« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

2月26日(日) いしるマリルの物語

 2月26日(日) いしるマリルの物語
 魚醤駄洒落第5弾!いよいよ『シン・ゴジラ』のUHD発売まで1ヶ月を切った。2ちゃんねるの情報によると2Kからのアップコンバート、劇場公開のフィルム版を尊重するためHDRに合わせたグレーディングはしないとのことであるが、なにUHDディスクですからな、アップコンバートでもHDRのためにグレーディングしなくてもBT2020の広色域、トーンジャンプの少なさなど、ブルーレイに比べてその画質的なアドヴァンテージは明らかですからな、僕はUHDの方を買いますよ。

 つーかね、私もう特別な思いれがある作品とか、3D以外はブルーレイソフトは買いませんから。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にサッポロ一番塩ラーメンと野菜ジュース 500キロカロリー。昼飯はバタール半分にスライスチーズ2枚、スライスハム4枚、マヨネーズで合えたシーチキン、レタス、薄切りにしてしばらく水にさらした玉ねぎを挟んだオープンサンド。600キロカロリー。夕食はカツオの刺身でビール500ml缶一本飲む。カツオ刺身は刺身醤油でづけにしたものを、そのまま味わう、ゴマを振り掛けて食べる、レタスの上に薄切り玉ねぎ、マヨネーズと共に乗っけて巻いて食べるという3種類の食べ方で楽しんだのである。半分残しておいて、これは明日お茶漬けにする予定だ。仕上げは昼飯と同じオープンサンド。刺身と合わせて700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽を聴きながら読書。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はチャンネルNECO HDで一挙放送された「ガールズ&パンツァー」 うへへへ、面白いので5.5話まで一気に見てしまいました。

 その後午後10時半からプロジェクターを起動させて東宝国内版ブルーレイの『ゴジラ対メカゴジラ』 私のこの作品に対する偏愛ぶりは皆さんご存じだろうと思うけれども(笑)、プロジェクターX770Rとブルーレイディーガ UB-Z1の組み合わせでみるとまた格別である。

 特に鮮烈な発色は今まで見ることができなかったもの。猛烈な黒浮きは相変わらずだが、この発色による画質の向上は凄いの一言。大門正明がメカゴジラ、アンギラスの決戦現場に向かって車を走らせますな。この雪道の寒々しいリアリティといったらありませんぞ。

 工業地帯で宮島博士たちと共にゴジラ対メカゴジラ第一次決戦を見守る場面でも特撮場面と齟齬がでないよう、注意深く照明が使われていることがはっきり分かったりするのです。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月27日(月) 「指原と旅する男」

 

2月27日(月) 「指原と旅する男」
 初のHKT駄洒落。コンビニ セブン・イレブンの惣菜評価。冷凍食品のチャーハン類は総じてウマい。皿に盛ってラップを掛けて電子レンジで温めろという面倒臭い加熱の仕方が指定されている商品もあるが、そんな必要はなし。フォークで袋に穴を開けてそのまま放り込めばよろしい。まあ、加熱した後で皿にあけるので火傷に注意しなくちゃならないけどな。

 冷凍食品のホウレンソウ。これはクソまず(笑)。あら、私としたことがクソまずなんて下品な言葉を使っちゃっていけませんわ、こういう場合はKMと上品に言わないと。セックスなんて下品な言葉は使わずに上品にファックと言うみたいなものですわね、ほほほほほ。

 本当に冷凍のホウレンソウというのはKMで、フツーのホウレンソウを自分で茹でて食った方が一兆倍くらい美味しい。

 冷凍食品のコロッケ、これは意外なくらい美味しかった。三分加熱後にオーブントースターモードで1~2分加熱するという手間がかかるけれども衣のさくさく感などとても冷凍食品とは思えぬできであった。

 冷凍食品のスパゲティ関係(私は世の中の全ての人がパスタ、パスタという時代になってもスパゲティという呼び名を使っていこうと思っている。アメリカでスパゲッティウエスタンと呼ばれるマカロニウエスタンに申し訳ないからである)は総じてダメ(笑)。ソースはそれなりに美味いのだが肝心のパスタじゃなくってスパゲティがべろんべろん。

 冷凍食品の餃子も皮がふにゃふにゃ。焼売類は肉焼売は濃すぎるし、エビ焼売はなんだかぐちゃぐちゃしている。

 続きはまたいつか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 350キロカロリー。昼飯は納豆とうどん。350キロカロリー。夕食はコンビニのレトルト惣菜の鶏塩焼き。フライパンで玉ねぎと共に炒めた奴にレモン汁を大目にふって食うとウマい。200キロカロリー。これで缶酎ハイ一本飲んでから昨日作っておいたカツオ刺身のづけを使ったお茶漬けで仕上げ。300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて「チャンネルNECO 全話一挙放送+「これが本当のアンツィオ戦です」+『劇場版』」放送記念で『ガルパン 劇場版』ブルーレイを再見。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供はもちろん「ガルパン」「一回戦白熱してます!」から「クラスメイトです!」まで見る。その後プロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルHD録画の『妖星ゴラス』を南極ロケット基地建設まで。冒頭の「泳いじゃおうか、水着持ってきてないけど夜だからわかんないわよ、うしししし」でのすさまじい黒浮きとトーンジャンプに驚かされるが(笑)、その後の宇宙空間場面などでは一転してちゃんとした黒が表現されるのであった。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

2月25日(土) いしるべきか死ぬべきか、それが問題だ。

 

2月25日(土) いしるべきか死ぬべきか、それが問題だ。
 魚醤駄洒落第4弾!UHDブルーレイ再生可能なスーパーマシーン ブルーレイディーガ UB-Z1。その高機能・高画質・高音質に日々魅せられているということを何度も書いている。でも、このスーパーマシーンにも欠点がないわけではなかったりするのであって・・・。

 まず第1の欠点がお部屋ジャンプリンク機能 DLAN再生が極めて不安定なこと。NASの音楽ファイルを再生しました。とってもいい音で満足しました。(その後数日経過して)また聞こうとしたらリンクが外れていました!ということが頻発するのである。

 ジャンプリンク機能を復活させようとするとUB-Z1とNASをつないでいるLANケーブルの送受を逆に接続しなおし、設定画面でリンクを再登録する必要がある。しかもこの時、UBZ1には映像出力がHDMI端子×2しか装備されていないので、いちいちプロジェクターと接続しているケーブルを外してテレビからのHDMIケーブルに接続しなおさなければならないのだ。もう面倒臭くってかなわない。

 この現象は前使用機BZT9300ではまったく発生したことがないのにどうも不思議である(少々長すぎるLANケーブルに問題があるのか)。

 第2の欠点はiリンクによるTSダビング。これも何の前触れもなくダビングできなくなってしまう。そのくせ、何もしなくても放っておくだけで数日後には復活するのだ。こっちも訳が分からん(笑)。

 どちらも致命的な欠点ではないのだが・・・。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に昨日の日記で書いた「マルタイ棒ラーメンカップ」400キロカロリー。昼飯はトースト二枚にスライスチーズ2枚、ハム、玉ねぎ薄切りを挟んだサンドウィッチ。600キロカロリー。夕食は実に質素に納豆ごはんと自分でこさえた長ネギの味噌汁、後は玉ねぎの炒め物。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『SPOOKS スプークス/MI-5』を見る。英国諜報部MI-5の活躍を描いたBBC製テレビシリーズ「MI-5 英国機密諜報部」を原案に、キャスト&スタッフを一新して製作されたという映画版。

 登場人物の一人がロンドンでの大規模テロを阻止し、さらにMI5内に救う裏切りものをあぶりだすために自らテロの首謀者にMI5本部への侵入コードを提供するという展開に唖然。本部をやっつけられるのであれば何も一般市民を犠牲にする可能性のあるテロなど必要ない、よし、テロを中止して本部へ直接攻撃じゃ!このあたりは納得できたのだが、彼らの侵入によってMI5の警備員・職員たちががんがん殺されていくのである。

 それでいて結局その場での「裏切り者のあぶり出し」には失敗してしまう。まるで、間抜けな陰謀論者の「真珠湾はアメリカの陰謀だった」みたいなものだ。犠牲となった職員たちなどまったくの犬死ではないか。

 ハイビジョン画質はあまり良いとは言えない。ノイジーだし鋭角な建造物などでジャギーが散見される。音声はAAC5.1チャンネル。堅実であるが、情報量が少なくあまり楽しめないサラウンド。

 終了後シャワーを浴びて録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 その後、チャンネルNECOで一挙放送された「ガールズ&パンツァー」 5.5話目まで編集してブルーレイメディアにコピー。

 後はだらだらと電子化した東海林さだおの「丸かじりシリーズ」を読んだりする。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

2月24日(金) しょっつる療法

 

2月24日(金) しょっつる療法
 魚醤駄洒落第3弾!某所で買ってきたマルタイ棒ラーメンカップ(いや、もう棒ラーメンじゃないけど)、なかなかに美味しい。オリジナルの棒ラーメンの化学調味料風味たっぷりで重苦しく古臭い味のスープとはまったく対照的で、旨みたっぷりながらしつこくない軽やかなラーメンに仕上がっている。

 かやくのナルトの無意味さとか(つーか、あの手のナルトってちゃんと食べている人いるのか)、あの変な肉のかけらとか弱点はあるものの、最近の本格的と称するカップラーメンの重層的な味のスープとやらがとんと苦手な私にとってはぴったりなのであった。あ、マルタイ棒ラーメンのスープを化学調味料風味たっぷりで重苦しく古臭い味とけなしているように見えますが、私はこれはこれで好きなのですよ。

 夢の話。全米で「涼宮ハルヒの憂鬱」ブルーレイボックスが「花より女子高生 フィンチ」とタイトルを変えて発売。ボックスアートでもハルヒがまるで赤毛のアンのようなデザインで全米のファンが激怒。「花より女子高生」って何?なんで「フィンチ」?と聞かれても何分夢の話なので僕自身分かりません。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝は抜き。昼飯は久しぶりの華ラーメンでラーメン+半炒飯のセット、さらに替え玉。外食摂取カロリー量暫定一律基準 1,000キロカロリー。華ラーメン、ラーメン・炒飯ともに美味しいがラーメンのスープがヌルい。

 夕食は冷蔵庫の納豆が賞味期限を1日過ぎていたことを思い出して納豆うどんで済ませる。後はレタスをマヨネーズと醤油で。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『白ゆき姫殺人事件』を見る。「インターネットはアレだ」「ツイッターとかやるやつはアレだ」「テレビのワイドショーもアレだ!」的な社会批判を上手く盛り込みつつ、それでいてミステリーとしての妙味を堪能させてくれるという、実にお得な映画。

