« 3月3日(金) 「蛇の道はヘボピー」 | トップページ | 3月5日(日) 「そど子とゴモラ」 »

2017年3月 5日 (日)

3月4日(土) 「安楽死探偵」

 

3月4日(土) 「安楽死探偵」
 不謹慎駄洒落。『サザエさんの赤ちゃん誕生』 江利チエミのサザエが「あたし、無痛分娩にするわ」 清川虹子のフネ、「無痛分娩なんてとんでもない。子供はちゃんと自分のお腹を痛めて産まなければなりません」日本人はこんな昔(映画は1960年の公開)から延々とこの手の話にこだわっている(笑)。

 サザエ 「欧米じゃ100年も前からやっているわ、そんなの時代遅れよ、原始人よ」かんかんになるフネ。さらに病院食でも侃々諤々。「こんにゃくを食べると骨なしの子供が産まれるよ、ウサギ肉を食べたら兎唇(みつくち)になるよ」サザエ 「だからそんなの迷信だったら」

 フネから「赤ちゃん誕生」を電話で知らされた小泉博のマスオ、開口一番 「それでカタワじゃありませんでしたか」フネ、「ええ、大丈夫ですよ、ちゃんとみんなついてますよ、鼻が二つ、目が一つ、耳が二つって、アラ間違えたわ」時すでに遅し、マスオ、ショックのあまり失神する。カタワギャグだ(笑)。

 ウサギの肉を食べたら?この時代では一般家庭でもウサギの肉が日常的に食べられたのかと疑問に思って調べてみたら、次のようなことが分かった。ウサギの食用・毛皮利用目的の飼育は一時、日清・日露戦争の影響もあって盛んになったが、第二次大戦後は廃れてしまう。1960年に2000トンあったウサギの国内生産量は、1972年以降、統計上ゼロとなった。


 ウサギは唇が割れ、肛門が9つあるとされてきたことから、昔から妊婦がウサギを食べると、子供が痔になったり、嘔吐したり、唇が欠けたりすると信じられていた(『本草綱目』などによる)。こうした言い伝えによるタブー扱いや、飼っているとやっぱり可愛いので(笑)日本人はウサギを食べなくなったのではないか。 参考 http://www.tanken.com/rabbit.html

 なお、私はアレな人間なので兎唇と聞いて思い出すのが1968年発行の「南山宏 世界の円盤ミステリー」で紹介されていた1963年8月23日にブラジルのぺロ・ホリゼンテ市郊外の住宅地で起きたとされる第3種接近遭遇事件である。

 幼い兄弟の前に舞い降りた球形で底部の他は完全に透明だったという怪飛行物体。中から現れたのは身の丈2mに及ぶ巨人でしかも目玉が一つ、口が兎唇のような形をしていたという。

 残念なことに1984年に発行された改訂版ではこの「兎唇のような口」が「ウサギのような口」に表現を変えられてしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にトースト二枚にシーチキンをマヨネーズで合えたものと薄切り玉ねぎ、目玉焼きを挟んだサンドウィッチとコーヒー。700キロカロリー。

 昼飯は冷凍うどんを釜揚げうどんにして食べる。後はホウレンソウの茹でた奴。300キロカロリー。

 夕食はこれまた冷凍のソバをお湯に白出汁、麺つゆ、料理酒、すき焼き割したを入れたスープで食べる。卵を入れて半熟状態にしてソバに絡めながら食うとことのほか美味しかった。後は納豆。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『デーモン』を見る。寂れた林業の町、まあ、ハリウッド映画というのはこの手の田舎町に非常にキビシー訳でして(笑)何かというとド田舎の超保守的権力者が町を腐敗させたり、希望と才能にあふれた若者がここから脱出して都会へ行こう!とかさせたがったりする。この映画は前者の範疇なのだが、どうもその権力者、レイ・リオッタというのが怪しいのでして。

 ウェイトレスのヒロインにちょっかいをだし、ストーカーとなって彼女の飼い犬(猫だったかな)の首をちょきん、どんな変態じゃねんと呆れていると、実はこの男は麻薬を使って町を牛耳り、エグイ売春宿みたいなものを経営して大儲け。その金を使って部下を雇い保安官さえ手出しができないような帝国を作り上げている・・・。の筈なのだが、彼に戦いを挑もうとするアンソニー・ホプキンスやヒロインがあれこれ挑発しても、せいぜい戦うのはレイ・リオッタと部下一人。あれ、逆らうと町ぐるみで潰されてしまうんじゃなかったの?売春宿にうじゃうじゃいた手下たちはどうなったの、そんな状態で保安官も手が出せないというのはちょっとおかしくはないか。

 この映画のレイ・リオッタという存在はことによると人生に立ちはだかる様々な困難の象徴ではないかとさえ思うのである。いかに強大な敵に見えても、頑張って立ち向かえば打開策が開けるのだ、だからがんばんなさいよという製作者からの一種の応援メッセージなのではないのだろうか。

 違うと思うけどね(笑)。

 ハイビジョン画質は実にノイジーだが暗部諧調の情報が豊富で黒潰れのかけらもなし。立体感もちゃんと保持している。音声はAAC5.1チャンネル。森の環境音がちょっとわざとらしかったか。右後方からぱきりと木の枝が折れる音が露骨に響いてきて俺はびっくりしたけどな。レイ・リオッタたちに追われている筈のアンソニー・ホプキンスたちが気づかない訳がないと思うが。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 矢野ペペ奥様ご懐妊おめでとうございます。西原商会CM出演おめでとうございます。CMの踊りでゴリけんがやらかしているのは演出ですか、それともほんとうにやらかしちゃっているのですか。フツーだったら演出に決まっているけれども何しろゴリけんですからねえ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 3月3日(金) 「蛇の道はヘボピー」 | トップページ | 3月5日(日) 「そど子とゴモラ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64975039

この記事へのトラックバック一覧です: 3月4日(土) 「安楽死探偵」:

« 3月3日(金) 「蛇の道はヘボピー」 | トップページ | 3月5日(日) 「そど子とゴモラ」 »