« 10月29日(土) ボージョレぬるぽ | トップページ | 10月31日(月) 「eコマースの影」 »

2016年10月31日 (月)

10月30日(日) 高村光太郎 「ドゥテルテ」

 

10月30日(日) 高村光太郎 「ドゥテルテ」
 文芸時事駄洒落。韓国の一大スキャンダル、「チェ・スンシル事件」の経緯。陸英修(ユク・ヨンス)女史(朴槿恵の母)が1974年に暗殺された後、インチキ宗教人である「チェ・テミン」(チェ・スンシルの父) が朴槿恵に接近。「あなたの母親の魂に憑依された」といい、声帯模写をするなどして朴槿恵の信頼を得る。事実上の洗脳である。

 以来、朴槿恵の全権を委任されたチェ・テミンは、行政、政治、経済、マスコミに大きな影響力を行使する。中央情報部からこの報告を受けて、大いに心配した朴大統領(朴槿恵の父)は1977年9月にチェ・テミンを直接尋問。

 (朴正煕の公報秘書官、鮮于連氏の備忘録より)

 しかし、ああ、悲しきかな、親の心子知らず、子の心親知らず、それ以降もチェ・テミンと朴槿恵の関係は続く。この事態に対し、中央情報部および他の機関がたびたび、「このような詐欺師が令嬢に接近できないように処理しなければならない。」と朴正煕に提案したが、朴槿恵はそれを拒否した。そしてチェ・テミンは 「陸英修女史の霊魂の受け入れ能力と予知力を受け継いだ」と 自分の娘「チェ・スンシル」を引き合わせる。

 そして現在に至る・・・・。

 洗脳のきっかけが母の暗殺とはなんとも悲劇的だが、彼女は市井の一般人ではない。韓国の最高権力者なのである。一民間人と不適切な強い関係を持ち国家機密すらダダ漏れさせていたというから、それが本当ならウォーターゲート事件が児戯に見えてくるほどの大スキャンダルとなるだろう。

 朴槿恵、チェ・テミン、チェ・スンシルの不適切な関係について取りざたされている疑惑はこれだけではない。続きはまた後日。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドッグにコーヒー、野菜ジュース。昼は入院中の父親への物資補給の帰りにO橋駅で途中下車、Y軒で「唐揚げ定食」 ところがこれがとんでもなくマズかった。唐揚げは作り置き感半端なく閉店間際のスーパーの惣菜とおっつかっつ。ゴハンにいたってはぐちょぐちょで柔らかいのに妙に口の中に残る。定食屋としてこのゴハンのまずさは致命的ではないのか。

 これでゴハンお代わり自由って何のいやがらせであろう(笑)。

 夕食はコンビニの冷凍スパゲティと野菜ジュース。ビールは飲まず。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ファスト・コンボイ』を見る。4台の車で大麻の輸送を図る犯罪グループ。出発するところまでは映像がものすごくカッコよくておおおと期待させられたのだが・・・。

 先行役の車が高速道路での検問開始を察知。携帯で運び役の車に伝えようとするのだが、ずーっと話し中。なぜならついでに積まれていたコカインを発見した男が携帯で「こんなヤバいもの運ばせるんだったら報酬上乗せだ、何?自分じゃ決められない、バカヤロー」ともめていたからである(笑)。

 挙句検問にあっさりひっかかり銃撃戦。一人が射殺されもう一人は撃たれながらも懸命の逃走を図る。ウウーム、間抜けだ(笑)。仲間と合流して大麻を積み替え、さあ出発だ。その前に車にガソリン掛けて燃やして証拠隠滅だ。あっ、コカイン忘れてた、わあ、7キロのコカインがぼーぼー燃えている!やっぱり間抜けだ(笑)。

 後はそれぞれの車の中で延々つまらない会話が続いていたりして、エライことになっているのに、「3日後にオレ、結婚するんだ、いいだろ」とニヤついている奴とか商売のためにイスラム名をつけようとして、どんな名前が良いか考えている奴とか、このあたりのやりとりはやっぱりタランティーノを意識しているのだろうなあ。

 まあ、いろんな意味で面白い映画であった(笑)。ハイビジョン画質は実によろしい。暗部の沈み、諧調が完璧で暗い場面でもまったく不自然さがない。音声はAAC5.1チャンネル。移動感の表現が実に正確。ラストで旋回するヘリコプターの飛跡が非常にスムースだ。

 終了後シャワーを浴びてダビング作業など。チャンネルNECO HD放送の「ミラーマン」は#13まで。

 
 午後11時過ぎからいままでちびちび見ていたチャンネルNECO HD録画の『たぬきの大将』を最後まで。『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』のヒットで製作された狸シリーズ第2弾である。小林圭樹は相変わらずの小悪党で、ひょうひょうと置き引きを繰り返し、そのたびに大勢の人間によってたかって追いかけられる。近所の施設保育園の女先生にほのかな恋心を抱いているものの、それで足を洗おう、まっとうに暮らそうというキモチはこれっぽっちもないのである(笑)。

 それなのに、ひょんなことで知り合った女詐欺師の淡路恵子との関係が否応なしに深まっていく展開が実に皮肉で苦い笑いを誘うのであった。

 ハイビジョン画質は良好。やっぱり破たんが多いけれども、鮮烈な発色は何度見てもいいものである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

 

|

« 10月29日(土) ボージョレぬるぽ | トップページ | 10月31日(月) 「eコマースの影」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64425074

この記事へのトラックバック一覧です: 10月30日(日) 高村光太郎 「ドゥテルテ」 :

« 10月29日(土) ボージョレぬるぽ | トップページ | 10月31日(月) 「eコマースの影」 »