 これは原作の手柄なのかも知れないが(私は原作は未読)、ヒロインの幼馴染に「誰もが真実を言っているとは限らない」と言わせ、さらにヒロインその人が幼い頃から心の隙間を想像で埋めるという「赤毛のアン」メソッドの実践者だったという事実を提示することで、全てはヒロインの思い込み・妄執ではないのかという疑惑を見るものに抱かせる。実に頭の良いやり方だと思う。

 このあたりがあまりにも面白かったので、ラストの解決篇には何の意外性も感じられなくて「ふふーん、うんうんそうだったのね」としか思えなかったのが残念だったけど(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。明るい発色で遠景でもその立体感を失うことがない。暗部もすっきりしており、嫌なノイズはほとんど見られず。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドはフロント・リアの繋がりがやや希薄に感じられる。森の中で鳥のさえずりが上方へうまく定位してくれないのだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時からプロジェクターを再起動させて『サザエさんの新婚家庭』を最後まで。伊藤久哉と安西郷子夫婦の住んでいるアパートが「電化台所」を採用しており、会社でも評判になっている。その台所を見物に行った部下たちが「わあ、電気冷蔵庫だ」「わあ、ジューサーだ」「わあ、電気パン焼き器(トースターなどというシャレた言葉はまだない)だ」しまいには壁の蛍光灯を指さして「電気電燈だ」「ばか、それは蛍光灯っていうんだ」

 まるで別の国の話みたいですね(笑)。

 ハイビジョン画質はチャンネルNECOのような画像破たんが少ないのがよろしい。服装などの質感なども意外に良く出してくる。プロジェクターX770とブルーレイディーガ UB-Z1の組み合わせは「日本映画専門チャンネル」コンテンツに優しいようである。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。夜中に一度ぐらりと揺れたような気がするが、地震かな、それとも夢を見て寝ぼけただけか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

2月23日(木) インターポールの捜査官ナンプラーです

 

2月23日(木) インターポールの捜査官ナンプラーです
 魚醤駄洒落第2弾!2月22日(水)放送の「世界の何だコレ!?ミステリー【今夜はUFOスペシャル!】」は実に楽しい番組であった。「裁判でCIAからUFOに関する機密文書を手に入れた男!」いかにもこの機密文書で初めて明らかにされたUFO事件が!みたいな言い方をしていたけど「1964年4月24日のニューメキシコ州ソコロにて、保安官ロニー・ザモラが空飛ぶ円盤とその搭乗員らしき人間を目撃!」ってそれソコロ事件じゃん。それ、UFO好きなら誰だって知ってるよ!

 甲府事件の二人の少年。もう50歳でしかもそのうち一人が大分県に住んでいると知ってびっくり。えらい近いところにいましたな。番組では事件以来初めてテレビに出るなんて言ってたけどこれはあからさまなウソ。オレは少なくとも一回この二人を別のUFO番組で見ている。その時はなぜかヒル夫妻みたいに空飛ぶ円盤に誘拐されたわけでもないのに、失われた時間があった訳でもないのに、催眠療法されていた(笑)。

 2015年の「たけしの超常現象スペシャル」で紹介されたSID-1おじさんが再登場。自動観測装置「SID-1」という名前がイタい。ちらちらうつる本棚もイタい。見たような本がずらずらと(笑)。

 何だか文句ばっかり言っているようだが、基本的に昭和の空飛ぶ円盤事件は楽しいので、この手の番組をもっともっと作ってほしいと思う。今度は「四国の円盤捕まえた中学生の今」みたいな企画はどうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ。600キロカロリー。昼飯は納豆うどん、400キロカロリー。夕食はコンビニの小鍋立ての水炊きとゴハン半合。たこぶつでビール500ml缶一本飲む。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『スパイタイム』を見る。珍しやスペインのスパイコメディ映画。そのギャグはいまひとつ垢抜けないが、その分ハリウッド映画にはない意地悪なユーモアが炸裂する。犬がうっかりチューイングガム爆弾を踏んづけてばらばらに!とか悪漢がヒロインの片目を組み立て家具付属のレンチでぶすっ!以降、ヒロインは眼帯をつけて出てくるとか、ちょっとびっくりだ(笑)。万人におすすめできる映画ではないけれども、私のようなひねくれて世を拗ねた男にはぴったりの作品である。

 ハイビジョン画質は良好。暗部諧調の表現が確かでいやなノイズも極小。音声はAAC4.1チャンネル。サラウンドとしては大したことはないが、BGMの品位の高さが素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は前述の「世界の何だコレ!?ミステリー【今夜はUFOスペシャル!】」 終了後プロジェクターを再起動させて東宝国内版ブルーレイ『海底軍艦』を最後まで。その高画質でムウ帝国皇帝の首飾りが実に美しく見える。轟天号に拉致されているのに「神宮寺、無駄な抵抗はやめよ」と言い放ちつつごく自然に艦長席に座る動作が本当の貴人に見える。

 こんな人に「エロよ、無駄な抵抗はやめよ」とか言われたら俺は本当にぴくりとも動けなくなり彼女のされるがままになってしまうかもしれない。

 就寝午前1時過ぎ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

2月21日(水) 「ニョクマムの色は?」

 

2月21日(水) 「ニョクマムの色は?」
 魚醤駄洒落第一弾。『サザエさんの新婚家庭』 江利チエミのサザエと小泉博のマスオがいろいろあってテレビを購入。白田肇のカツオが友達に自慢していわく「14インチの遠距離型なんだ!」 14インチというのは分かるが「遠距離型」って何?さらにサザエが「立体音響の最新型」と自慢している。

 いや、この映画自体がパースペクタ立体音響を採用しているので「立体音響」という言葉が出てくるのかまわん。しかし、テレビの立体音響となるとテレビ放送規格自体がステレオで放送される必要がある。NHKと日本テレビ放送網が音声多重放送の実験放送を開始したのが1978年であるから、これはさすがにオーバーテクノロジーすぎる(笑)。

 ひょっとしたらテレビ自体にモノラル音声を疑似ステレオ化する機能がついていたのか・・・と思ったけれども、そんなスーパーテレビがたとえ「月賦」とはいえ(劇中でテレビが頭金なしの月賦で買えることが商習慣における大革命みたいな言われ方をしているのがオカシイ)一介のサラリーマンに過ぎないマスオに手が届くものだろうか。

 なにかいろいろ面倒臭いことを考えてきたけれども、このテレビの立体音響はパースペクタ立体音響にひっかけたスタッフのお遊びみたいなことだったりして。

 本日は休み。午前8時に起床してハム、チーズ、レタスを挟んだトーストサンドとコーヒーの朝食。500キロカロリー。その後プロジェクターを起動させてUHD『ディープウォーターホライズン』を再見。その後、UBZ1のネットワーク再生でポール師匠のアルバム 「ひとりごと」を聞く。

 午後1時過ぎからお出かけ。事務所でちょっとした仕事とお片付け。後は買い物。昼飯はマグロの刺身を細かく切った奴と茹でホウレンソウでビール500ml缶一本飲んでから昨日、とあるスーパーで見つけて小躍りしながら買った「サッポロ一番醤油味」で仕上げ。ラーメンには茹でもやしをたっぷり乗っけたのでやっぱりヴァイタミン補給に隙なし。

 500キロカロリー。

 夕食は豚汁とマグロの残り。ゴハンを半合。600キロカロリー。

 本日のカロリー摂取量は1,600キロカロリーなり。

 その後、また音楽を聴きながらだらだらと読書。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。就寝午前1時過ぎ。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月21日(火) 敷居高い系

 

2月21日(火) 敷居高い系
 なんだろうな、あの意識高い系って奴ら。もうこの男はまたこまかいことをぶつぶつぶつぶつ言ってと思われるかも知れないけど、やっぱり今の「亡くなった」という言葉の使い方はおかしいよ。この間見たWOWOWの『バトルスティール』という映画でも大量殺人犯の取り調べ中、刑事が「被害者が8人から9人になった。いま病院で亡くなった」という極めて不自然な台詞が使われた。ええっ?英語のセリフでも「died at hospital」とか言っているんだぞ。

 だいたい刑事が病院で亡くなったとか言うか。「いま、病院で死亡が確認された」とかプロフェッショナルな言い方をするのではないか。親戚のおじいちゃんが病院で亡くなったんじゃないんだ、赤の他人でしかも凶悪事件の犠牲者を亡くなったとかいう刑事とかいないだろ!

 葛西臨海水族園のマグロが亡くなったとか(言葉の専門家であるべきテレビのアナウンサーがこんなバカなことを言う)とかフクロウカフェのフクロウが亡くなったというのはもちろん論外なのであるが、人の死という事象を十把一絡げに「亡くなった」で塗りつぶしてしまうような風潮もまた忌むべきである。

 この日記で何度も何度も書いているけれども、あらゆる媒体で確実にこの手の「言葉狩り」が進んでいる。

 (注 私は「十把一絡げ」という言葉を北杜夫先生の「船乗りクプクプの冒険」で覚えた。また、北杜夫先生の作品で当時は「回虫が口から出てきたりする」ということも知ったのである)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー 450キロカロリー。昼飯は久々というか、前に食べたのが思い出せないくらいの「うまかっちゃん 熊本風味」 チューブのにんにくをがりぐれと入れ、すりごまをこれまたがりぐりぐれと入れるとなかなかおいしくなった。茹でもやしを山とのせたのでヴァイタミン補給も完全である。500キロカロリー

 夕食はちょっと趣向を変えてバタートースト2枚とハムエッグ。ホウレンソウのバター炒め。600キロカロリー。朝飯だととてもリッチでゴージャスな雰囲気のメニューなのだがこれを夕食にするととたんに貧乏くさくなるのはなぜだろう(笑)。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後レンタルブルーレイの『セルフレス』を見る。実に気持ちいいほどご都合主義で細部のつじつまを考えていない映画(笑)。だいたいよう、薬飲み忘れたら記憶が蘇ってきて混乱するのなら術後2年程度リハビリと称して入院させ厳重な服用管理をすればいいじゃないか。しっかり劇中で薬を飲めば飲むほど元の記憶が失われていくと説明されているのに。

 それに顔の整形ぐらいしておけ、無精してドナーの肉体をそのまま使ってしまうから家族に「あっ、死んだはずのあなたがなぜ」ってことになっちゃうんだよ。その家族ごと抹殺しなくちゃならないという手間暇が増えちゃうんだよ。

 薬をずっと飲まずにいると、元の人格がそのまま蘇るというのもなんだかなあ。そりゃラストでお涙頂戴というのは分かるけれども、そのためだけにこんな無理やりな設定使っちゃうのは「昼間のパパ」と同じでちょっと違うのではないかと思ってしまうのだ。

 ハイビジョン画質は細かなノイズが目障り。色のにじみもあって解像感が落ちてしまっている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。リアチャンネルの音の定位が実にリアル。冒頭、左リアから声を掛けられる場面で本気と書いてマジと読むでびっくりした(笑)。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『サザエさんの新婚家庭』を1時間ほど。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

