« 12月4日(日) 信地旋回するものは救われる | トップページ | 12月6日(火) 高江の見物 »

2016年12月 6日 (火)

12月5日(月) 和民で許して

 

12月5日(月) 和民で許して
 お金がないのよ。さて、昨日の寄席見物は大変に楽しかった。落語つながりで落語芸術協会のホームページ<https://www.geikyo.com/beginner/what_class.html>を見てみたらなんだかおもしろいことが書いてあったので紹介しましょう。

 「落語家になるまで」<引用開始>落語家になるには、まず第一に真打ちの弟子にならなくてはなりません。一つの方法として、寄席や落語会に足しげく通って、入門したい師匠をさがします。(なかには、知人などのツテで師匠を紹介してもらえる場合もあります。)<中略>心に決めた師匠がいたならば、今度はなんとかしてコンタクトを取ることです。一番確率が高いのは、出演している寄席の楽屋口で待ち受けることでしょう。そして、落語への情熱や師匠に決めた動機など、自分の熱い思いを伝えます。たいがい断られますが、それでもめげずに何度もトライしましょう。その結果、弟子入りが叶う場合とそれでも断られる場合があります。弟子入りが叶うと、そこから前座見習いとなります。 <引用終了>

 ええっ、まだこんなことやっているの?そりゃ芸人の師弟関係の中で落語のそれはいささか特殊であり、前座時代に師匠との濃密な時間を持つことを要求されるのは分かるけれども、これじゃ師匠連の負担が大きすぎるのではないか。協会自ら何度もトライしましょうというのはちょっとまずかろう(笑)。

 協会の方で窓口を一本化した方がいいのではないか。まあ、そうやって効率化すると変な人が一杯来て困るみたいなことがあるのかもしれないけど(笑)。

 「真打」<引用開始>真打ちになったからといってゴールしたわけではありません。人によってはここからがスタートだという人もいます。とにかく落語家は、一生が修業で勉強していかなければならないのです。<引用終了>

 でページに掲載されているのが春風亭昇太師匠の写真。アハハハハ、イヤミか、コノヤロー! 

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、うどんウェストでカツ丼とざるそば二玉のセット。何しろ楽しみだった旅行が終わってしまって意気消沈しておりますからな、こういうので元気をつけねばなりません。その後事務所にて野菜ジュースを飲んでヴァイタミンを補給。夕食は冷凍うどんの納豆まぶし、きゅうり一本(ざくざくと大き目に切った奴に味ポンとマヨネーズを控えめに掛けて食う。

 ビールはもちろん飲まず。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『コップカー』を見る。家出中の悪ガキ2人(10歳くらい)が荒野で無人のパトカーを発見。あれ、誰もいないじゃん、あれ、鍵ついてるじゃん、乗っちゃおうぜというノリで盗んだパトカーで走り出す。

 実はそのパトカー、悪徳警官ケヴィン・ベーコンのもので彼は近くの死体投棄用の穴に死体を捨てに来たのである。一人目の死体をトランクから引っ張り出して苦労して穴まで引っ張っていってぽい。その上から脱臭用の石灰をばらばらふりかけるってイヤなリアリズムだね(笑)。

 少年たちが盗んだパトカーのトランクにはもう一人入っていた。真っ青になったケヴィン・ベーコン、自分の犯罪を隠匿するためにパトカーを取り戻そうと奔走する・・・。

 すげえ陰惨な話になるんだろうなあとわくわくしていたら(笑)これが意外とそうでなかったりして。とにかく出てくる奴がことごとくちょっとおまぬけで、少年たちはパトカーを公道で堂々と乗り回し、車内にあったライフルだのショットガンだのをいじくりまわしてみている私たちをハラハラさせる。EADを見てなんだこれはと首を傾げスイッチいれそうになる。わー、やめろう。

 ケヴィン・ベーコンはベーコンで車内に上着を置いていたものだから、上半身はシャツだけの明らかに怪しいカッコとなって自宅へ走って戻ろうとする。この走りの一生懸命さがこれまたオカシイ。途中で車を盗むのだが、ドアロックにわっかを作った靴ひもをひっかけて解除しようとして何度も失敗する。これをまたじっくりと見せるのである。

 パトカーのトランクに入れられていた男はまだ生きていた。彼は少年たちを脅してケヴィン・ベーコンを殺そうとするのだが、この時、みっともないガウン姿で隠れ場所を探してうろうろするのである。

 こういうヌルい雰囲気がおせっかいなおばさんが巻き込まれてあっさり射殺されたところからがらりと変わるという・・・。

 このあたりの緩急のつけ方が実に見事でありました。

 ハイビジョン画質は大変に良好。建物などほとんどない荒地という悪条件にも関わらず画面の奥行き感を十分に出してくる。木々の葉1枚1枚が見分けられそうな解像度の高さも魅力的だ。音声はAAC5.1チャンネル。リアサラウンドの情報量の多さには驚かされたが上方向への伸びが少し物足りなかったか。

 終了後シャワーを浴びてからダビング作業いろいろ。旅行中にたまっていたのでなかなか大変である。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時に就寝。

|

« 12月4日(日) 信地旋回するものは救われる | トップページ | 12月6日(火) 高江の見物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64590513

この記事へのトラックバック一覧です: 12月5日(月) 和民で許して :

« 12月4日(日) 信地旋回するものは救われる | トップページ | 12月6日(火) 高江の見物 »