« 11月28日(月) 『バルカンが戦車でやってくる』 | トップページ | 11月30日(水) シンガンス・シーモンス »

2016年11月30日 (水)

11月29日(火) カンダタ藪蕎麦

 

11月29日(火) カンダタ藪蕎麦
 地獄で苦しんでいたカンダタの前に一本の蕎麦がすーっと・・・。第一次大戦末期海上輸送力の強化にせまられたアメリカは緊急時船団の建造を計画。しかし、国内の鉄鋼は不足がちで使えず、やむを得ずコンクリートで船体を建造するコンクリートシップを使うことにした。

 アメリカは初めて自走可能なコンクリートシップを開発したノルウェーのニコライ・フォーグナー米国はフォーグナーを招き、建造方法の指導してもらうことにした。こうして完成したコンクリートシップ 12隻は戦争の終結に伴って民間に払い下げられる。

 1920年に進水したコンクリートシップ S.S.サポーナはとっとと民間に払い下げられ、浮き油槽、酒類の水上貯蔵庫を経て1926年、ハリケーンのため座礁し、その短い生涯を終える。そしてサポーナの残骸はアメリカ陸軍、海軍機の爆撃訓練の格好の標的となった。

 1945年12月5日、サポーナへの爆撃訓練から帰路についた5機のグラマン TBF アヴェンジャー雷撃機が忽然と姿を消す。「バミューダ・トライアングル」の最も有名な消失事例である。

この後間もなくサポーナを標的とした訓練は停止されたが当のサポーナの残骸は現在もビミニ島南方4マイルの地点に現存している。(http://blog.livedoor.jp/janome_gotyou/archives/1911024.htmlより)

 消失した機体がアヴェンジャーであることはもちろん知っていたが、その訓練目標がコンクリートで作られたコンクリートシップだったとは。いやいや、良いことを教えて頂きました。サイト、<蛇乃目伍長の「エアフォースの英国面に来い!」 Mk.2>の管理人さまに感謝いたします。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーと無糖のコーヒー(500㎉)、昼飯は納豆1パック、おおよそ100㎉。夕食は自分で作ったポトフもどき。じゃがいも2個(100㎉ぐらい?)、ニンジン一本(100㎉)、白菜少々、ソーセージ2本(200㎉)、ベーコン(200㎉ぐらい?)をコンソメで煮たもの。

 後はゴハンを一膳で1日の摂取カロリーは凡そ1,600㎉ぐらいか。ビールはもちろん飲まず。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『朝鮮名探偵失われた島の秘密』 後半は思いっきり『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』(笑)。ただ、その島の秘密と言うのが悪い悪い日本人の組織が(まあ、かなり流暢に韓国語を喋る奴も交じっているけど)が少女たちを攫ってきては初潮前と初潮後に分け、前者をロリコン性奴隷として日本に売り飛ばし、後者は偽銀づくりに従事させるというかなり悪辣なもの。少女たちに押される焼印のメイクも生々しくってオレはドン引き(笑)。

 これでこの映画自体を嫌悪してしまう日本の人もいるだろうなあ。私もちょっとイラっときたし。

 前作から継承されている妙な雰囲気のギャグは相変わらず良し。主人公が見るからに木製のジッポライターのような道具を取りだし「これがあればいつでも火がつけられる。じっぽうというのだ」相棒が非常に納得のいかない顔をして「じっぽう?」

 最初は模型の小さな奴すら飛ばせなかったハンググライダーがものすごくテキトーな理由で見事に空を舞うのにも笑わされたなあ。

 なんだかんだ言ってこういうセンスは貴重だと思うのである。

 ハイビジョン画質は前作よりはるかに品位が向上。やや黒が沈みすぎていることを除けばまず、不満なし。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドの出来の良さは前作譲りだ。

 終了後シャワーを浴びて、と学会例会のネタビデオつくり。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

|

« 11月28日(月) 『バルカンが戦車でやってくる』 | トップページ | 11月30日(水) シンガンス・シーモンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64563957

この記事へのトラックバック一覧です: 11月29日(火) カンダタ藪蕎麦 :

« 11月28日(月) 『バルカンが戦車でやってくる』 | トップページ | 11月30日(水) シンガンス・シーモンス »