2月20日(月) 「サンバの時に何か食べたくなって」

 

2月20日(月) 「サンバの時に何か食べたくなって」
 どんな池波正太郎だ。さてブックオフの108円本で「かびんのつま 3」を入手(つい最近在庫が一新されたらしく今まで見つけられなかった本がたくさん。「アオイホノオ 1,2」「メロポンだし 2」「クッキングパパ 54」「トンネル抜けたら三宅坂 2」を同時に購入)。

 このアレな本、「かびんのつま 3」は1巻のあたりと比べるといろいろ矛盾が出てきて面白い。い、いや、面白いと言っちゃなんだが(笑)、この日記で順次、その矛盾点を指摘していこうと思っている。乞うご期待!と言いたいところだが、あのマンガ読むのきついんだよなあ。

 最近、嵌っているのが茹でホウレンソウ。ホウレンソウを買ってきて包丁で根元をザスと切り落とし(この根っこがウマいという人もいるけど土がついていることが多いので綺麗に洗うのが面倒臭い)、茎・葉っぱをさらに半分にザスと切って塩を放り込んだ鍋で茹でる。この時、あまり茹ですぎないのが肝心。茹ですぎると茎の食感が悪くなってしまう。

 冷水にとって良く冷やす。これを適量別皿に取り分けて鰹節(パックので結構)、すりごま、めんつゆを掛けて食べると実に素朴でウマい。これと比べたら冷凍食品のホウレンソウなどクソだ、ウンコだ、チンコの毛だ。

 ごまもすりごまじゃだめだ。すぐに風味が飛んでしまう。私はゴマすり器(豚骨ラーメン屋に良く置いてある奴だ)を買ってきてその都度ごりごりすっているぞ。コーヒー豆をミルで挽くのと同じで風味が長持ちするのでいいのだ、ウム。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー 300キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使った釜揚げうどんに納豆。つゆには大根おろしをたっぷり入れる。これで400キロカロリー。夕食は豚汁(300キロカロリー)、ゴハン半合(300キロカロリー)、茹でホウレンソウ40キロカロリー。

 本日のカロリー摂取量は1,340キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『バトルスティール』を見る。再び起こったアメリカ大規模テロにより息子を亡くした軍需会社の社長トム・サイズモア。復讐に燃える彼は自軍兵士の潜在意識を任意の人間に流し込み命令に忠実なロボットとしてつかう技術を開発。テロリストのみならず計画に反対する政治家や高官をも暗殺する。

 彼の非情なやり口に嫌気がさした科学者が裏切り情報を刑事である主人公に流す。主人公は彼と協力してトム・サイズモアを阻止するべく戦う!というお話。話の前後が物凄く分かりづらく(笑)、特に冒頭から30分はストーリーがぶつぶつ切れてなんだか良く分からない。

 後半からやっとストーリーが分かり出すのだが、それでもなぜか終盤にあまりにも唐突にロボット兵士みたいなのが登場。銃弾を弾き返す凄い奴なのだが主人公に首の後ろでむき出しになっていた配線を千切られてあっさりダウンするのであった。

 なお、主人公は己の潜在意識をトム・サイズモアに投影し操ることで最大のピンチを逃れる。彼の潜在意識(どうでもいいけどこの字幕の訳、おかしくないか)は無事に彼の体に帰還を果たすのだが、そのままつるっと終わってしまう。フツーだったらトム・サイズモアの精神も一緒に戻ってきていてラストのラストで主人公がちらっとこちらを振り返り「まー、わし、トム・サイズモアだもんね、こりてないもんね、これからも悪いことするもんね」的ににやりと笑ったりするのが定石だろう!

 ハイビジョン画質はそれなりに優秀。動きがぎくしゃくしたり時々あからさまにジャギーが入ったりするのにはまあ我慢しよう(笑)。音声はAAC5.1チャンネル。はい、サラウンドの情報量の少なさを大雑把な低音でごまかすというこの手の低予算映画の典型的な手法でした。

 その後、途中まで見ていて放ったらかしになっていたWOWOWハイビジョン録画の『ファング一家の奇想天外な秘密』を最後まで。前衛映像作家だった両親の影響にとらわれたままだった兄妹(ジェイソン・ベイトマン ニコール・キッドマン)がその家族関係すら大がかりなアートの一部だということを知って、新たな道を歩み始める。二人の憑きものが落ちたような表情が妙に感動的。

 でも、これって要するにキチガイの親に付き合わされて人生間違っちゃったなあという話じゃないの(笑)。

 ハイビジョン画質はさすが一般映画。低予算丸出しの『バトル・スティール』に比べると非常に落ち着いている。ふわっとしたやわらかい映像なのにちゃんと細部の情報を出してくるのである。音声はAAC5.1チャンネル。こちらのサラウンドも段違い。BGMの品位がびっくりするほど高いし、空気感の表現もまったく違う。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

2月19日(日) 「幸福の可楽」

 

2月19日(日) 「幸福の可楽」
 女優 清水富美加の「お金くれないし、待遇悪いし、いやらしい仕事をさせられるし、握手会には手がぬるぬるしているキモチ悪いオヤジがくるし、もういやだから幸福の科学の宣伝塔になりますじゃなかった出家します」騒動。待遇云々はともかく、「なぜ、みんな、あんなマトモとは言えないような気色の悪い新興宗教団体の言うことを真に受けるのか?」俺は不思議でしょうがないよ。

 米国盤UHDブルーレイ 「ウォー・ドッグス」 鑑賞。日本語字幕・音声収録。冒頭の「お前ら著作権違反したらただはすまんぞ、ぶち殺して大腸引きずりだすぞ」という警告文から日本語。メニュー画面もきっちり日本語仕様。国内盤と同じ感覚で扱える。

 先日見た『マグニフィセントセブン』の画質が今一つだったので、心配していたのだが、いやいやまったくの杞憂であった。UHDブルーレイらしい高解像度のクールビューティな映像を堪能できる。機内映画を上映している飛行機の中でもちゃんと乗客の顔が分かるのにもびっくりだ。音声はDTS-HDマスターオーディオだが、サラウンドとしての品質は高い。微細な音の情報がきちんと伝わってくる。

 映画そのものはというと、ブラックコメディとしては今一つ物足りないし、今時チェイニーとハリバートンの癒着で戦争による利益がとかとっくの昔に否定されていることを持ち出されても・・・という感じ。まあ、大好きなジョナ・ヒルは相変わらず素晴らしかったけど。イラクの兵站将校との電話で「同じクリスチャンじゃないっすか」という場面では大笑いしたよ、嘘つけ、お前、ユダヤ教徒じゃん、ケッパーかぶってるじゃんってね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼は抜き。夕食はカツオの叩きでビール500ml缶一本飲んでアンガス牛ステーキ 200グラム・ゴハン半合で仕上げ。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて前述のUHD『ウォー・ドッグス』を見たのである。終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 あの日本は独自防衛するべきです、でもわたし、細かいことは分かりませんの堤未果さんが再登場。お得意の尖閣アメリカ守りません論を言い出すが、例によってその根拠はあやふや。だいたい、この手の人たちはアメリカが直接、尖閣諸島は日米安保の対象であると言及すること自体が大変な抑止力を発揮しているという現実を理解できないのだ。

 午後11時過ぎよりプロジェクターを再起動し国内版ブルーレイの『海底軍艦』を1時間ほど。ところどころに出現する猛烈なトーンジャンプが目障りだがそれを補ってあまりあるのが発色の良さと明快なコントラスト。神宮寺大佐の第2種軍装の白、藤山陽子さんのワンピースの赤、実に鮮烈である。また闇夜のライトのHDR的な見え方も素晴らしい。

 就寝午前1時過ぎ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

2月18日(土) インテンシティ組み換え作物

 

2月18日(土) インテンシティ組み換え作物
 珍しやサッカー駄洒落。まあ、私のような人間にとっては「インテンシティ」というとクーンツの小説になってしまいますがね。先日亡くなった松方弘樹奇談。おねーちゃんの部屋にいってレッツ・メイク・ラブ・ナウ!となった瞬間部屋のドアがどんどんどん。「あ、いけない、あの人が来たわ、やばいからあなたはクローゼットに隠れて!」松方弘樹がクローゼットの扉の隙間からそっと覗いてみたら、そこにいたのは泥酔した力道山だった。

 その松方弘樹、打ち上げで皆の前に置かれたビールジョッキにブランデーをどぼどぼ注いで「乾杯!」その場に居合わせたマッチこと近藤真彦は「いや、ビールジョッキなんだからフツービールだよね」と仰天したそうな。

 力道山は常々、プロレスラーというのは常人とはけた違いの強靭な肉体を持っていることをアピールしなければならんと考えていた。酒もむちゃくちゃ飲めと弟子たちにも教えていた。ある時、力道山の飲み会に参加した新聞記者たちがこの「むちゃくちゃな飲み方」を目にしてこれはいかん、死んでしまうと先を争って逃げ出したという。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。まあ、ゴミ置き場の前にカラスに襲われた鳩の首なし死体があったりしたけどな。ひいひい言いながら片付けたのだが、その間、周囲でカラスが5羽ほどがあがあ鳴きながら飛びまわっていて、本気と書いてマジと読むで怖かったりしたけどな。

 食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。450キロカロリー。昼飯は昨日のゴマサバを使ったお茶漬け。500キロカロリー。夕食はタコぶつでビール500ml缶一本飲んで(タコぶつ 40キロカロリー)、豚肉、長ネギ、玉ねぎを炒めたものをトッピングしたカレーうどん(600キロカロリー)で仕上げ。

 本日の摂取カロリーは1,590キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『ヘイトフルエイト』を見る。冒頭から約30分ぐらいはしごくタイクツ(笑)。タランティーノが何をやりたいかさっぱり見えてこないからである。それがサミュエル・ジャクソンが南軍の老将軍を射殺するあたりからぐっと面白くなり(まあ、この射殺自体がミスディレクションなのだが)、後はごうごうと驀進していくジェットコースターの如きストーリー展開に魅了されるばかり。

 『遊星からの物体X』ネタ(音楽がエンリオ・モリコーネ 『遊星からの物体』のBGMをそのまま使っている箇所あり)も楽しかったぞ。俺は、こう言っちゃなんだが、映画にカート・ラッセルが出てくるとそれだけで安心しちゃうタチなんだ。それと監督、冒頭、駅馬車が疾走する場面は絶対、ドラキュラ城へ向かうアレですよね!

