろうけど)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は昨日に引き続いてマルちゃん、「北の味わい ざるラーメン」

 夕食は都合があって自分飯。マルタイ棒ラーメン九州味と冷凍の炒飯、後はトマト一個。ビール500ml缶一本飲む。トマトは細かく刻んでわさび醤油(もちろん牡蠣醤油を使う)を掛けてやるといいおつまみになるのだ、ホントだぞ。

 その後、シアタールームにて米国盤ブルーレイ『神なるオオカミ 3D』を見る。1967年文化大革命でモンゴルの僻地へ下放した青年の目を通じて描かれる大自然への畏怖。まあ、この手の話は山ほど見てきているので新鮮味はまるでなし。こういうのは「狼王ロボ」から慣れっこだい(笑)。

 ただ面白かったのは自然に対する夾雑物としての中国政府のありかた。狼に馬が襲われて被害が出た。地区長さんは激怒。でも、それは別に農民の生活が危うくなるからといった理由ではない。「党の財産」である馬を失ったことで「お前らはたるんどる」と怒っているのである。

 また狼の子供を保護していることを糾弾された主人公が持ち出したのが毛語録。狼を飼って生態を知れば、これぞまさしく毛語録の彼(てき)を知り、己を知れば、百戦危うからずなのでありますと主張する主人公に思わず笑ってしまったぜ。

 (これ自体は孫子の兵法だけどね)

 ハイビジョン3D画質は良好。ただあまりにも真面目な3Dで外連味がまったくないのには閉口させられた。こんな映画なのだから狼がうわっと襲ってくる場面とかばんばん飛び出させれば良かったのに。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。疾走する馬の群れ、並走しながら襲う狼の群れ、荒れ狂う嵐、この三つの要素を見事に表現したサラウンドに大拍手。狼トラップの爆弾の重低音にも驚かされた。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午前1時過ぎに入眠剤を服用して午前2時過ぎに就寝。
 

|

« 4月29日(金) 「UCLAから前からどうぞ」 | トップページ | 5月1日(日) 安産と安心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月30日(土) 「UCLAの百太郎」:

« 4月29日(金) 「UCLAから前からどうぞ」 | トップページ | 5月1日(日) 安産と安心 »