«  12月3日(日) こんな時、どういう顔をすればいいのかわからないの。 和田アキ子がいいと思うよ。 | トップページ | 12月5日(月) 和民で許して »

2016年12月 6日 (火)

12月4日(日) 信地旋回するものは救われる

 

12月4日(日) 信地旋回するものは救われる
 戦車駄洒落。さて、本日は東京旅行最終日。午前9時半くらいまでゆっくりと寝て昨日の疲れをいやす。起床後お風呂につかってチェックアウトタイムぎりぎりの午前10時50分にホテルを出発。

 今日の予定は新宿末広亭で寄席見物なのだ。昼席の開演は午後12時より。よっしゃどこぞでおしゃれなブランチを取って落語を楽しむとするかい!なあ、ご隠居さんと思ったのだが、末広亭前ではすでに開場を待つお客さんたちの行列ができていた。こりゃあ、いかん、楽チンな端っこの席が取れなくなると思ったので、ブランチは断念。近くのコンビニでサンドウィッチ、コーヒー、ネギトロ巻を購入して席で食べることにする。その甲斐あってちゃんと端っこの席に座ることができました。

 これから約5時間、あなたの目はあなたの体を離れ、この不思議な演芸の世界に入っていくのです・・・。

 前座さんのへったくそな「子誉め」(女性の噺家さんであった)や昇進したてでどうも中途半端な2つ目さんとか、寄席に行かないとその雰囲気を味わえないンです。地方の落語会や独演会ではこれがないンです。もちろん、ボーイズ芸や漫談、漫才、マジック、曲芸、紙きりなんかも寄席にこなきゃ見れないンです。 

 まあ、入場料は3,000円とお高いのがアレですが(笑)。ちなみに上野鈴本演芸場は2,800円、上野広小路亭なら2,000円だい!

 番組は三遊亭 美るく 古今亭 ちよりん(どちらも女性)  曲芸 ストレート松浦 落語 三遊亭 伊織寿・二ツ目昇進歌むい改め 落語 古今亭 菊生 漫才 ホンキートンク 落語 柳家 三三 落語 春風亭 勢朝 漫談 林家 ペー 落語 古今亭 菊寿 落語 三遊亭 円丈 奇術 マギー 隆司 落語 柳家 さん喬 
-お仲入り- 
落語 柳家 禽太夫 漫才 笑組 落語 古今亭 菊之丞 落語 桂 南喬 紙切り 林家 正楽 
主任 古今亭 志ん弥 

 なにしろ日曜日ですから、稼ぎの良い仕事があるとそっちに行っちゃうもんですから(笑)、代演が多かった。円丈師匠も林家ペー師匠も代わってました。

 終了したのが午後4時半。すぐ近くの新宿三丁目駅から丸の内線で東京へ。JR線で浜松、そこからモノレールで空港へ。生ビールを一杯飲み、万世のカツサンドで第一夕食。午後7時半の飛行機で福岡空港へ到着した後、地下鉄、タクシーを乗り継いで帰宅。

 あ、もちろん、羽田空港から離陸した際に窓の外を眺めて(実際は通路側の席だったけど。隣はトイレでまったく外なんかみえなかったけど)「さらば虚飾の大都会、東京よ、それから豊洲はよ移転せえや」とハードボイルドに呟いたのはお約束だよ。

 シャワーも浴びずにぶっかけウドンでウィスキー水割りを飲んで午前1時過ぎに就寝。

|

«  12月3日(日) こんな時、どういう顔をすればいいのかわからないの。 和田アキ子がいいと思うよ。 | トップページ | 12月5日(月) 和民で許して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64590510

この記事へのトラックバック一覧です: 12月4日(日) 信地旋回するものは救われる :

«  12月3日(日) こんな時、どういう顔をすればいいのかわからないの。 和田アキ子がいいと思うよ。 | トップページ | 12月5日(月) 和民で許して »