 ハイビジョン画質は秀逸。特に発色が良く、衣装の質感のリアルなこと。音声はDTS-HDマスターオーディオ。BGMの低音の躍動感が素晴らしい。

 ブルーレイとしてのクオリティは優秀の一言。これに免じて明らかなストーリー上のミス、サミュエル・ジャクソンに「この山小屋の店主は大のメキシコ人嫌いなのに、メキシコ人に店を任せて出かけるのはおかしい」と推理させているのに、そのメキシコ人が最初に山小屋に到着した時に店主は何も文句を言っていない、には目をつぶっておいてあげる。ありがたく思いな。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 鹿児島の居酒屋さえ幸のゴリパラリレー焼酎ボトルが203本目。収録日が昨年のクリスマスだったけど集まったキッズたちの数も半端ない。本当に人気番組になったんだなあ。

 後は録画の『ブースカ』 面白かったので2話~5話を一気に見ちゃったい。就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

2月17日(金) ふなっしーヘルスセンター

 

2月17日(金) ふなっしーヘルスセンター
 元ネタはご存じ船橋ヘルスセンター。いまだトルコ風呂がトルコの人たちの「俺たち、日本とは仲良くやっているつもりなのに、売春施設の名前に使うのはひどいじゃないか」という真っ当至極な抗議によりソープランドと改名する前、小岩であったか街中に「トルコセンター」なる施設を発見して今より、多少純情だった私はトルコだけでもあれなのにそれがセンターになっているなんて、いったいあの建物の中でどんなことが行われているのであろうと戦慄したものである。

 <http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/308662> 西日本新聞の2017年2月17日の社説 原発避難いじめ 心に潜む差別の根を絶て

 誠にごもっとも、ごもっとも。しかし、この西日本新聞は北九州市への震災瓦礫搬入反対という明らかな震災者差別・いじめに加担していた。反対団体を主宰する女性(47)を異様なまでに持ち上げていたのだ。少し長くなるが当時の私の日記を引用させて頂く。

 <<2012年12月13日 朝刊 34面 風のあとに 民意の行方から抜粋して引用>「子どもが死ぬんぞ」「人間か、おまえら」 5月、北九州市小倉北区の不燃物保管施設。宮城県の震災がれきを搬入しようとしたトラックは門の前で立ち往生した。

 座り込むのはがれきの試験焼却による放射性物質拡散を恐れる人たち。市職員に詰め寄る一群の中に、反対団体を主宰する女性(47)もいた。

 ネットで反対派結集を呼び掛けた。「全く知らない人も来た」 

 同じ夜、ネットの短文投稿サイトに「市長殺害宣言が書き込まれる事件があった。別のサイトでは、女性の団体が「過激派と手を組んだ」とやり玉に挙げられた。

 「国の説明は信じられるのか」。ひとたび“特殊な人”と色分けされると、何を言っても通じにくくなった。ならば直接、政治に関わろう-。女性は来月の市議選に立候補するつもりだ。

 反対運動は広がらない。娘が3人。夫からは「顔を出すのはやめたら」と言われる。けれど、女性は話す。「イメージで○か×で判断されているのでは。問題の本質を見ず、右にも左のも揺れる民意に怖さを感じます」(敬称略)<引用終了>

 繰り返していうが何の安全上の問題もないがれき搬入・焼却への執拗な妨害は被災地の人々に対する差別・いじめである。西日本新聞は彼らの差別・いじめに他ならない醜い感情を正すどころか助長していたのである。そうした愚行を反省するどころかまるで他人事のように「原発いじめはいけませーん」 

 私は忘れないぞ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとカップみそ汁。250キロカロリー。昼飯はもやしをたっぷり入れたサッポロ一番塩ラーメン、500キロカロリー。夕食はたくさんの野菜を入れた味噌汁、ゴマサバをどんぶり飯に乗っけたゴマサバ丼。おおよそ600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHDブルーレイの『マグニフィセント・セブン』を見る。いやあ、『七人の侍』『荒野の七人』成分は『サボテンブラザース』よりよほど薄めですな(笑)。ピーター・サースガード演じるところの資本家ボーグは『七人の侍』の野伏り、『荒野の七人』の盗賊、とは違って追い詰められたところがない。強大で絶対的な悪の象徴となっている。この資本家のやりたい放題の横暴は西部劇のテーマの一つであるが、それでも『七人の侍』『荒野の七人』な世界観とは合わないのではないかと思うのである。

 UHDブルーレイの画質は一言で言ってざらざら。映画の雰囲気には似合っているのだが、UHDならではの高画質とは言えないようだ。ただHDL(ハイダイナミックレンジ)の威力はこの作品でもいかんなく発揮される。屋外のぎらついた太陽の光、屋内のずしんと重苦しく沈んだ黒、この対比はブルーレイでは出せない。

 音声はドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。気のせいか、サラウンド音場が広大化し、さらにち密化しているように思えてならんのだが。

 終了後シャワーを浴びる。後はいろいろ。「ケンミンショー」 もうおかしく聞こえる方言講座には飽きた。もう各地での美人さん探しも飽きた。もう地元グルメだけでよろし。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時に就寝。20分後悪夢を見て飛び起きる。また悪夢を見てはかなわないので部屋に戻ってテレビをだらだら。入眠剤をもう1錠追加して午前2時過ぎに再就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

2月16日(木) ビート・器量良し

 

2月16日(木) ビート・器量良し
 何を目的とした駄洒落なのか判然としませんな(笑)。米国盤UHDブルーレイ『荒野の七人 2016』、『ワードッグ』、『モーガン』が到着。発送が現地時間の2月4日、到着が日本時間の2月15日だったから時差を考えてもほぼ10日で到着したことになる。最近のアマゾンは発送が安定していてフルスケールで荷物のトラッキングができるし、「1ヶ月半掛かってようやく到着したDVDのパッケージがぐにゃぐにゃ。シンガポールの空港で湿潤しました、すいませんと日本語の付箋がついていた」とか「訳の分からないトーストに振り掛けるチョコレートソースのようなものが送られてきた」とか「注文した覚えのないロックグループのコンサートブルーレイが送られてきた」という事故も起こらなくなった。アマゾンのシステムも日々進化しているのである。

 しかし、日本で私の家が不在で配達できなかった、ということを米アマゾンからメールで直接伝えてくるのはいかがなものか(笑)。「Sorry we missed you. We tried, but we weren't able to deliver your package today. We'll try again on the next business day.」そんなのコッチで配達している佐川急便に任せとけ。海の向こうからほぼリアルタイムでこんなメールが送られてくるとなんだかスパイ衛星で監視されているんじゃないかと思っちゃうぞ(まさか、本気でこんなことを考えている訳ではないので誤解なきよう)。

 さっそく、3枚の中から『モーガン』をチョイス。プロジェクターによる大画面鑑賞をしてみたのだが、こりゃまた先日驚かされた『パシフィック・リム』UHDよりさらに高画質だったという。マスターは同じく2Kで4Kへのアップコンバートが行われているのだが、まったく不自然さがない。冒頭の海の波濤の表現、俯瞰でとらえた巨大なつり橋など、アップコンバートのハンディを微塵も感じさせぬ高解像度映像である。

 また、劇中後半で主要な舞台となる森の映像も素晴らしいの一言。木の葉1枚1枚が存在を主張してくるかのようである。またHDL(ハイダイナミックレンジ)と広色域(DCI P3カバー率100%、BT.2020カバー率80%以上)対応カラーフィルターの力で靄のかかったいかにも湿っぽい森の空気感まで見事に再現してくれるのだ。

 90分程度の映画だったので終了後にレンタルブルーレイの『ヘイトフルエイト』を30分ほど見たのだが、その差は歴然。この『ヘイトフルエイト』もブルーレイとしてはなかなかの高画質なのだが、もう次元が違う。

 肝心の映画の内容はうーんちょっと(笑)。殺される雰囲気ぷんぷんで出てきて、やっぱり無残に殺されるポール・ジアマッティは良かったですけどね。モーガンをかばう科学者たちもぼこすか殺されて、人間の自業自得感が凄かったです。なんで人類はだいたい最後には狂って皆殺しにされるのが分かっているのにああいうアンドロイド、人工生命体を作りたがるんですかねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯は素麺1把を使った納豆大根おろしぶっかけ素麺。300キロカロリー。夕食はホウレンソウの味噌汁(笑)、ハムエッグ、ゴハン半合。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の米国盤UHDブルーレイ 『モーガン』を見たのである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

2月14日(水) キャプテン壺算

 

2月14日(水) キャプテン壺算
 一応、元ネタを説明しますとですね、「キャプテン翼」と落語の「壺算」だったりするわけですよ。生まれて初めてチーズフォンデュなるとてもおしゃれな料理を作ってみた。作ったと言っても最近のスーパーには電子レンジ用チーズフォンデュセットなるものが売っていて袋に入ったチーズを電子レンジで2~3分加熱するだけでできてしまうのである。20分ぐらいでは冷えて固まったりしないのでテーブルにそのまま持ってくればいいのだ。

 このチーズフォンデュで食べるのはバタールと細かく切ったハム。バタールを手でびりりと千切りチーズをなするようにして食べる。うん、ウマい。今度はバタールの上にハムを乗っけてスプーンでチーズを垂らして食べる。うん、これもウマい。しかしなんというか味が単調ですな。いかにチーズ好きな私とはいえ、最後の方ではちょっと飽きてきてしまいました。

 まあ、バタールを全部食っちまった男が言うことじゃないですけど(笑)。

 本日は休み。午前9時に起床してだらだらとコーヒーを飲む。午前10時に事務所へ出てちょっとしたお仕事。なに仕事といっても倉庫に保管してあった燃えないごみを10袋ばかりだしただけ。うん、大したことないんだよ。その後、スーパーに出かけて前述のチーズフォンデュとバタールを買ってきてビール500ml缶一本と共に食べたのである。

 その後、音楽を聴きながらキンドルで森見登美彦先生の「ペンギン・ハイウェイ」を読む。

 夕食は茹でたホウレンソウ、ネギトロで缶チューハイ一本飲んでネギトロ丼で仕上げ。半分食べてお茶漬けにしたけれども前のサバほど美味しくはなかった。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ 『モンスターホテル2』を再見。終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 午前12時過ぎからプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『トップハット』を30分ほど。ハイビジョンの高画質で初めてアステアのスーツ、服飾品が非常に高級であることが実感できる。こういうのも映画の楽しさだと思うのだけれども、なんで、みんな画質に無関心なのかなあ。

 就寝午前1時過ぎ。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月14日(火) 『巨乳グワンジ』

 

2月14日(火) 『巨乳グワンジ』
 やっぱりレイ・ハリーハウゼンはおっぱい星人であった!今の部屋にJCOMを導入する時、来てくれた営業の人は若くて美しい女性であった。前にもこの日記に書いたと思うけれども、こういう若くて美しい人の営業というのは大変に困る。目のやり場に困るからである。フツーに正面を向いていたら「あらあらまあまあ、このオヤジときたら、私の顔ばっかり見ていていやらしい」と思われるであろう。かといって視線を下に落とせば「あらあらまあまあ、このオヤジときたら私の足ばっかり見ていていやらしい」と思われる。どっちに転んでも「いやらしい」と思われてしまうのである。こんな損な話はない。神経が疲れてかなわないのである。こういう女性の営業の人はある程度年齢を重ねた人が望ましい。

