« 9月23日(金) 盛り土と泉に囲まれて | トップページ | 9月26日(日) 逢魔が栃木 »

2016年9月25日 (日)

9月24日(土) 「栃木の行者」

 

9月24日(土) 「栃木の行者」 
 「栃木の流れに身を任せ」的な駄洒落。泊まれる図書館。<http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/276892より引用開始>佐賀市富士町の古湯地区に、古民家を改修した泊まれる図書館「暁(あかつき)」がオープンした。昼間はカフェを営業しながら本の貸し出しも行い、夜は好きなだけ読書に浸れる宿泊施設に。運営する福岡県糸島市のウェブデザイナー白石隆義さん(41)は「ゆったり流れる時間を楽しみ、心ゆくまで本に熱中できる図書館を目指したい」と話す。
<中略>
 蔵書は現在約1100冊。小説から絵本、専門書などが小さな木箱の本棚に20冊ずつ収まっている。知人に呼び掛け「ずっと自分の本棚に置いていたい本」を基準に20冊ずつ選んでもらった。巻末には選定者のコメントを記し、貸し出しカードには感想が書き込める。本を介して推薦者と読み手が交流できる仕組みだ。白石さんは「選者は喫茶店の店主や住職、俳優などさまざま。タイトルやコメントに共感したり、新しい本と出合えたりする楽しみを味わってほしい」と話す。

 宿泊は1日1組限定で最大5人まで。食事と風呂は近隣の飲食店や古湯温泉を利用してもらい、地域活性化につなげる狙いもある。

 水、木曜休館。昼間の図書館・カフェは午後2~6時、宿泊は午後7時~翌日正午。宿泊利用料は人数によって異なり、1人1万5千円~5人で3万円。現在、本の貸し出しは地元住民が対象。

=2016/09/23 西日本新聞=<引用終了>

 私も無類の本好きであるが、この記事みたいに「読書は素晴らしい、ほらほら心行くまで本を読みなさい」と大上段に構えられると何か白けてしまう。なんか、いろいろ面倒くさい。本を読むだけで結構、選者と交流とか、ヤです(笑)。だいたい、蔵書1,100冊で図書館を名乗ろうというのはちょっとアレだろ、俺だって5,500冊蔵書があるんだぞ(その半分は漫画単行本ですが)。ゆくゆくは蔵書数を増やしていくのだろうが、それにしてもねえ。

 そして宿泊料金の高さには驚かされる。要するに素泊まりで1人15,000円(ええっ)でしょうが。5人で30,000円だとずいぶん割安になるけど、5人でわざわざ佐賀の温泉まで行って本ばかり読むというのもかなり珍しい集団じゃないか。と学会の皆さんだってそんなことはしないだろう(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は長浜御殿でラーメン+替え玉。夕食は豚の生姜焼き、サバの刺身、生野菜。ビールは飲まずにゴハンを一膳。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『Dr.パルナサスの鏡』を見る。ヒース・レンジャーの正体がアレだった、わあ、驚いたと評価している人が多いようだが、まあ、あれは見え見えでしたな。善人がいきなり橋の上から首つり状態にされている訳がない(笑)。

 娘を失った博士の彷徨や小人(道化)の存在はもろにリア王。ただし、彼は映画のラストにおいてついに娘(リリー・コール)を見つけ、彼女の幸せを知って心置きなく次の人生に向かって足を踏み出す。そうした意味でハッピーエンドと言っていい・・・のかね。

 ハイビジョン画質は良好。黒が良く沈んでおり、鏡の向こうのファンタジックな世界を十二分に楽しませてくれる。音声はAAC5.1チャンネル。情報量の多いサラウンド音場が良い。これがあるから映画がウソ臭くならんのだ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。「ゴリパラ見聞録」 いつにもましてゴリけんの壊れっぷりがヒドイ。

 午後11時からプロジェクターを起動させて途中まで見ていたチャンネルNECO HD録画の『若い突風』を最後まで。思った通り金子信雄が大ボス。税関麻薬検査官を装っていた彼がその正体をあらわにする場面でやっぱり口をきゅうと歪めていたのに大笑い。分かり易いなあ。

 話はちょっとテキトーで、麻薬組織に二人もそれぞれ新聞記者、麻薬捜査官(藤村有弘)が身分を偽って潜入していたり、いや、新聞記者(内田良平)など殺し屋として入り込むんだぜ、そりゃ、いくらなんでも無茶だ(笑)。

 地下室に閉じ込められた和田浩二がいきなり胸ポケットから杉山俊夫のペットだった白ネズミを取り出す。こいつに手紙を括り付けて自分の危機を仲間に知らせようという算段なのだが、この直前、和田浩二は悪漢に殴られてばったり倒れて気絶するのである。その間、このネズミはどこにいたんだか。

 予備知識のない人がいきなり見るとなんじゃ、こりゃになりかねないけれども、それなりに日活アクション映画を見慣れていると、実に味わい深いんですなあ、これが。

 ハイビジョン画質は良好。若干黒が浮き気味だったので明るさを1ポイント下げてやると、実に魅力的な夜景が出現する。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 9月23日(金) 盛り土と泉に囲まれて | トップページ | 9月26日(日) 逢魔が栃木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64254768

この記事へのトラックバック一覧です: 9月24日(土) 「栃木の行者」:

« 9月23日(金) 盛り土と泉に囲まれて | トップページ | 9月26日(日) 逢魔が栃木 »