« 12月16日(金) 「アルクトゥールスは嫁に食わすな」 | トップページ | 12月18日(日) 『エレキングの若大将』 »

2016年12月18日 (日)

12月17日(土) 『レイキの若大将』

 

12月17日(土) 『レイキの若大将』
 映画のラストはもちろん、京南大、西北大対抗手かざし合戦。星由利子が青大将に無理やり手かざしされそうになるのはお約束だ!

 なんとも言えない映画を見た。それはイライジャ・ウッド主演の『ゾンビ・スクール』、スクールと言っても高校や大学などではない。小学校である。それも第二次性徴以前の子供しかゾンビバクテリアに感染しないというロリコン・ゾンビ、略してロンビが先生をがりがり齧るというトンデモナい映画なのである。

 この小学校は見るからにレベルが低く、問題児ばかり。先生の方もオレは作家だ、作家だと威張っているけれどもそれは原稿を母親にすら酷評されるレベルの代用教師イライジャ・ウッドをはじめとしてコミュ障教師や男を見るとすぐにレイプだと叫ぶ自意識過剰のオールドミス、隠しているけれどもその立ち居振る舞いからもうバレバレのゲイ、やたらにマッチョだが、小学校用の低いバスケットゴールにすらシュートを決められない体育教師とか、とにかくアレなんですよ。

 そしてゾンビになっているからまあ、仕方ないのだけれども先生が小学生の頭をぼかぼか叩きつぶしていく訳で(笑)。こんな映画でわはは、わははと笑っている俺も俺だ。しかし、そんな私の笑顔すら凍りつかせたのが「教師の持っていたきっつい薬を飲ませてロンビどもを眠らせる!」件。教師が生徒にヤク飲ませてどーすんだ。

 ラストはプレイランドに火を放って集まっていたロンビどもを焼いて自動車で逃走。その車の後を火だるまになった一人のロンビが延々と追っかけていくというサゲはシャレていると言うべきか(笑)。

 なお、このゾンビバクテリアの原因となったのが鶏肉。問題のある鶏肉がチキンナゲットとして学校の給食で出されたのである。この冒頭の鶏と殺と肉処理の場面はなんというか、大変にすがすがしい。これから焼き鳥を食べに行こうてぇ方は是非、この冒頭部分を見て頂きたい。鶏肉への食欲が倍増すること間違いなしである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース(600キロカロリー)、昼飯に賞味期限を2日過ぎた納豆二パック。しらすとネギ刻みをたっぷり入れて食う(100キロカロリー)。夕食はレトルトのカレーライス(600キロカロリー)、茹でたホウレンソウに例の「ゴマ油・キャベツのタレ、塩昆布」のドレッシングをかけたもの(40キロカロリー)。

 本日の摂取カロリーは1,340キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて前述の『ゾンビスクール』を見たのである。ハイビジョン画質はこんな映画なのにすこぶるつきによろしい。わさわさ群れに追いかけてくるロンビたちの顔が一人一人はっきりと見分けられる無駄な高解像度が素敵だ。

 音声はAAC5.1チャンネル サラウンドの音量が大きく音場が後方に偏っていた印象を受ける。音質はなかなか良く、ロンビが先生をがりがり齧る音が実に鮮明。そんな音の良さはいらん。

 終了後シャワーを浴びて録画の「ゴリパラ見聞録」 斉藤優が第二子誕生のゴリけん(おめでとうございます)へのお祝い金あみだ(斉藤がなるたけ安く済ませたいという思いで提案したお祝い金千円、三万円、五万円のあみだくじ)で上半身裸になって気合を入れて番号を選択、上手いぐあいに千円が当たって涙を流さんばかりにして大喜び。

 フツーのタレントがやったらわざとらしくなっただろうが、何しろ我々は「ゴリパラ見聞録」開始以来、物凄く世話になった(ほとんど養われていた)お兄さんへの出産祝いすらぐちぐち言っていた斉藤のケチくそぶりを延々と見てきたわけである。それが見事に実を結んでもうめまいがするくらい笑い転げてしまったのであった。

 午後11時半に入眠剤を一錠服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 12月16日(金) 「アルクトゥールスは嫁に食わすな」 | トップページ | 12月18日(日) 『エレキングの若大将』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64641740

この記事へのトラックバック一覧です: 12月17日(土) 『レイキの若大将』 :

« 12月16日(金) 「アルクトゥールスは嫁に食わすな」 | トップページ | 12月18日(日) 『エレキングの若大将』 »