« 7月30日(土) ネズミ講次郎吉 | トップページ | 8月1日(月) 「ヴァリャーグって許して」 »

2016年8月 1日 (月)

7月31日(日) リオのカニバリズム

 

7月31日(日) リオのカニバリズム
 リオ五輪開催直前記念駄洒落。『Curse of The Faceless Man』(1958年) ここで呼ばれてきたのがエマニュエル教授。彼は実は初登場ではなく、メダリオンの文言を翻訳する場面で活躍していたのですが、とにかくしゃべりがもじゃもじゃして聞き取りづらいので、いなかったことにしていたのです(笑)。しかし、後半こうも物語に絡んでくると無視する訳にもいかなくなったのであります。

 エマニュエル教授はある確信をもってティナを「盲目の漁師の海岸」へ連れて行きます。車から降りて周りの景色を見渡すなりまっさおになってふらふらと倒れるティナ。教授が抱き起しますと、「火山よ、火山が爆発して人々は火から逃れようとして海に入ったわ、でも海が沸騰して、ああっ、大勢のローマの人々がしゃぶしゃぶに!」 何がしゃぶしゃぶか(笑)。

 どうした訳かティナはポンペイ壊滅の日の記憶を潜在意識の中に持っているようであります。

 教授はさらにティナに逆行催眠療法を試みます。その結果ティナから得られた証言は驚くべきものでした。彼女の前世はポンペイの貴族の娘、ルシーナだったのであります。彼女は奴隷のQuintillus Aureliusと愛し合っていたのですが、そんな恋愛が許される筈もなし。おりしもローマ随一の剣闘士から求婚されちゃったりしていて、困っちゃうなーという状態だったという。

 悩んでいるうちにヴェスビオス火山がどかーん。ポンペイは壊滅してしまったのでした。

 あの石化人間はだからティナにあれほど執着するのだ。ポールはイラっときまして「そんなことはさせるものか!」ティナをイタリアから連れ出すことになります。用意を整えてティナのアパートメントに向かったポールですが、彼女は不在。代りに置かれていたのが石化人間の縛めをナイフで切る様子を描いた彼女の絵でした。

 「あ、あのアマ、また記憶に操られて石化人間を逃がそうとしている」 博物館へ急行するポールですが、時すでにおそし。彼はティナによって逃がされた石化人間に殴られて気絶してしまいます。石化人間はティナを抱きかかえていずこへともなく消え去るのであります。

 さて、石化人間の向かった先は例の「盲目の漁師の海岸」でありました。石化人間は2000年の時を隔てて、今日、この日にヴェスヴィオス火山が爆発すると思っていたのです。だから彼女を海岸に連れていき、火山の火から守ろうとしたのです。ああ、なんという勘違い。

 おまけに石化人間ですから海に入った途端、ぶくぶく溶け出してしまった。海に投げ出されたティナが「がぼ、がぼっ、え、なに、私どうしたの、がぼ、がぼぼぼっ、う、海?」 溺れかけたところをポールに救われたのでありました。

 はい、めでたし、めでたし。

 モノクロ画質はノイズと黒浮きがあってとても褒められたものではなし。英語字幕もなし。DVDと違って日本製ブルーレイプレーヤーでもフツーに再生できるのが唯一の救いといったところであります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼は抜き。夜はイカとヒラメの刺身、米国産ステーキ、キャベツ千切り。ビール350ml缶一本飲んでゴハンを2膳。

 その後、シアタールームにて『ジョン・カーペンターの要塞警察』を見る。恥ずかしながら今まで未見だったというか、『ニューヨーク1997』と勘違いしてアレ、カート・ラッセル出てこんのとか、なんかいろいろすみません(笑)。

 ストーリー自体は年代を考慮してもいささかあか抜けないか(笑)。おとーさんが警察署に逃げ込んでドンパチ始まるまでがちょっと退屈で、ジョン、ごめん、オレ、何度か寝落ちしちゃったよ。襲撃が始まってからもキャラの動かし方が今一つぎこちなく、二人の護送中の囚人、ヒロイン、主人公以外のキャラはほとんど役にたたず、あっさりと静かに死んでいく。

 ギャングはギャングでもっと考えりゃいいものを警察署に突入しては射殺されるの繰り返し。

 私の期待とはずいぶん違った方面の映画だったようである。

 ハイビジョン画質はまあ、ダメ。暗部の情報量の無さ、発色の地味さ、年代なりと言ってしまえばそれまでだが。音声はAAC5.1チャンネル。うぴゅっという消音拳銃の発射音が実に鋭い。BGMも元気ありすぎ(笑)。

 終了後シャワーを浴びてダビング作業など。入眠剤を服用して午前2時に就寝。

|

« 7月30日(土) ネズミ講次郎吉 | トップページ | 8月1日(月) 「ヴァリャーグって許して」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/63997802

この記事へのトラックバック一覧です: 7月31日(日) リオのカニバリズム :

« 7月30日(土) ネズミ講次郎吉 | トップページ | 8月1日(月) 「ヴァリャーグって許して」 »