« 9月24日(土) 「栃木の行者」 | トップページ | 9月26日(月) 「サトエリさん」  »

2016年9月26日 (月)

9月26日(日) 逢魔が栃木

 

9月26日(日) 逢魔が栃木
 オーマガトキというレーベルがあって、昔はLDなんか出していたんだぜ駄洒落。第1海堡とは1881年8月起工、1890年12月に完成した要塞島。富津岬の沖合いすぐに位置し現在では一般人の立ち入りが禁止されている。。

 この第一海堡は先日見た日活アクション映画『若い突風』のロケ地であり、周辺の海底に口封じで殺された杉山俊夫の死体が沈んでいるという実に印象的な使われ方をしている。

 また、この海堡は軍艦島もかくやという廃墟で細かなコンクリートの破片や岩がごろごろ。そこをこの映画のヒロイン、清水まゆみがサンダル履きでひょいひょいと歩いていく。見ているこちらはひやひやものである。ちょっと足を滑らせたら鋭いコンクリート塊で足をざっくりやりかねない。フツーの靴なら大丈夫だろうが、素足と変わらぬサンダル履きなのだ。悪くすれば足をざっくりやってその傷口からフジツボの幼生が入り込み3か月後に傷口からわらわらと・・・なんてことになったらどうするんだ(ウソ)。

 なお、清水まゆみはお金持ちのお嬢さんである。まあ、そのパパが二本柳寛であるから絶対にまともな手段でお金を稼いではないのだが、何しろお嬢さんなので無邪気なものだ。第二海保へモーターボートを走らせながら、和田浩二に「ほら、見て、丘の上の別荘、昔、あれはウチの別荘だったのよ。子供の頃、パパが三国人に売っちゃったの」和田浩二、「近頃はいいところは全部三国人に取られちゃうなあ」

 言うなあ、和田浩二(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯はサンポーの長崎ちゃんぽん(これはカップ麺としてはかなり秀逸)。夕食は冷凍食品のホウレンソウ、ベーコン、コーンをつまみにビール500ml缶を一本。後はレトルトのカレーライス。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ『サラマンダー』を見る。いやあ、クリスチャン・ベールが雄ドラゴンと正面から対峙する場面、ドラゴンの口からよだれが垂れますな。このよだれは可燃性なので地面に落ちていちいち燃え上がるというのが芸が細かくて非常によろしい。

 この映画、ちまたの評価がめちゃくちゃ低いが(笑)、雌ドラゴンが生んだ卵に後から雄ドラゴンが精子をぶっかけて受精させるという設定の筈なのに(臭そうだね)クリスチャン・ベールが雌ドラゴンの死体から卵を取り出すとすでにドラゴン幼生らしきものの影が見えたりするとてもいい加減な映画なのだが、オレは大好きなんだよ!

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 その後、プロジェクターを再起動させてブルーレイ『かもめ食堂』

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月24日(土) 「栃木の行者」 | トップページ | 9月26日(月) 「サトエリさん」  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64260619

この記事へのトラックバック一覧です: 9月26日(日) 逢魔が栃木:

« 9月24日(土) 「栃木の行者」 | トップページ | 9月26日(月) 「サトエリさん」  »