« 3月8日(水) 「ソウダガツオなんて気にしないわ」 | トップページ | 3月10日(金) 「ローションと海」 »

2017年3月10日 (金)

3月9日(木) Gメン犬

 

3月9日(木) Gメン犬
 麻薬Gメン犬とか。『国際市場で逢いましょう』ようやく見終わった。この映画に出てきた西ドイツの鉱山の更衣室はやたらにでかい。それぞれの鉱夫の名前(あるいは番号)を書いた札が無数の鎖によって吊り下げられている。自分の名前(あるいは番号)の札をがらがらとひっぱるとフックが降りてくる。これに自分の衣類をひっかけふたたびがらがらと引き上げる。

 そして次の部屋に行くと、また鎖に吊るされた札が。これをがらがらと引っ張ると降りてくるのがフックにひっかけられた作業服。これに着替えて鉱夫たちは作業に赴くのだ。

 1人1人にロッカーなどあてがえるものか、ということで作られた施設だと思うけれども、この天井からつりさげられた鎖の数があまりにも多いので、何だか凄い絵になっている(笑)。あんなの本当に使っていたのだろうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はリンガーハットのちゃんぽん餃子5個付きセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はスペアリブおでん。大根・スペアリブ・餃子巻きを食べる。そして仕上げにマルタイ棒ラーメンのカップ。700キロカロリー。本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『ネイバーズ2』を見る。プロット的には前作とほとんど同じ、しかし、今度隣家の家に引っ越してきたのはクロエ・グレース・モリッツをはじめとする女子学生たちだった!展開もまあ、同じで、今回も重要な役を担うザック・エフロンも同じくらい変(笑)。

 ただ、ちょっと凄いと思ったのは、アメリカ中流女子の保守的なやり方になじめないクロエ・グレース・モリッツたちを始め、一緒に住んでいた親友がゲイのパートナーと結婚して追い出されたザック・エフロン等々、徹底してマイノリティの視線を使ってストーリーを展開していくところ。そもそも主人公であるセス・ローゲン、ローズ・バーンの夫婦もいまだにマリファナを手放せない、本流とは外れた人間なのだ。この映画は実にばかばかしくて迷惑で下品極まるギャグを通し彼らも実はちょっとやっかいだけれども(笑)同じごくフツーの人間たちであるという、それぞれの存在の普遍化に挑んでいるのである。

 日本だとこの個人・個人の存在の普遍化というのが私も含めてまったくできていないからねえ。このあたりは素直にうらやましい。

 ハイビジョン画質はコントラストがちょっと物足りず、夜間の場面に立体感が乏しい。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。広大なサラウンド音場が好ましい。パーティ会場の無秩序な騒音も雰囲気たっぷり。

 その後、前述のごとく『国際市場で逢いましょう』の残り20分ほどを見たのだ。朝鮮戦争の混乱になって生き別れとなった妹。彼女はアメリカの家庭に養子として引き取られていた。兄との再会の場でも彼女は英語しか話せない。唯一、覚えている兄から言われた最後の言葉 「遊びに行くんじゃない」だけ韓国語で言えるという演出はさすがに上手かった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 

|

« 3月8日(水) 「ソウダガツオなんて気にしないわ」 | トップページ | 3月10日(金) 「ローションと海」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/64995813

この記事へのトラックバック一覧です: 3月9日(木) Gメン犬:

« 3月8日(水) 「ソウダガツオなんて気にしないわ」 | トップページ | 3月10日(金) 「ローションと海」 »