« 8月27日(土) ウー、ヤー、ターヒカル | トップページ | ホームページ移転しました »

2016年8月29日 (月)

8月28日(日) 李 承晩コード

 

8月28日(日) 李 承晩コード
 日本国内盤ブルーレイソフトにはこの制限コードが付与され、韓国産のプレーヤーでは再生できなくなった・・・。元ネタはリージョンコードです、DVDだけど。

 台湾版『トップガン』の『トップガイ』(ああややこしい)をようやく見終えた。ヒロインから一方的に別れを告げられた主人公はもうやけのやんぱち。航空学校から脱走したりする。見かねた同僚の女性パイロット(この人はこの人でヒロインの友人、しかも主人公のことを好きだった)が「あの娘はメ×ラになっちゃったのよ、だから別れようと言い出したの」

 真相を聞かされた主人公、「えっ、そうなの、だったらヤル時も電気消さなくっていいじゃん、やったあ」と喜び(ウソ)、ヒロインとよりを戻すのであった。

 さて、リア充生活を取り戻した主人公、高等ジェット練習機のAT-3を経て学校を卒業。そして結婚。いよいよ一人前のパイロットに。彼が選択した搭乗機は台湾国産ジェット戦闘機のIDF F-CK-1。しかし悪天候下での任務中、落雷でアビオニクスの機能が停止。機位を失ってしまう。主人公大ピーンチ、メ×ラの奥さんも泣き崩れます。

 まあ、なんとか帰還してめでたし、めでたしとなるのだが・・・。

 いやあね、私はF-CK-1のことをあまり知らなくってですね、あのF-16にF-18をちょっとだけミックスしたようなキマイラ的で怪奇な機体が大画面で見られると思っただけでコーフンしたのですが、ああ、実機が見られるのはほんのちょっとだけやんかい!後はみーんなCGやんかい!

 それにアフターバーナー使いすぎ。機位を失った主人公が自分の位置を確かめようと雲の下に出るという場面でもバーナーを炊いて急降下。うーん、うーん、おかしいだろやっぱ。

 これで2時間半弱というのはいかにもきつかったですなあ。それに戦闘機パイロットの物語なのにDACT(異機種間空戦訓練 台湾空軍にもアグレッサー部隊は存在する)はおろか僚機同士の対戦闘機訓練(ACM)すらやらないっていうのはまずくないか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にパックのゴハンとレトルトのカレー。夕食は都合があって自分飯。買い置きのぺヤングソース焼きそばと野菜ジュース。ビールは飲まず。

 その後シアタールームにて前述の『トップガイ』を最後まで見たのである。ハイビジョン画質は一見綺麗なのだが、暗部諧調の推移が雑。トーンジャンプも目立った。音声はAAC5.1チャンネル。移動感の表現は確かであるが、音が人工的でうすっぺらくて。エンジンの轟音とかまったくらしくなかったのが残念。

 終了後、シャワーを浴びてダビング作業。最近はこればっかりです(笑)。午後11時からプロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の『USA殺人地帯』を1時間ほど。強烈なコントラストで描かれるモノクロ映像の美しさよ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 8月27日(土) ウー、ヤー、ターヒカル | トップページ | ホームページ移転しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64127512

この記事へのトラックバック一覧です: 8月28日(日) 李 承晩コード :

« 8月27日(土) ウー、ヤー、ターヒカル | トップページ | ホームページ移転しました »