« 11月19日(土) トップ屋ジージョ | トップページ | 11月21日(月) 知恵熱発電 »

2016年11月21日 (月)

11月20日(日) 「トールキン紳士」

 

11月20日(日) 「トールキン紳士」
 梶山 季之の「と金紳士」ってときんしんしって読むんだよね。「ダルヴァザの地獄の門」 1971年に旧ソ連の地質学者が天然ガス資源調査の為にトルクメニスタンのダルヴァザ付近でボーリング調査をした際、落盤事故が発生。直径50~100メートルにもなる大きな穴が開いてしまった。有毒ガスの放出を食い止めるため、やむを得ず点火処理されたが、可燃性ガスが地下から絶え間なく吹き出るため、現在にいたるまで延々と燃え続けている。天然ガスの埋蔵量が不明なので、いつまで燃え続けるかまったくわからない。

 セントラリアの坑内火災 石炭産業によって栄えたアメリカ ペンシルバニア州の街、セントラリア。1962年に発生した坑内火災によって地表では地面の温度が70℃から80℃に上昇。地下水は水蒸気となって煙や有毒ガスとともに地表に噴出し、地盤沈下を引き起こした。さらに一酸化炭素・二酸化炭素の濃度が上昇し健康への悪影響も考えられたので、政府は住民を避難させた。現在も、坑内火災は燃え続けており、自然鎮火するまでに数百年の時がかかると言われている。

 ひとたび原発事故が起これば人が住めなくなるのだ、この野郎みたいなことを言う人がいるけど自然の力をなめちゃいけませんよ(笑)。だいたい今の福島だって原発構内など非常に限られた区域を除けば避難の必要などないのである(こういうことを言うと怒られるかな)。日本でホーシャノーとか気にする必要はありません!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼は納豆をまぶしたソーメン一把。

 夜は末弟家族と共に母親の誕生日祝いで夕食会。天神のとある料亭にて山海の珍味をいやというほど堪能する。やはりイカの活造りが鉄板であろう。刺身の上手さはもとより後造りの塩焼きのぷきぷきとした歯ごたえなど、あなたのイカに対する既成概念がぶち壊されること必定だ。

 帰宅は午後8時。シャワーを浴びてだらだらした後、午後9時過ぎからまたもゴリパラ飲み。本日は今年の元旦未明に放送された「ゴリパラ新年会」 矢野ぺぺの結婚報告の件がやたらに面白くて気が狂ったように笑い転げる。

 しかし、番組であれだけイジられて、個人情報も非常識なくらい流されていて、よく結婚できたよなあ(笑)。オレ自身、このカップルはダメになるんじゃないかと思っていたくらいだったのになあ。

 午前1時過ぎに就寝。

|

« 11月19日(土) トップ屋ジージョ | トップページ | 11月21日(月) 知恵熱発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64524229

この記事へのトラックバック一覧です: 11月20日(日) 「トールキン紳士」 :

« 11月19日(土) トップ屋ジージョ | トップページ | 11月21日(月) 知恵熱発電 »