« 5月27日(金) 「ビッグマックハイスクール」 | トップページ | 5月29日(日) ガーデニング竹山 »

2016年5月31日 (火)

5月28日(土) 四文字中国語

 

5月28日(土) 四文字中国語
海洋進出とか領海侵犯とか。さて、本日より東京旅行。午前6時にオリンピアーと叫んでから起床。シャワーを浴びて身支度こしらえ午前7時過ぎのバスで天神へ。いつもは博多行のバスを使うのだが、たまたま本数の少ない天神行のバスに偶然行き当たったんである。

 天神地下街のこじゃれた喫茶店で目玉焼き付ソーセージとトースト、サラダ、コーヒーのモーニングセットで朝食。それから地下鉄を使って福岡空港へ午前7時40分に到着。チェックインしてから脱糞、荷物検査を受けたらすでに搭乗が始まっていた。

 大きな声では言えないが、私、飛行機の時間を間違えていたんです(笑)。8時20分を8時40分と思い込んでいたんです。私に空港へはだいたいフライト時間の1時間前に来るという習慣がなかったらヤバいことになるところでした。

 乗れるのは乗れたでしょうが、満員の機内にスチュワーデスさんとお客さんたちの冷たい視線を浴びながら乗り込むという羞恥プレイを楽しむことになったでありましょう。

 怖や、怖や。

 午前10時に羽田空港着。それからモノレール、山手線を使って秋葉原へ。駅のコインロッカーに荷物を預けて御徒町方面へ向かう。これから井泉でトンカツとビールやって寄席へ行くんだもんね。

 午前11時半に井泉へ入店。突き出しの塩辛でビールをぐびぐびやる。ンまい!配膳されたヒレカツに塩を多めにふってがりりとかじりビールをぐびぐびやる。ンまい!ヒレカツにソースをびたびたと掛けてからしをぬったくって口中に放り込みゴハンに後を追わせる。ンまい!山盛りのキャベツにソースをちょびちょびかけてわしわしやる。ンまい!

 なんど食っても感動します、ここのトンカツ。

 さて、いい気分になったところで上野広小路亭へ。しかし番組表を見てみると今日の昼席は講談興業だとのこと。講談師の皆さんには申し訳ないが、パスして久しぶりに鈴本へ行くことにした。

 それから4時間、あなたの目はあなたの体を離れこの楽しい落語と演芸の世界に入っていくのです。

 印象的だったのは音楽パフォーマンスののだゆき(東京音楽大学大学院修了!)、新作落語「桃太郎後日譚」の春風亭 百栄師匠。やっぱり俺みたいな地方在住者は東京にいったら寄席にまめにいかないとこういう面白い人から取り残されてしまいますな。

 午後4時過ぎに鈴本を出て総武線、丸の内線を使って御茶ノ水経由で新宿へ。ホテルへチェックインする。そしてシャワーを浴びてしばらく休息し午後6時に第二次出撃を敢行。今度は新宿某所の道楽亭Ryu's Bar。唐沢さんと談之助師匠の「落語アカデミア」を見に行くのである。

 昼は寄席、夜は夜で濃いディープな落語話。今日の私はすっかり落語色に染まってしまいました(笑)。お題は昨今話題の笑点。いやあ、初代司会の談志から現在まで連綿と続く笑点の歴史というものはまさに昭和の演芸史を代表するものであるなあ(本当か)。

 特に深夜枠から移った時間が当初はテレビ局のお休み時間であったことは今回初めて知った。これがもしゴールデンタイムであったら早い段階で笑点は確実に打ち切りになっていたであろう。「我々、笑点を馬鹿にしてますけどね、あの番組が続いているから落語という演芸の命脈も保たれたわけで」とは談之助師匠の弁。

 落語アカデミアの後は打ち上げ。まあ、参加された方々がみんな濃い落語マニアで私なぞとても話についていけなかったです(笑)。2次会はすぐ近くのへぎそば昆へ。蕎麦ももちろん美味しいのだが、びっくりしたのはカキピーという料理。いや、「お前、ピーナッツばかり食べるんじゃないよ、柿の種ばっか残っちゃうだろう」の柿ピーじゃないっすよ。ピーマンに牡蠣の身をたたいてミンチ状にしたものを乗せた牡蠣ピーなんですよ。

 もう牡蠣の旨みが余すところなく味わえて本当に美味いんですよ。

 たぶん、午前12時過ぎまで飲んで食って解散。皆さんとお別れして私は徒歩でホテルへ帰る。就寝午前1時くらい。 

|

« 5月27日(金) 「ビッグマックハイスクール」 | トップページ | 5月29日(日) ガーデニング竹山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日(土) 四文字中国語:

« 5月27日(金) 「ビッグマックハイスクール」 | トップページ | 5月29日(日) ガーデニング竹山 »