 さて、JCOMの手続きが終了し、開通工事の人がやってきた。同じく若い女性だったが、この人はどうしたことか眼帯をがーっと掛けていた。私は思わず「今時眼帯少女かよ、それにしても営業の人と、工事の人とですげえ落差だな」と考えてしまい、笑いをこらえるのに苦労したのである。

 こういう不意打ちも困る。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。夕食はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はおでんと卵入りラーメン。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて珍しくも東宝ブルーレイ『ラドン』を見る。ウウーム、このブルーレイソフトは画質が悪いという印象しかなかったけれどもブルーレイプレーヤー、プロジェクターなど再生機器の性能向上によって、見違えるほど良くなった。黒はあいかわらず浮いているが(笑)発色が驚くほど鮮やかで映像全体が明るく華やかになった。解像度も高く、西海橋からバスで逃げる観光客の皆さんとか1人1人の顔が見分けられそうである。

 その分、冒頭で喧嘩する二人の男、由造さんと五郎さんのメイクがやたらにきつく顔立ちがくっきりしすぎていて、まるで隈取している歌舞伎役者のように見えてしまうのだが(笑)。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

2月13日(月) 『巨乳百万年』

 

2月13日(月) 『巨乳百万年』
 実はレイ・ハリーハウゼンはおっぱい星人であった!ポール師匠のCD 「KODACHROME AT THE TOKYO DOME」 91年10月12日、 「BORN AT THE RIGHT TIME TOUR」 東京ドーム公演を収録ってでえええええ、こ、この公演、オレ、見に行ったよ。わざわざ福岡から上京していったよ。そんな音源あったの!ということでたまらず注文。収録曲目が「Kodachrome」「Born At The Right Time」「Me And Julio Down By The Schoolyard」「Bridge Over Troubled Water」「Proof」「Graceland 」「The Obvious Child」「Loves Me Like A Rock」「Diamonds On The Soles Of Her Shoes/You Can Call Me Al」「Still Crazy」「America」「The Boxer」「Mrs. Robinson」「The Sound Of Silence」で「追憶の夜 Late In The Evening」が収録されていないのがなんとも残念だけど(この公演でのアレンジがめちゃくちゃカッコ良かったのだ)、それは言っても仕方があるまい。

 このCDが届いたらさっそく26年昔にタイムスリップさせて貰いますのでよろしくね!

 UHDブルーレイニュース。「ハリーポッターシリーズ」全8作がUHDブルーレイ化。その第一弾は3月28日発売の 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007)『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2008)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)  ワーナー初のDTS X音声が採用される。UHDブルーレイのみ日本語音声・字幕収録(予定)というからT子にも楽しんでもらえるだろう。

 第二弾、ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)は今年後半のリリースが予定されている。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は納豆+大根おろしでソーメン一把。300キロカロリー。夕食はサザエの刺身(笑)40キロカロリー、ベビーホタテバター焼き 250キロカロリーで缶ビール500ml缶一本飲んでレトルトのカレーで仕上げ。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,390キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて久しぶりにブルーレイ 『ガメラ2 レギオン襲来』を見る。UBZ1とX770の組み合わせでみると、こりゃまた凄い画質だなあと。そりゃ4Kアップコンバートの結果としてフィルムグレインが強調されてざらざらだけど(笑)、掘り起こされる暗部の微細な情報、色の美しさ、質感の表現、奥行き感などまるで別物である。水野美紀さんも神々しいまでに美しい。美しすぎてもはや水野美紀などと気安く書けぬ。水野美紀さんとさんづけするしかなくなるのである。

 足利決戦のミニチュアセットも見事、見事。画質が良くなると安っぽく見えるなどという初心の者がいるが、そんなのは嘘っぱちである。質の良いミニチュアセットは画質が良くなれば良くなるほどその本領を発揮する。歩道橋のウェザリングや空き地にどさと積まれた粗大ゴミとか、ほとんど芸術だよ、ゲージュツ。

 まあ、サラウンドはやっぱり今一つというか、今三つぐらいだけどね(笑)。
 
 終了後シャワーを浴びてお酒(肋骨さんごめん)。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 カレー作りでナンを担当した斉藤優、ネットで調べて材料を買ってきたのだが、作り方がまったく分からん。スマホで調べようとしたら圏外でやっぱり分からん。仕方ないので彼は実にテキトーに作る。テキトーに小麦粉に水を入れてテキトーにイースト菌入れてテキトーにオリーブオイル混ぜてテキトーにこねてテキトーに発酵させてテキトーに焼く。こんなんでもそこそこ美味くできあがるのが不思議である。

 なお、ゴリけんはイースト菌のことをイースター菌と言い間違えて「モアイかい!」とツッコミの十字砲火を浴びていた(笑)。

 就寝午前一時過ぎ。
    

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年2月13日 (月)

2月12日(日) 東京ロマンスカー

 

2月12日(日) 東京ロマンスカー
 小田急ロマンスカーに乗ったこともなく、東京ロマンチカも知らない私が考えた駄洒落。みんな、もうとっくの昔に忘れているかもしれないけどオウム真理教は「月収40万円でラーメン店長候補」を募集していたりしたんだぞ。就職雑誌に載っていたんだぞ。まあ、その40万円はそのままオウム真理教へ寄進させられていたかもしれないけど、そんなの俺の知ったことではないからな。

 就職雑誌と言えば景山民夫先生は事務所の事務員募集しようとして「明るい人希望」という条件をつけたらそんなの今の時代、いけません、差別になりますって就職雑誌の人に怒られたそうだぞ。

 オウム真理教と言えばあの騒動華やかなりし頃、家に荷物が届いた。しかし箱にオーム電機株式会社と書いてあったので娘が怖がって近づかない、どうしてくれると怒った人がいたそうだ。でも、さすがにこれはツクリだろうと思ったね。

 ツクリと言えば子供の頃、「今からユリゲラーが念力を出します、ご家庭でスプーンが曲がったり壊れていた時計が動き出したということがあったら電話で報告してください」番組で、「コンセントにつないでいないテレビが映った」という話があったけれども、それもさすがにツクリだろうと思ったよ。そんな俺も家のスプーンを一生懸命こすってたけど(5,6年もすると今度は自分のチンコを一生懸命こするようになる)。しまいには一向に曲がらないスプーンに腹を立てて力を入れて無理やり曲げてたりしたけどな!

 超能力と言えばユリ・ゲラーブームの後で雨後の竹の子のごとく発生した超能力少年・少女。ある週刊誌で「彼らのスプーン曲げ能力を分析するためにスプーンの裏側に白いペンキを塗って撮影したのだが、撮影後、床に白いスプーンの跡が点々と残っていた。スプーンを床に押し付けて曲げたのでは?」という記事が出て、これ、分析のためとかいっているけど、確実にそいつらをハメているよなと思ったものだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝は抜き。昼飯に膳でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー暫定一律基準 1,000キロカロリー。

 夕食はアンガス牛のステーキ200グラム 600キロカロリー。後は卵2個を使ったオムレツ 200キロカロリー。せんべい 200キロカロリー。ゴハン半合300キロカロリー。なんと夕食だけで1,300キロカロリー。昼飯と合わせると2,300キロカロリーだ、わあああ。

 なんでこんな食べ方をしたかというと、肋骨さん、どうもすいません、お酒飲んじゃいました。1週間ぶりにビールとウィスキー水割りやっちゃいました。しかも結構酔っちゃいました。

 夕食後、そのまま「ゴリパラ見聞録」などを見つつだらだら飲み続けて午前12時過ぎには寝ちゃいました。あ、シャワーは夕食前に浴びましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

2月11日(土) ダダイズム天満宮

 2月11日(土) ダダイズム天満宮
 いつもいつも私のつまらぬ駄洒落にお付き合いいただいている皆様に申し上げます。私もたまにはこんな素晴らしい駄洒落も考え付くのです(笑)。

  『錆びた鎖』 (1960年)  事故で瀕死の重傷を負った杉山俊夫、苦しい息の下から兄貴(赤木圭一郎)に向かって「俺の歌もちょっとしたもんだ、何しろ本場のダッコちゃんからアンコールきたんだからなあ。案外これが売り出しのきっかけになったりしてなあ」彼の言う「本場のダッコちゃん」とは黒人船員のことである。言うなあ、杉山俊夫(笑)。なお、この「本場のダッコちゃん」呼ばわりは2回繰り返される。

 (1960年発売の「ダッコちゃん」 発売当初の名称は「木のぼりウィンキー」、「黒ん坊ブラちゃん」であった)

 なお、杉山俊夫の事故はパクられた手形をかたに経営に強引に参加した大坂志郎による経営合理化が原因。沖中士へ過重労働を押し付ける半面で経費削減と称して塩やビタミン剤の配給をやめてしまったのである。しかし、杉山俊夫の場合、そうしたことは関係なしに、ウクレレ持って船倉の梯子を降りたのがいけなかったように思えるのはご愛嬌と言うべきか(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に卵かけゴハンと玉ねぎの味噌汁。味噌汁はわざわざ水にさらした玉ねぎを例の白出汁・料理酒のスープで煮て出汁入り味噌を入れたという手作り(笑)。だってえ、まだ冷蔵庫にたくさん残っているインスタントの赤だし味噌汁がすげえ不味いんだもん。400キロカロリー。

 昼飯は急に食べたくなったカップヌードルと茹でホウレンソウ、納豆。500キロカロリー。

 夕食はコンビニの冷凍食品「かつ煮」を使ったカツ丼と朝の味噌汁の残り。肉に飢えていたので非常に美味しかった。思わずふんがふんがと鼻息を漏らしてしまったほどであった。600キロカロリー。

 本日のカロリー摂取量は500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイ 『ヘイトフルエイト』を見始めたのだが30分を過ぎたあたりで突然、画面がフリーズ。盤面の汚れが原因らしいのだが、クリーニングクロスで拭いてみても状況は改善されず。嫌になって放り出す。仕方ないので、今までちびちび見ていたチャンネルNECOハイビジョン録画の『忘れるものか』を最後まで。結局成就することがなかった裕次郎、星由利子、二谷英明、市原悦子の恋愛模様が切ない傑作。美しい京都の街並みも見ものだ。ただ一つ、不満を言わせて貰うなら、どうも田崎潤のボスが今一つだったなと。いや、顔面の強面さでは相当なものなのだが(笑)どうも台詞回しが上品でカッコ良すぎていてねえ、日活の二本柳寛、安倍徹、金子信雄などの面々からするとひ弱に見えてしまうのですよ。

