« 8月15日(月) フォークロアステーキ | トップページ | 8月17日(水) 夜はハプニングバーで運動会 »

2016年8月17日 (水)

8月16日(火) 『ハタ坊の無法者』

 

8月16日(火) 『ハタ坊の無法者』
 元ネタは1959年の映画 『波止場の無法者』(斉藤武市監督 主演 小林旭)から。『アンフェア the end』のワルグチ第3弾。システムエンジニアのヤサに長々逗留した挙句、篠原涼子は彼を連れて情報を渡そうとしていた海外ジャーナリストに会いに行く。すでに彼は殺されていた。

 ここで会う相手が分かっているのだから殺すだけではなく、篠原涼子とエンジニアを待ち伏せすればいいのにとか考えてはいけない(笑)。

 篠原涼子はエンジニアをヤサに戻し、今度は一人でもう一人の海外ジャーナリストに会いに行く。すると、ちょうど、彼は殺し屋に襲われている最中であった。篠原涼子は奮戦むなしく拳銃を奪われ、ジャーナリストを射殺されてしまう。逃亡する殺し屋。

 ここから怪奇としか言えないような展開。篠原涼子は警察にこれこれこういう人が殺されましたと電話。てっきり匿名で通報し、そのまま逃げるのかと思いきやあ、あれ、な、なんであんた、おまわりさんの事情聴取を受けてんの!

 当然ながら同僚の刑事や検察の偉い人が押し寄せて逮捕されてしまう。「え?なぜ、私が逮捕?」と戸惑う篠原涼子。

 当たり前だ!

 さて、本日から仕事再開。まあ、いろんなことがありましたよ、ははははは。朝飯は朝ぺ(朝からぺヤングソース焼きそば)、昼は野菜ジュース。夕食は生野菜、イカの刺身、カレイの煮つけ。仕上げに卵、納豆、醤油とわさびをまぶしたイカ刺身をのっけた丼。ンまい!

 ビールは飲まず。

 その後、シアタールームにてレンタルブルーレイの『ノーザン・リミット・ライン 南北海戦』を見る。これは2002年サッカーワールドカップ日韓大会の開催中に起こった韓国と北朝鮮の高速艇による銃撃戦(第2延坪海戦)を映画化したもので、ひさしぶりにウェットでしつこくてなかなか終わらない韓国映画を見てしまったなあと(笑)。

 それよりも驚かされたのがいくらワールドカップ開催中だかとはいえ北朝鮮の警告なしの先制攻撃で自国の海軍に6名もの戦死者が出たというのに、国民はまったくと言っていいほど関心を持たず、当時の金大中大統領も日本に行ってサッカー観戦をしていたこと。いくらなんでもひでぇぜこれは。

 しかも戦死した海軍兵の1周忌にも、政府の関係者は参列しなかったというのである。こんなところに後のセウォル号事件へのマズい対応の萌芽がすでに見て取れるというのは言い過ぎですかね。

 ハイビジョン画質は明るく明快な画調だが、暗部がざらついている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。戦闘場面でも意外に大人しくやや拍子抜け。こんな映画で迫力を求める私の方が不謹慎なのであります。

 終了後シャワーを浴びてまたもダビング作業。午後11時過ぎよりプロジェクターを再起動してチャンネルNECOハイビジョン録画の『俺は銀座の騎兵隊』を最後まで。この騎兵隊というタイトルは主人公 和田浩治の戦死した父親が騎兵であったこと、また和田自身も騎手志望であることから。こんなタイトルなんだからラストはどうにかして手に入れた馬で悪漢の車を追っかけて人質になっていた清水まゆみを救い出すみたいな展開になると思いきやまったく違うのである。

 事件が解決した後、刑事さんからご褒美に馬が贈られて!その馬に乗って仲間たちと銀座の目抜き通りを闊歩するという実に迷惑千万なラストで映画は終わるのであった(笑)。

 ハイビジョン画質は発色が明るくて実にきれい。ただどうしてもチャンネルNECOですからなあ、画面の破たんは避けようがないし、引いた絵では輪郭がぐずぐず。この辺はなんとかならないものですかね。

 終了後、入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
  

|

« 8月15日(月) フォークロアステーキ | トップページ | 8月17日(水) 夜はハプニングバーで運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64072939

この記事へのトラックバック一覧です: 8月16日(火) 『ハタ坊の無法者』 :

« 8月15日(月) フォークロアステーキ | トップページ | 8月17日(水) 夜はハプニングバーで運動会 »