« 10月9日(日) かわいそうなぞうもう | トップページ | 10月11日(火) 「ブレーメンの横隔膜」 »

2016年10月11日 (火)

10月10日(月) 『日暮里一のホラ吹き男』

 

10月10日(月) 『日暮里一のホラ吹き男』
 初等(はじめひとし)もスケールが小さくなっちゃったなあ、おい。さて、手間もかからず元手もいらぬゴマスリ行進曲的なカメの飼い方、沼ガメ編。伸和(SHINWA) ブル・コンテナ ジャンボ角180 ブルー (B) みたいなものをベランダに置こう。これの中央に陸場を作れば(レンガを4~6個積み重ね人工芝をかぶせて登りやすくする)出来上がり。

 しかし、この飼育法には重大な問題がある。それはベランダにコンセントが配置されているかどうか。コンセントがなければフィルターを使うことができず水替えが大変になってしまう。レンガをどけヤッとジャンボコンテナを持ち上げて水を捨ててしまえばいいのだが、これを2~3日ごとに繰り返すとなるとさすがにしんどい。

 コンセントがなければフツーに室内でガラス水槽を使って飼いましょう(笑)。あるいはすっぱり諦めてリクガメにしましょう。無責任な言い方のようですが、仕方ありません。

 (ウィンドコンセントケーブルなる製品を使えば電源ケーブルをベランダへ通すことができるようである。またエアコンの穴にケーブルを通した剛の者もいる。いろいろ検索してみたが特に分譲マンションなどではベランダへのコンセントの増設は難しいようだ)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼は抜き。夜は出来合いのおでんとパックのお寿司。ビール500ml缶一本飲む。

 その後、シアタールームにて『モンスター上司2』の続き。三人組のお人よしバカギャグ(犯人にお前の言ったことをミニレコーダーで録音しているからなと思わず威張っちゃう。もちろんレコーダー取り上げられて破壊される。犯人に弾丸なしの銃をぽいと投げられ思わずキャッチ。指紋べったり)は面白かったけど、まあ、それだけ(笑)。

 監督さんの「ほら、どうだ、面白いだろう、俺のギャグは冴えているだろう、笑え、ホラ、笑えったら笑え」のおしつけがしつこくってうんざりしてしまうのである。

 そんな映画だったので画質・音質の評価はなし。

 終了後、今度はこれまた途中まで見ていた園子温監督の『ラブ&ピース』を最後まで。いや、最初30分の亀の扱い方のひどさに腹を立てて、何しろ主人公はミシシッピーチズガメ(ミドリガメではないぞ、ドアホ!)を飼うのに水槽すら用意しない。ピカドンなどというトンデモない名前をつけて可愛がっているつもりになっている。そしてしまいにはトイレに流してしまう、途中で視聴を放擲したんだよ。

 その後もなんというかダサいファンタジーとダサいメッセージでもう見ていて頭が痛くなる。いや、監督はこのダサさを逆手にとって虚栄・虚飾の空しさを描こうとしているのは分かるのだが、その狙いがあまりにもあからさまにすぎるのだ。

 こんな映画だったのでやっぱり画質・音質の評価はなし。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいたFBSの「頑張るキミに花束を!」。

 OISCA西日本研修センター(http://www.oisca.org/)の外国人研修生にソフトボールやらせようという企画。パプアニューギニアとかカンボジアとかタイの人なので野球の経験などまるでなし。守備はもうへたへただったけど、それでも力があるのでバッティングは結構飛ばす、飛ばす。あやうく建物の窓を割るところであった。

 番組は結構面白かったけど、研修センターの映像にOISKAと思いっきり間違えたテロップを入れていた。シールズの何とかさんじゃないんだからスタッフはしっかりせんといかんぞ。

 終了後プロジェクターを再起動させて『三大怪獣地球最大の決戦』の続き。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 10月9日(日) かわいそうなぞうもう | トップページ | 10月11日(火) 「ブレーメンの横隔膜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64331541

この記事へのトラックバック一覧です: 10月10日(月) 『日暮里一のホラ吹き男』 :

« 10月9日(日) かわいそうなぞうもう | トップページ | 10月11日(火) 「ブレーメンの横隔膜」 »