 ハイビジョン画質はその明るい発色に驚かされる。解像度やモザイクノイズは仕方ないのだが、白の伸びが良く東宝ブルーレイの『地球最大の決戦』の華やかな映像に良く似ているのだ。おそらく今まで見てきたチャンネルNECOの日活アクション映画群の中でも最高峰の画質と言えるだろう。

 終了後シャワーを浴びて録画しておいた「ゴリパラ見聞録」など。

 午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させて前述の『錆びた鎖』を40分ほど見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

2月9日(木) 「天女のハルバード」

 

2月9日(木) 「天女のハルバード」
 羽衣を盗んだりするとこれでガンッとやられる。さて、本日は私の誕生日であります。53歳となってしまいました。私はこれまで馬鹿なことばっかりやって生きてきました。ここらで心機一転し、もっと馬鹿なことばっかりやってこれからの人生を過ごそうと思います。どうか、皆様、よろしくお願いいたします。

 とある爬虫類専門雑誌でライターさんがお酒を飲んでふざけていて肋骨を2本骨折。痛くて仕方ないので鎮痛剤のロキソニンをツマミに飲んでいる!みたいな記事がありまして、むむ、この人が良いのならば私だってお酒を・・・なんてことを思ったのですが、もちろん、思っただけ。飲みゃしませんよ(笑)。

 え、先日の土曜日とか葛の会でがばがばビールやらハイボールやら飲んでいたではないかですって?ああ、あの時はいいのです、何しろお医者様に「これは折れてますな」と診断される前でしたからな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。ある物件にハトが侵入し、これから産まれるであろう、子鳩のかわいげなる様子を励みに一生懸命木の枝運んで作ろうとしていた巣を容赦なく片付けたりしたのだが、面倒臭いので詳細は省かせて頂く。

 食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯は茹でもやしをたっぷり乗っけたサッポロ一番塩ラーメン。500キロカロリー。夜は白菜、玉ねぎを使った味噌汁、大根おろし、サバ抜きゴマサバ(わさび醤油に焼き海苔を散らし、すりごまを振り掛けたもの)でゴハンを半合。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 全体的に貧相な食卓で特に夕食のメニューは誕生日にふさわしくないもの。なんだ、サバ抜きゴマサバって(笑)。酒が飲めれば飲めや映画見ろやの大騒ぎもやぶさかではないのだが、今の状況では隠忍自重に努めるしかなかろう。

 その後、レンタルブルーレイの『エクスマキナ』を見る。女性型アンドロイドというのはAIとか関係なしにセクサロイドでまともに扱われず最後には反乱!というありがちなストーリーなのだけれども、この映画では男女のジェンダーをもう少し深く掘り下げて独自性を演出しているようである。

 何しろ主人公はソッチの方にあまり免疫がなくって彼の好みを分析してつくられたアンドロイドとはいえ、あまりにもたやすく恋愛感情にとらわれてしまう。アンドロイドは彼に感謝するのだが、実はそれは彼女の計算づく。主人公の手引きで研究所を脱出することができた彼女は恩人である主人公を閉じ込めたまま振り返りもせず自由の世界へと脱出していくのである。

 マッチョイズムの具現たる社長、対照的に女性に翻弄されてしまいがちな主人公、この2つの男性像の組み合わせでなんとも「イタい世界観」を作り出す。ちょっと身につまされて辛かったけど(笑)、面白い映画でありました。

 女性アンドロイド エヴァは顔面と手、足先を除いてアンドロイドそのもの。内部が透けてみえる身体構造は実にエロチックでそして美しい。彼女がカツラ被って洋服着て、フツーの人間にしか見えなくなった時は思わず、「なんだ、それじゃ意味がないんだよ」と呟いてしまったくらいであった。

 ハイビジョン画質はダメ。色のキレが悪く粒子感も強い。音声はDTS-HDマスターオーディオ。サラウンドと低音の繋がり方が絶妙。閉鎖空間における重苦しい雰囲気の際限も見事である。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の『断崖』を最後まで。この映画の上手いところはジョーン・フォンテインに疑心暗鬼を抱かせるような要素、でもそれにしちゃケーリー・グラント、意外とテキトーで頭が回るようには思えないという要素、この2つを自然な形でちりばめてあるところ。

 だから、ラストの「ああ、もうダメ、崖から荒木虎美ジャンプだわ!」(別府保険金殺人事件参照のこと)という恐怖と「なーんだ拍子抜け」という妙に明るいユーモアが違和感なく両立しうるのだ。まあ、あそこまでダメで生活力のない男を甘やかすのはどうかと思うけど(笑)。

 ハイビジョンモノクロ画質は前半と後半で明るさが違う(笑)。前半でしっかりと沈んでいた暗部が後半では白っちゃけてしまうのだ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

2月8日(水) アースマットの力、身につけた

 

2月8日(水) アースマットの力、身につけた
 だからどんな「デビルマン」なんだよ。私の可哀想な可哀想な骨折した肋骨であるが、ふだんおとなしくしている分にはほとんど痛まない。体を捻ったりしてわき腹に余計な力が掛かった時だけずくんとくる。寝返りなどはもっての他。この日の朝、午前6時半、夢うつつでうっかり寝返りしてずくん、いて、いててと姿勢を元に戻そうとして足に無理をさせたせいか、攣ってしまった。きゅううーんと足の筋肉がひきつる。ぐわっと苦悶して体を動かすと今度は肋骨がずくん、いて、いててて、以下、ぐわっ、ずくん、いて、いてててが数度繰り返された。私は心底みじめなキモチになった。

 この鬱気を散じようとして、ついついカロリーの暴走族となってしまった私。朝、卵かけゴハンに味噌汁。400キロカロリー。昼 赤のれんでラーメン・餃子三個・ミニ炒飯のラーメン定食、さらに替え玉一回。1,200キロカロリー。帰宅してからアイス最中300キロカロリー。

 夕食こそ、納豆・大根おろし・茹でホウレンソウで済ませたが(150キロカロリー)、一日の摂取カロリー量が2、100キロカロリーというトンデモないものになってしまった。やれやれ。

 本日は休み。前述の理由で午前7時には起床してしまう。午前8時過ぎまでテレビをぼけっと見てこれまた前述の卵かけゴハンで朝食。午前9時過ぎからプロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイの『レスキュー・ダウン 戦場からの脱出』を何年かぶりに再見。こう言ってはなんだが、恐ろしく退屈な映画で何度となく寝落ちして何度となく前に戻って見直す。逆にこの繰り返しが変に気持ち良かったりするのである(笑)。

 半分ほど見たところで中断。シャワーを浴びおめかして外出。事務所で亀の世話などやり、その後バスで天神へ。某警察署で肋骨骨折の原因となった無法自転車乗りの事故届を出す。その後、前述の赤のれんであんなことをやっちまったのだ。しかも、替え玉食う時に卓上のおろしにんにくをたっぷり混ぜてやったぜ、あはははは。

 帰宅してからこれまた前述のアイス最中をアイスコーヒー飲みながらがりがり齧る。それから『戦場からの脱出』の続き。やっぱり退屈だ。そして前述のような夕食を取り、その後、三度プロジェクターを起動。久しぶりの米国盤ブルーレイ『キックアス』 

 終了後シャワーを浴びてキンドルで戸梶圭太「西東京市白光団地の最凶じいちゃん・イワオ(74) 1」に読みふける。良い意味でのノンストップ戸梶暴走の復活に拍手を贈りたい。唐突に登場する双頭の大蛇とか(ゴーグではない)、異次元への通路など、そのリミットレスな想像力は、いわば「頭の悪いスティーブン・キング」だ!

 なぜかクトゥルー神話風味が入っているのも実にうれしいですぞ。

 午後10時半過ぎからプロジェクターを四度起動しWOWOWハイビジョン録画の『断崖』を1時間20分ほど。「僕は一文無しなんだ、君のお父さん、持参金どれくらいくれるかなあ」と笑顔でのたまうケーリー・グラントに「ひょっとしたらこの人、ロクデナシなのかしら」と愕然とするジョーン・フォンテインに大笑い。

 午後11時半に入眠剤を服用し、午前1時半過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月7日(火) 天下りの力身につけた

 

2月7日(火) 天下りの力身につけた
 だからどんな「デビルマン」かっての。オスプレイ馬鹿 かばさわ洋平が再び咆える!<かばさわ洋平 日本共産党の千葉市議。<https://twitter.com/ykabasawaより引用開始>またオスプレイが墜落。米メディアによると、イエメンでオスプレイがハードランディングし、負傷者が出たと報じています。一番驚いたのは米軍は事故機を破壊したとしています。なぜ事故機を米軍は破壊したのか。証拠隠滅工作なのな。危険なオスプレイは世界のガンです。こんなオスプレイが木更津に。<引用終了> 1月31日の日記より

 こんな洋平さんが、今度は赤旗新聞のなんとも胡散臭い記事で大はしゃぎ。<http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-06/2017020601_07_0.htmlより引用開始沖縄県名護市の浅瀬で昨年12月13日に墜落した米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの乗組員1人が行方不明になっている可能性があることが分かりました。

 沖縄県の翁長雄志知事ら訪米団に同行したオール沖縄会議が記者会見で明らかにしました。米議会関係者から得た情報です。米海兵隊は5人が救助されたことを明らかにしており、事故機には6人が搭乗していた可能性があります。<引用終了>

 翁長雄志知事ら訪米団に同行したオール沖縄会議の記者会見がソースってああた(笑)。

 平成11年、海兵隊ヘリCH-53Eの海上墜落事故で乗員一人行方不明。隠ぺいとかされてませんね。平成5年 F/A-182機の海上墜落事故で乗員一人が行方不明。隠ぺいとかされてませんね。なんでオスプレイだけ乗員不明を隠ぺいしなくちゃならないの。

 洋平さんのツイッター https://twitter.com/ykabasawaでは<死亡事故にならないよう、遺体を流して行方不明にしたんじゃないのか?>などと言っているものがいるが、沖縄での不時着水事故はクラスA評価だからね。それ以上の評価基準とかないからね。

 この洋平さんは放射能に対しても一家言を持っていらっしゃる。2014年6月にはhttps://archive.is/r2rRl <安全だ、どんどん食べろと芸能人を動員して大キャンペーンを展開し、漫画で鼻血出した描画(ママ)を政府あげて全力で火消ししようとする。復興予算すらキャンペーンに使うという日本。>と述べ、好評を持って迎えられた・・・訳がない(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメン1食分と茹でホウレンソウ。300キロカロリー。夕食は白菜・玉ねぎ・豚肉120グラムを使ってでっち上げた豚汁。ゴハン半合食べて800キロカロリー。

 本日のカロリー摂取量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて英アマゾンより届いたばかりの『ディープウォーターホライズン』UHDを鑑賞。一応、海底石油掘削についての基礎知識は梅原克文先生の「ソリトンの悪魔」で学んだつもりでいたのだが、やっぱりそんな付け焼刃ではダメですな。どうも英語の専門用語が良く分からずストーリーの詳細が随分と曖昧な理解に留まってしまった。一応、何か検査とかすると警告ブザーが鳴るのに、親会社から派遣されてきているオブザーバーが「作業が遅れているんだ、いいから、やれやれ」どかーん!ということは分かったのですがね(笑)。

 それでもこの映画は面白かった。特にUHDの高解像度とHDRによる油田海上リグの炎上場面は現実に起こったという事象の範疇を越えていささか不謹慎かも知れないけれどもファンタジックなまでの映像美を感じさせてくれるのである。そんな中でカート・ラッセルとマーク・ウォルバーグの二人が「大変だ、あっちに行こう」「大変だ、助けに行け」「大変だ、爆発するぞ」と右往左往するのだから、私みたいな人間が喜ばないはずがない。

 ドルビーアトモス(うちのシステムではドルビートゥルーHDとして再生)のサラウンドも禍々しいほどの迫力に満ちている。力感のある爆発音がシアタールームを震わせ、私は束の間だけど実際の現場に立ち会わせたような感覚を覚えたのだ!

