« 10月23日(日) 十把ひとりカラオケ | トップページ | 10月25日(火) 補聴器和子 »

2016年10月25日 (火)

10月24日(月) 『まる子の鷹』

 

10月24日(月) 『まる子の鷹』
 業界初!「ちびまる子ちゃん」駄洒落。『ピアドラス・ブランカの怪物』 さて、スタージェス、大けがで気弱になったのかルーシーにこんなことを告白します。「海岸になあ、引き潮の時だけ入口が現れる洞窟があってなあ、一度中に入ってみたんだ。それがずうっと灯台のところまで続いていてなあ、外に出られそうな穴があったんだが、小さすぎてわしには通れなかった。入口まで戻ったら満ち潮で出られなくなってなあ、引き潮になるまでそこで待っていたんだ。その時、不気味な息遣いを聞いたのだ」

 「外に出た後、その洞窟の近くに魚を置いてみた。すると翌日にはなくなっていたんだ。それからわしは魚をやり続けた。そのうち、魚が面倒になって屑肉を置くようになったのだ」

 ルーシー、「まあ、いやだ、ウチのお父さんたら怪物に餌をやっていたのね。私を寄宿学校にやったのも怪物から私を守るためだったんだわ」と愕然といたします。

 本日はこれまで。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は入院中の父親への物資補給のついでにファミリーレストランGで日替わりランチ。499円でスープ付だから仕方ないのかもしれないがまあ、はっきり言ってマズい。

 夕食はまず自分で作った鶏わさで缶ビール500ml一本飲む。そして昨日の予告通り豚骨鍋スープを使ったチャンポン。キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやし、豚肉を炒めてスープに投入。しばらく煮込んだ後にちゃんぽん麺を投入という極めて簡単なつくりであるがラー油を大目に掛けてやると結構美味しいんだよ。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『10 クローバーフィールド・レーン』を見る。核戦争だか宇宙人の侵略だかでシェルターの中に逃げ込んだ人間たちのどたばた模様。『大襲来!吸血こうもり』かとツッコんでいるうちに、このシェルターの持ち主、ジョン・グッドマンが頭のネジがちょっとゆるんだ危ない男であることが分かってきて、はらはらどきどき。いきなり仲間を射殺した場面で思わず飛び上がってしまったくらいだ。ところが、この映画、ヒロインのメアリー・エリザベス・ウィンステッドが彼を倒してシェルターを出たあたりからすっごく怪しくなるのであった。

 何者かの攻撃によって外界は毒ガスで汚染されているというジョン・グッドマンの話を疑っていたメアリー・エリザベス・ウィンステッド、でも、外に出たら鳥が飛んでいる。「汚染なんかされていないじゃない!」 でも遠くに何かが飛んでいる。わあ、宇宙人の宇宙船だ、本当に宇宙人に侵略されてたんかい。

 私はここで一度大笑い。

 この宇宙船から投下された機械生物みたいなのがメアリー・エリザベス・ウィンステッドを追い回す。彼女は汚染されたという外界に出るためにシャワーカーテンとペットボトルを使ったお手製の防護服を着ている。でもシャワーカーテンは子供用なのであひるの消防士の絵がついているという。こんな間抜けな姿で一生懸命逃げ回るメアリー・エリザベス・ウィンステッド。

 私はここで二度目の大笑い。

 奮闘むなしく逃げ込んだ車ごと宇宙船に引き上げられるメアリー・エリザベス・ウィンステッド。彼女は車にたまたまあったウィスキー瓶とライターで即席の火炎瓶を作り、宇宙船(機械と生命体が融合したような奇怪なもの)の口にぶち込む。すると宇宙船が大爆発。ウィスキーすげえ。

 私はここで三度目の大笑い。

 これは変な映画である。変な映画を山ほど見てきたこの私が言うのだから間違いない(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。フィルムグレインが目立っておりストーリーの古臭さと相まってえっ、90年代くらいの映画と思ってしまう。

 音声はドルビーアトモス。対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。まあ、このストーリーだからサラウンドあまり関係ないなあと思ったらシェルターの上をヘリコプターのようなもの(後に宇宙人の飛行機械と判明)が通り過ぎていく場面でずぅももももおんという重低音が!TD725SWMK2はこれを完璧すぎるほどに再生してくれたので、オレは地震かと思って本気でびびっちゃったよ(笑)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 その後プロジェクターを再起動して久しぶりにブルーレイの「ウルトラQ 2020年の挑戦 海底原人ラゴン」を見る。

 いやあ、プロジェクターのランプ交換、画質調整のガンマカーブ変更でまた画質が良くなっちゃったなあ。一平君が「君は宇宙戦争の本でも読んでいたまえ」とやり込められる場面で、一平君の手やつなぎが汚れていますな。私今まで整備にいそしんでいたんですよという描写なのだが、その時、実は一平君の爪がきれいなままということまでわかっちゃうんである。

 実際、凄いことだと思う。

 就寝午前一時過ぎ。

  

|

« 10月23日(日) 十把ひとりカラオケ | トップページ | 10月25日(火) 補聴器和子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64398032

この記事へのトラックバック一覧です: 10月24日(月) 『まる子の鷹』 :

« 10月23日(日) 十把ひとりカラオケ | トップページ | 10月25日(火) 補聴器和子 »