« 7月19日(火) 「涼宮ハルヒの文通」 | トップページ | 7月21日(木) たたりと女房は新しい方がいい »

2016年7月21日 (木)

7月20日(水) 「怪奇大作戦 ギョロッケ人間」

 

7月20日(水) 「怪奇大作戦 ギョロッケ人間」  
 ギョロッケについては「クッキングパパ 20巻 COOK 193 ふるさとの味 郷愁のギョロッケ」参照のこと。まあ、要するに魚のすり身を使ったコロッケであります。

 さて、本日は休みであるからして、福岡市美術館で開催中の「ゴジラ展」を見に行ったのだが、この美術館の所在地、大濠公園に午前10時半くらいに行ったと思いねえ。すると、あたりは中国人観光客の皆さんで一杯。マジで中国語しか聞こえてこない。大濠公園の風景自体がわりと中国っぽいので(中国の西湖がモデルという説があるがそれはあやまり。その説の元となったいかにも中国風の浮見堂は戦後に移設されたもの)、フィール・ライク・アイム・イン・ザ・チャイナ?(疑問形)、みたいな気分が味わえました。

 ゴジラ展は何と言っても「オキシジェンデストロイヤー」と「潜水帽」が良かった(笑)。『ゴジラ』の未見の絵コンテ類や大集合した怪獣画伯たちの作品にもコーフンした。ただ、どうしても展示内容は平成、ミレニアムゴジラに重点が置かれていたようで(まあ、年代を考えると仕方ないけど)、昭和ゴジラが見たかった私にはちょっと残念だったか。スーパーX2の撮影用プロップだけはものすごくカッコ良かったけど。

 そして疑問点がひとつ。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のコーナーで展示されていた三池敏夫氏による東京タワー図面。その数枚にあからさまに「大映 ガメラ」と書いてあったんですけど(笑)。これは『ガメラ 大怪獣空中決戦』に使われたものじゃないの。

 ほぼ1時間を費やして見学終了。その後、大濠公園のほとりで少し休み、いやもう足腰がたがただったものだから、地下鉄を使って天神へ。赤のれんでギョーザ三個、小炒飯、ラーメンの昼食。もちろん、生ビールもがーっとやっつけましたとも。

 げふげふと満足げなゲップを漏らしながらバスで帰宅する。

 ふびーっと一時間ばかり昼寝してプロジェクターを起動させ米国盤ブルーレイの『ターミネーター: 新起動/ジェニシス 3D』を半分ほど。

 夕食はぶっかけうどん、カツオの刺身、生野菜、もずく。ビール350ml缶2本飲んだ。その後、シアタールームにて『ターミネーター』の続き。

 終了後シャワーを浴びて満を持して「赤影」最終回を見る。やっぱりぴよよん呪文の破壊力はすげえぜ。「こら、赤影さんに何を失礼な」という雷丸の見え見えのヨイショも楽しい限り。

 その後、プロジェクターを再起動しWOWOWハイビジョン録画の『ゴジラVSスペースゴジラ』を見る。下手をしたら20年ぶりくらいだな。この作品を見るのは。

 どんなに年月が経過しようともこの作品の持つぷぷぷぷー力はいささかの衰えも見せぬ。「サイキックセンター」です。ピラミッド型の枠の中で唸っている少年にぷぷぷぷー。アステロイドベルトを飛ぶモゲラにぷぷぷぷー。G(ゴジラのこと)の後ろに回り込め!とか言いつつゴジラ前方の草むらに陣取ってゴジラが地雷の爆発で背中を向けるのをじっと待っているGフォースの隊員さんにぷぷぷぷー。自分が縛り付けられているベッドをテレキネシスで浮かす小高恵美さんにぷぷぷぷー。あ、あの門にはバリアが張られているぞ、入れないといいつつ、門のすぐ前にあるマンホールに潜り込み門のすぐ向こうのマンホールから出てくる皆さんにぷぷぷぷー。

 あまりにもぷぷぷぷーしすぎて残り30分のところで挫折してしまいました(笑)。続きはまた後日。

 ひれひれ酔って午前一時過ぎに就寝。

|

« 7月19日(火) 「涼宮ハルヒの文通」 | トップページ | 7月21日(木) たたりと女房は新しい方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/63946510

この記事へのトラックバック一覧です: 7月20日(水) 「怪奇大作戦 ギョロッケ人間」 :

« 7月19日(火) 「涼宮ハルヒの文通」 | トップページ | 7月21日(木) たたりと女房は新しい方がいい »