 終了後シャワーを浴びてダビング作業。ブルーレイディーガのHDDで録画しっぱなしになっていた超常現象番組を2本、CM抜きしてブルーレイメディアにコピーする。

 後は読書とテレヴィ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時半に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

2月6日(月) アクメの力身につけた

 

2月6日(月) アクメの力身につけた
 どんなデビルマンか。アメリカだとアクメ社という社名が結構使われていて、出てくるたびに思わずくすくすと笑ってしまうのだが、綴りが「ACME」であり、電話帳(ABC順)の最初に載る確率が高まる為に 社名として多用されるのだそうな(ホントウか)。

 (イタリアのHOスケール 鉄道模型のメーカー アクメ社もある。アクメは正式にはAnonima Costruzioni Modellistiche Esatteの頭文字を略してACMEと表記したもの)

 <http://www.asahi.com/articles/ASK266GKHK26UTIL02B.htmlより抜粋して引用開始>「祖国へ帰れ」はヘイトスピーチ 法務省が具体例示す ③の「地域社会からの排除をあおる言動」は、「○○人はこの町から出て行け」「○○人は祖国へ帰れ」などが当たる。「○○人は全員犯罪者だから日本から出て行け」「○○人は日本を敵視しているから出て行くべきだ」など、無意味な条件や理由で誰かを排除する内容も挙げた。<引用終了>

 「火星人ゴーホーム」もヘイトスピーチ(笑)。ところで、小学生の頃、この本を親父の本棚で見つけて「ゴーホームという火星人が暴れるのか」と思ったことはナイショだよ。「空の怪物アグイー」を見つけてやっぱり「アグイーというラドンみたいな怪獣が暴れるのだ」と思ったこともナイショだよ。

 ご報告。昨日の日記でお伝えした「無法自転車乗りにひき逃げされてわき腹が痛い」事件、病院へ行ってみたらやっぱり骨折していました。治療用ベルト(コルセットと言うほど大げさなものではない)でわき腹を固定するだけの簡単な治療で治りそうですが、骨折は骨折。考えてみたら生涯初めての骨折です。「先生が折れてるねと言ったから2月6日はぽっきり記念日」です。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に久しぶりの小笹飯店の鶏味噌定食。外食カロリー摂取暫定一律基準で1,000キロカロリー。夕食は茹でたホウレンソウ(20キロカロリー)、マルタイ棒ラーメン1食分(280キロカロリー)、納豆(100キロカロリー)と大根おろし(11キロカロリー)で合計411キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,411キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『無頼漢 乾いた罪』を見る。いやあ、昨日の『イリュージョン 雑なトリック』(ウソタイトル)とかヌルいハリウッドエンターテイメントを見た後だと、こういうソリッドな韓国映画を見たくなるのである。

 いろんなしがらみを抱えつつ、殺人者を追う刑事、いろんなしがらみを抱えつつ、殺人者を庇う女。捜査上で交差した二人の人生の軌道が、これまたしがらみを抱えた一種の恋愛感情を生み出す。何しろ、いろんなしがらみを抱えた恋愛感情であるからして、その関係のベクトルはどうしても負に向かわざるを得ない。結果的に騙された女はともかくとして、すべてを知っている刑事も行く手に何が待ち受けているのか承知しつつ、どうしようもない衝動に駆られてその関係を深めていってしまうのである。

 決して楽しい映画ではなかったけれども、単純に面白い映画でもなかったけれども、やっぱりいいなあ(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。暗部のノイズがひどすぎる。音声はAAC5.1チャンネル。重低音を過剰に効かせた効果音の使い方が面白い。ぱあっとサラウンド音場が広がる感覚が味わえる。

 終了後シャワーを浴びて、ダビング作業など。「孤独のグルメ 北海道出張スペシャル」「孤独のグルメ お正月スペシャル」の2本をCM抜きして同じく元日に放送された「大食い世界一決定戦」と同じディスクにまとめる。ウム、大変にキモチが良い。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

2月5日(日) ジャニーズ洗い弁天

 

2月5日(日) ジャニーズ洗い弁天
 珍しく芸能駄洒落。先日の町内会関係の飲み会で1次会から2次会会場へ移動する途中のことである。無礼な自転車乗りが私の左横腹に激突した。私は思わず「いてっ!」という聞き方によってはエレガントに聞こえなくもない悲鳴を上げたのだが、この自転車乗りは失礼千万である。謝罪の言葉を述べるどころか、停止すらすることなくそのまま雲を霞と逃げ去ったのであった。これは明らかにひき逃げと称される事例である。

 その時はわき腹に違和感を覚えることもなくその後の酒席を満喫したのであるが、それが急変の事態を迎えたのは翌朝になってからのことであった。妙に左わき腹が痛い。ひどく傷むことこそないが、寝返りも打てぬ。せきやくしゃみをすると左わき腹に響いて「うひひひい」と奇妙な声を発してしまう。

 それから1週間、シップをしてみる、はちみつを塗ってみる、醤油を塗ってみる、巷で話題の水素水を塗ってみる、痛みの存在そのものを無視してみる、片手をわき腹に当てて念を送ってみる、ブードゥの儀式をやってみるなどの方法で治療に努めたが自体は一向に改善しない。痛みは厳然としてそこに存在する。これはもう病院へ行き、医師の診察に身をゆだねるしかあるまい。

 この件を牡蠣小屋酒宴において披露したところ、ぴんでんさんがにやにやと笑って「ははは、折れてますな、肋骨ですな、私と同じですな」私は憤然とする。「貴君の骨折と一緒にされてはいかにも困る。貴君の場合は、したたかに酔った勢いで決死のダイブを敢行し、結果として己の肋骨を粉砕せしめたのである。無法な自転車乗りにひき逃げされた私は明らかに災難に遭遇したのであり、そこに私自身の過失は一片たりとも介在しないのだ」

 あー、もう五月蠅いから早く病院へ行きなよ(笑)。(後日、めでたく肋骨の骨折が確認された。全治1ヶ月なり)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。350キロカロリー。昼飯は素麺1把を納豆・大根おろしで合えたもの。300キロカロリー。夕食はサッポロ一番塩ラーメンと豚肉多めの野菜炒め。豚肉450キロカロリー、塩ラーメン450キロカロリーで900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』を見たのだが、やっぱりトリックが雑だなあ(笑)。マカオへの拉致では催眠術があまりにも万能だし、ラストへ向かって盛り上がる筈のロンドンでのゲリラパフォーマンスも何だか納得できない。

 当局の目を盗んで穴掘ったりビルに放水器や投光器を設置したりする組織「ザ・アイ」の下っ端の人たち。この人たちの苦労を考えると主人公たちのドヤ顔がどうしても鼻についてしまうからである(雨を止めたり逆に降らせたりするトリックは実際に存在するそうであります)。

 ラストの偽プライベートジェットのトリックも実に雑(笑)。あれでは悪天候に翻弄されるプライベートジェットの揺れなどは再現できるかもしれないが、離陸時の加速感とかどうしたんだと思う。またアレはあの親子が日常的に使っているプライベートジェットなのである。それを彼らにまったく違和感を抱かせないまでに完璧にコピーしたとかいくら映画としてもあり得ないだろう。

 偽物だった筈の万能キーが本物と判定された。これがあのプライベートジェット機が偽物だという証だ!というらしいのであるが、組織の人たちはそんな怪しげな機械の存在を知っていてその外見ばかりか、作動の仕方までコピーしたというのであろうか。

 こんな有能な組織の人たちがいるのだから、なんか主人公たち、いらなくね?それどころかジャマじゃね?

 ハイビジョン画質は今一つ。とにかくノイズが多く、立体感さえ阻害してしまうシーンがあった。音声はDTS-HDマスターオーディオ。パフォーマンスシーンで観客の歓声の盛り上がり方が凄い。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎよりプロジェクターを再起動させてチャンネルNECO HD録画の『鉄火場破り』を最後まで。斉藤武市監督らしい、実に隙のない名作。ばくち打ち(ツボふり)の人生を鮮やかに描き切っているのに驚嘆。しかも彼の人生はやはり悲劇の博徒であった父親(宇野重吉)をなぞる形で展開するのである。この構成の上手さには舌を巻かざるを得ないのだ。

 芸者・千鶴=芦川いづみ 、渡世人・藤田=小沢昭一、 カミソリの竜=山茶花究といった脇役たちもそれぞれに個性的であり、物語に埋没するところがない。特に一連の事件の後、裕次郎(関東攻)を訪ね歩く芦川いづみの姿には心を打たれる。

 ハイビジョン画質は今一つ黒が沈んでいないなあと。画質をいろいろいじってみたけれどもあまり改善せず、このあたりはどうしてもチャンネルNECOの放送規格の限界を感じてしまう。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時半に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

2月4日(土) 百均夜行

 2月4日(土) 百均夜行
 どんな妖怪や鬼だ。さて、筆者が高校生の時分は映画館に行くのも一苦労であった。何しろ映画館の存在した中洲は一歩中に入ると、市内有数といえる歓楽街であったからである。好事にも『死霊のはらわた』などという映画を見るために裏手の劇場に行こうとすると昼間から角々に犬の小便もそうはいくまいというくらい律儀に立ち並んだ客引きが筆者などにも「そこのジャンパーのお兄さん、遊んでいかない?」と雑な営業活動を仕掛けてきたものであった。

