« 5月5日(木) ユースステルス | トップページ | 5月7日(土) 「猿飛サスカッチ」 »

2016年5月 7日 (土)

5月6日(木) シーベルトジャー  

 

5月6日(木) シーベルトジャー  
 一応、ひねるとジャーの駄洒落です、すいません。WOWOWハイビジョン録画で見た『ブルーリベンジ』 これが近来まれにみる傑作であった。

 父親、母親を殺害した粗暴なトラッシュホワイトの男が出所。彼らの息子である主人公は復讐を誓い、さんざん苦労して成し遂げる。しかし、粗暴なトラッシュホワイトの一家はこの殺人を警察に通報せず主人公に対する復讐を開始、あろうことか主人公の姉とその幼い娘たちをも巻き込もうとする。何しろ粗暴だから世間一般の常識が通用しないのだ。主人公は相手の一家を皆殺しにしなければ抜けられない泥沼にはまり込んだことを悟って愕然とする。

 このあたり見ていて息がつまるような思いがしました(笑)。

 やっぱりね、日本人もこういうホワイトトラッシュ映画を見て勉強しなければなりませんよ。こういったアメリカの負の文化も心得ておかないと酔っ払いホワイトトラッシュ一家の妄言「ホプキンスビル事件」を妙に高く評価しちゃったりしますから。

 ハイビジョン画質はタイトル通り(原題は『Blue Ruin』(青い残骸 主人公の乗っていた廃車寸前のボロ車のことならん)、青を基調としたクールな映像が印象的。ただ、暗部の表現は褒められたものではなくノイズは乗るし、トーンジャンプも盛大に発生する。

 本日から仕事。各物件を回って郵便受けの掃除。ちょっと目を離すとみんな広告チラシのたぐいをそこらにぶちまけていくんである。また駐車場に壊れたビニール傘が3本。あの強風と雨にやられたものだろうが、そんなもんそこらに捨てていくな、自分で始末せえ、お前らみんなデスな!

 昼飯は冷凍ホウレンソウとマルちゃん正麺の冷やし中華。やっぱりあの酸っぱさはどうも好きになれん。またマルちゃん、北の味わいざるラーメン買ってこようっと。夕食は肉じゃが、鶏のから揚げ、タコときゅうりとわかめの酢の物。

 ビールは飲まずにゴハンを2膳。

 その後シアタールームにて前述の『ブルーリベンジ』を見て戦慄したのだ。

 終了後午後9時過ぎにシャワーを浴びて「赤影」 あれ、アゴンの扱いはあんなにひどかったかなあ。大百足ドグマとの闘いに敗れたりとはいえ、信長・青影の命を救うことができたのは間違いなくアゴンのおかげだというのに、白影さんたら、「もうこんなものに用はない」と吐き捨ててアゴンを操るオカリナを地面にぐしゃ(笑)。

 すこし白影さんを嫌いになってしまった瞬間でした。

 午前12時半に入眠剤を服用し午前2時に就寝。

|

« 5月5日(木) ユースステルス | トップページ | 5月7日(土) 「猿飛サスカッチ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月6日(木) シーベルトジャー  :

« 5月5日(木) ユースステルス | トップページ | 5月7日(土) 「猿飛サスカッチ」 »