 筆者が高校生であったことを差し引いても、彼らの言動は実に奇妙ではないか。風俗というものは目の玉が飛び出てその行方さえ定かならぬことになってしまうくらいの大金を持って快楽を購おうという商業活動である。たまたま映画を見に来た男が客引きに声を掛けられて予定をくるりと変更し、泡姫の股間であえぐなどということがあり得るだろうか。否、断じて否である。そもそもそのような男が花代にたる大金を所持している筈もない。映画を見に行くのに風俗の客引きに声を掛けられることを予期し花代を用意する男などこの地球上に存在しないのである。客引きたちもそれは十分に承知している筈だ。あるいはあの営業活動は彼らの頭脳の知性活動を伴わない一種の反射的な行為に過ぎないのだろうか。

 先述したように風俗行には大金を要する。かかる大金を投入する以上、それに見合った快楽を得られなければ割に合わぬというものである。そのためには数週間前から情報を収集し、間違いのない店選びをし、少なくとも1週間前から魚食・肉食を絶ち、沐浴斎戒に努め、一切の穢れを払ってのち、決行にのぞむべきであろう。衝動的な風俗行など、何よりも忌むべきものなのだ・・・。

 何書いているんだかちょっと分からなくなってきましたが(笑)、森見登美彦先生風の文章を書いてみたかったということでご勘弁くださいな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカレーパンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は素麺二把を使った卵とじ柔麺。500キロカロリー。

 夜は久々の屑の会。福ビル屋上の牡蠣小屋でぴんでんさん、いちろうさんと共に牡蠣を食いまくって牡蠣臭い息を吐く。飲み放題のビールやハイボールもやたらにがぶがぶやる。

 いろんな話をしたが、その一切を公にすることはできぬ。会話の内容が少しでも世に漏れれば人間関係の四つや五つは簡単にぶっ壊れるだろうからである。

 午後5時に開始して午後7時に牡蠣小屋終了。その後、我々はカラオケへ移動し、2時間があがあと声を張り上げたのであった。

 解散は午後10時近く。牡蠣小屋とカラオケの勘定を支払ったら700円しきゃ残らなかったので(笑)歩いて帰宅。その後、途中で買ってきたカップラーメン、サンポー焼き豚ラーメン(豚骨カップラーメンとしては出色の美味さだと思う。これを味わえぬ他地方の人が哀れに思えるほどだ)を腹に収めてぼんやりとテレビを見る。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月3日(金) ハワード・フィリップ・ララ・クロフト

 

2月3日(金) ハワード・フィリップ・ララ・クロフト
 HPL駄洒落。1月28日の日記で嬉しそうに「ADF(オートドキュメントフィーダー)、両面スキャン対応のフラットベッドスキャナーを発見。それはエプソンのEPSON(エプソン) A4フラットベッドスキャナー DS-1630 両面対応ADF付だ!しかもそのお値段はアマゾンで39,122円! 」と書いたが、製品仕様(http://www.epson.jp/products/scanner/ds1630/spec.htm)を調べてみると、

 <読み取りヘッド移動型原稿固定読み取り 読み取りヘッド固定型原稿移動読み取り(ADF(オートドキュメントフィーダー)読み取り時)>というではないか。

 ADF使用時には走査ヘッドが移動するというのだから実質的にスキャンスナップ S1500と変わりない。フラットベッドという形態上、縦線の歪みは軽減されるかも知れないけれども「縦筋」という問題からは逃れようがないのである。

 あー、危なかった、ちゃんと製品仕様を見て良かった、会社の経費で買う気満々だったからなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 300キロカロリー。昼飯は鶏鍋の残りのスープで作った親子丼。スープが多すぎてまるで雑炊のようになってしまったが、俺の料理はこんなものだ。ゴハンが大盛りだったので700キロカロリー。夕食は醤油豚骨生ラーメン。茹でホウレンソウと柚子モツでビール500ml缶一本飲む。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイ 『ダークプレイス』を見る。ウウーム、これも一種の純愛物語というべきか、それにしては出てくる女がとびっきりのビッチ揃いというのが凄いけれども(笑)。兄貴の方も16歳の時にちょっと世話した11歳の女の子に惚れられて、それでも節度を守ってキス止まりにしていたら女の子が勝手に切れてわいせつ行為をされたと告発されてしまうという、物凄く女難にあってしまうタイプ。ああ、すくなくともオレにはこんな心配がなくって良かった。

 ただ、17歳にして主人公の子供を宿すビッチ、クロエ・グレース・モリッツが大変に素晴らしかった。彼女の28年後を演じた女優さんがこれまた絶妙に似ていて思わず笑ってしまったくらい。彼女と兄貴の子供である女の子も「秘密を知られた」と判断するなりヒロインのシャリーズ・セロンをためらいなく殺しに掛かるビッチぶり。

 巷の評価は芳しくないようだけど、私はすっごく気に入りましたよ。

 ハイビジョン画質は今一つ。コントラストが十分に取れておらず、発色も地味。音声はDTSマスターオーディオ。環境音の表現がリアルである。これで音質が良ければ文句なしなのだが・・・・。

 終了後シャワーを浴びてお酒。連日の飲酒のようだが、何しろ下手したら月曜から長期禁酒に入るかも知れないからねえ、その前に飲んでおくのだという考えはいけないんだよ、君。

 お供は「ゴリパラ見聞録」 久々にゴリけんの温泉あづう51度!事件で気が狂わんばかりに笑こける。大丈夫か、オレ。午後11時からプロジェクターを再起動させてまた「ウルトラQ」ブルーレイ。今夜は「南海の怒り」と「ゴーガの像」 この高画質で見ると田原久子さんのお顔は申し訳ないけどでこぼこだなあと(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

2月1日(水) 「野生の江戸しぐさ」

 

2月1日(水) 「野生の江戸しぐさ」
 元ネタ「野生のエルザ」のモデルとなったジョイ・アダムソンが松島トモ子のようにライオンに襲われて死亡!でびっくり。その後、ライオンではなく彼女の下で働いたことのある青年による殺人であることが判明した!で2度びっくり。さらに彼女の夫、ジョージ・アダムソンも密猟者によって殺害されていた!で3度びっくり したという駄洒落でございます。

 タック&タカチ(ウサコ・ボアン)シリーズ最新作「悪魔を憐れむ」読了。ええっ、ウサコの旦那の平塚刑事って地元でも有数の大地主の息子だったの?ウサコに対するイメージがちょっと変わってしまった。「ほほほほ、お互いに一目惚れってあらあらまあまあ、微笑ましいこと」なんて感じだったのだが、ウサコの方の“一目惚れ”には何かどす黒いものがなかったのかとついつい考えてしまうようになったのである(笑)。

 本日は休み。午前8時過ぎに起床してぼけっとコーヒーを飲む。午前9時過ぎから外出して実家でお歳暮の空き箱を整理。整理ったってびりびりひっちゃぶいて細かくしてごみ袋にぶちこむだけだけど。後は事務所でいろいろと。11時過ぎからスーパーに出かけてマグロブツ、卵、鶏肉、ゴマ、ホウレンソウを買ってくる。

 帰宅してからお楽しみの昼酒。茹でたホウレンソウ、マグロブツをツマミに缶ビール500ml一本を飲む。仕上げは残ったマグロブツで鉄火丼。焼き海苔・博多万能ねぎの刻み等々を贅沢に使ったらすごく美味かったぞ。600キロカロリー。

 その後しばらく昼寝をしてからプロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『ゾンビシャーク 感染鮫』を見る。ロボシャークに続く馬鹿鮫映画だが、2本続けてみるとさすがに耐えられん(笑)。ということで急きょ米国盤ブルーレイ『プロメテウス 3D』に切り替える。拾ってきたでっかい頭に電気刺激を与えたらむくむくぴくぴく動いて「いや、何、これ、ヤバい、チョー臭い!」 ぼっかーん!大笑いしました。やっぱり『プロメテウス』には癒されます。

 夕食のため、1時間ほどで中断。夕食は鶏鍋。白出汁と酒で味を付けたスープで鶏肉・白菜・エノキ・マイタケを煮込んだもの。これといり卵をつまみにまたビール500ml缶一本飲んでゴハンを半合。卵100キロカロリー、ゴハン300キロカロリー、鶏肉300キロカロリーでだいたい700キロカロリーぐらいか。

 本日のカロリー摂取量は1,300キロカロリーなり。

 その後はプロジェクターを再起動させて『プロメテウス』の続き。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 伝説のゴリけん嫁の「あたし、生理がこんちゃけど、あんた、私が寝ている時に何かした?」でやっぱりひっくり返って笑う。ああ、楽しいなあ。

 就寝午前1時過ぎ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月31日(火) ビーンボール暇なし

 

1月31日(火) ビーンボール暇なし
 長野県のビーンボール神社とかな。オスプレイ馬鹿再び。かばさわ洋平 日本共産党の千葉市議。<https://twitter.com/ykabasawaより引用開始>またオスプレイが墜落。米メディアによると、イエメンでオスプレイがハードランディングし、負傷者が出たと報じています。一番驚いたのは米軍は事故機を破壊したとしています。なぜ事故機を米軍は破壊したのか。証拠隠滅工作なのな。危険なオスプレイは世界のガンです。こんなオスプレイが木更津に。<引用終了>

 戦闘による損失を「また事故が!」というまあ、アレな議員ですな。一番驚いたのは鹵獲防止のための爆破を証拠隠滅とか言っていること。モガディシュの戦闘でも、ビン・ラディン暗殺作戦でも、墜落したり飛べなくなったりした自軍のヘリコプターを爆破しているのに。

 この人の論理によれば沖縄で不時着水したオスプレイも爆破しなくちゃならんのですがねえ。なんですかねえ、こういう馬鹿なことを言っているアレな人が議員でございと大きな顔をしていられるのは共産党の議員特権ってやつですか。あ、それといくらなんでも文章が下手すぎませんか。たかだかツイッターの140文字の中で2か所も変なところがあったりします。<一番驚いたのは米軍は事故機を破壊したとしています。>とか<証拠隠滅工作なのな。>とかみっともない。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。まあ、ゴミ置き場に昨夜からの雨でびしょびしょになったジーパンがそのまま捨ててあってうわあ、ひょっとしたら下にウンコがびっしりなどと思って用心しいしい拾ってみたら、そんなことはなかった、ああ、安心したみたいなことがありましたが。

 食ったもの。昼飯に久しぶりのゆきみ家味噌ラーメン+小ゴハン。外食摂取カロリー量暫定一律基準1,000キロカロリー。夕食はブリの切り身を白出汁・酒でちょいと煮てやって上から大根おろしをどさと掛けたもの。ウウーム、あまりおいしくなかったなあ(笑)。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽を聴く。ポール師匠の「ひとりごと」(There Goes Rhymin' Simon)、「リズム・オブ・セインツ」等。今まで何百回となく聞いてきた曲からさらに新しい音を引っ張りだしてくる現在のオーディオシステム。またTD725SWMK2によるドラムスやパーカッションの表現も今までとまったく違う。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びて本日アマゾンより届いたばかりの西澤保彦「悪魔を憐れむ」を読む。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »