« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月30日 (木)

3月29日(日) 「6番目の左翼」

 

3月29日(日) 「6番目の左翼」
 恩田陸先生駄洒落。ああ、畜生、サラウンド右チャンネル担当のパワーアンプ NuForce Reference9 V2 SEの音がでなくなった。もうこれで4度目だ。今まで突然音が出なくなりまた突然音が出るということを繰り返してきて、今度もおそらくそのうち音がでるようになると思うけれども、さすがにもううんざりだ。今度こそメーカーに送って徹底的な検査とオーバーホールを依頼しようと思う・・・とできればいいんですけどねえ、本当にお金がないのでねえ、また音が出るまでじっと待っておくしかないのか、とほほほ・・・。

 またタイミングの悪いことに音が出なくなった翌日に米アマゾンから注文していたUHDブルーレイソフトが届いたりするんだよねえ。

 本日は休み。午前9時に起床してハムエッグ、バタートーストの朝食。シャワーを浴びて部屋の片づけ。いやあ、明日からT子、Y乃がやってくるので綺麗にしておかなくちゃね(エロDVDの類をどこか見つからないところに隠しておかなくちゃね)。

 その後実家に赴き両親がため込んでいた段ボール箱の破棄作業。そのまま燃えるごみ袋に入れると何袋必要になるのか分からないのでカッターや手で細かくちぎる。それでも燃えるごみ袋の一番大きな奴が1.5袋必要になった。

 昼飯は惣菜の白身魚フライとカツオの叩き。ビール500ml缶一本飲んで大変に良い気分となる。それから柔麺で仕上げ。

 その後、先日WOWOWハイビジョンで録画しておいた『リーサルウェポン2 炎の約束』を見ようとして前述のパワーアンプの故障に気付いたのであった。こん畜生。

 この『リーサルウェポン2』というのは大変に調子に乗った映画でいきなりリッグスの「ワーオー」という雄叫びから幕が上がる。のっけからカーチェイスでリッグス、「飛ばせ、飛ばせ!」マータフが「無茶言うな、これは女房の新車なんだ」 この様子を無線で聞いていたLAPDの面々が「捕まえられるかどうか」で賭けを始めるのである。この映画に私が心を奪われたのが大変良く分かりますな(笑)。

 LAPDというのは刑事の個人所有の車をパトカーとして使用するということを教えてくれた映画でもあった(笑)。

 夕食はカツオ叩きの残りでまたビール500ml缶一本飲んで、後は昨日と同じちゃんぽんで仕上げ。その後、CATVの「ナショナルジオグラフィック」チャンネルで空母フォレスタルの火災事故のドキュメンタリーを見るが、「ミサイルと爆弾の区別がついていない」、「艦載砲が単に大砲となっている」等々の翻訳の酷さに閉口。

 言葉としてフツーにおかしいのだが。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はNHKの「幻解!超常ファイル」のファファロッキーズじゃなかったファロファキッーズでもなかったゴー、ファック、ユアセルフじゃなかったファフロツキーズの回。

 終了後プロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネル録画の『クレージーの大爆発』を見る。就寝午前1時過ぎ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月28日(火) 「クリミナル人形」

 

3月28日(火) 「クリミナル人形」
 くるみ割り人形というものがあるのだからさぞ「胡桃」というものは美味しいのかと思っていたら、そうでもなかった(笑)。『シン・ゴジラ』UHDブルーレイ鑑賞二回目。やっぱり遠景の解像度は物足りない。しかし近景のリアリティはブルーレイとは隔絶した出来で凝固剤製造プラントの映像には驚かされる。

 HDRの凄さはやはり東京の夜景+ゴジラですな。あからさまにHDRの凄さを見せつけるような映像ではないが、夜の東京でうえんうえんと体を赤く光らせるゴジラの不気味さなど筆舌に尽くし難し。やっぱりUHDブルーレイというのは凄いのだ、うん。

 しかしですな、世には『シン・ゴジラ』で使われた「宇宙大戦争マーチ」と「怪獣大戦争マーチ」の区別がつかないなどと言っている愚物がおる訳です。あのしつこく放出されるビームとか『宇宙大戦争』に決まっておるでしょうが。映像と音楽のシンクロになぜ気づかないんですか!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は朝ぺと野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯は柔麺(卵入り)。300キロカロリー。

 夕食はちゃんぽん。豚肉をごま油で炒めてその後に野菜(キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやし)を投入。後は市販のちゃんぽんスープを入れて煮立たせたところにちゃんぽん麺を入れて出来上がり。ラー油を大目に入れて食べるとなかなかうまし。まあ、700キロカロリーとハイカロリーなのはちょっと困りものですが。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、前述の『シン・ゴジラ』UHD二回目をやった訳です。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前一時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

3月27日(月) 「コーザ・ノストラ叩いてちゃんちきおけさ」

 

3月27日(月) 「コーザ・ノストラ叩いてちゃんちきおけさ」
 マフィアの宴会駄洒落。『ニューヨークの怪人』 ウィリアムの研究室に入ったヘンリー、あるものを見て立ち尽くします。それは水槽の培養液につけられた脳でした。さらにそこから電線が伸びてオシログラフやプリンターに繋がっているようであります。ウィリアムはマイクを取り上げ「ええか、ヘンリー、良く見ておくのやで」

 「りなさんは15円のガムと20円の飴を買いました。代金はいくらになるでしょう」がががとプリンターが作動して紙に打ち込まれる答え。「35円ナリ」 ヘンリーは驚愕します。

 「ゆかさんのクラスには男の子17人、女の子15人がいます。クラスはみんなで何人ですか』がががっとプリンターが作動して「32人ナリ」 ヘンリーは息を呑んで「こんな複雑で難しい計算を一瞬でこなす、この脳はアレですな、天才でんな」

 はっと気が付いて身をこわばらせるヘンリー。「お父ちゃん、まさかとは思いまっけどこれはひょっとしてジェレミーの・・・」「そうや、その通りや」いかにも得意そうなウィリアム。「わしは息子の脳を取り出して蘇らせたのや。ええか、ヘンリー、お前のオートメーション工場を作った工学の技術を生かしてこの脳に体を作ってやるのや、頼んだで」

 さて、ヘンリーの働きは目覚ましく、めでたくジェレミーの脳を入れた機械の巨人がほどなく完成いたします。支柱を使って使って直立の状態になっているジェレミー=巨人。ウィリアムは「息子よ、目をさませ、さますのや」「ウウーム・ガガガ」と呻いて意識を取り戻すジェレミー。彼の電子ノイズにまみれた視界に博士がぼんやりうつるという。あー、『ロボコップ』や!

 次に「歩け、歩け、お前は歩ける」 ジェレミー=巨人はようよう重い足を持ち上げてどすんと前に踏み出します。あー、『エピソード3』のダースベーダーや。もちろん両者ともその源イメージはフランケンシュタインの怪物なのでしょうが。

 しかし、意識を取り戻したジェレミーは開口一番「ががが、私ヲ破壊シテクラサイ。コンナ姿デ生キルノ嫌デスワ。堪忍シテツカアサイ、がががが」 ウィリアムは彼を懸命に説得します。「何言ってんねん、本来は死んでいたお前やで、お前に時間を与えたのはこのわしや、その時間を使って研究を進めて人類に貢献するのや」

 最終的に研究を続けることに同意するジェレミー。しかし、彼は条件をつけます。それは「この研究室の中でのみ実験を行うこと。私を誰にも会わせないこと」の2つでした。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は久しぶりのかつえだでちゃんぽん。外食摂取カロリー量暫定一律基準1,000キロカロリー。夕食は焼きナス一本、キャベツ千切り、出前一丁(インスタントラーメン)。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

  その後、レンタルブルーレイで『アンフレンデッド』を見る。女友達の泥酔脱糞写真をネットに上げたら大拡散されて、女友達が自殺しちゃった。1年後、スカイプで会話していた仲良しグループ(このスカイプという奴が俺は良く分からん)のパソコンに死んだ女友達の名前を名乗る怪しい人物が乗り込んでくる・・・。

 ほぼ全編がパソコンのスカイプ映像上(って言うんかいの)で展開されるというアイデアな映画。脅された挙句あっさり友達が自殺していくという訳の分からない展開が、ネットによる中傷という悪意のメタファーになっているのが興味深い。

 でもいかんせん、画面が単調で最後の30分はもう飽き飽きでしたよ。

 こんな映画だから画質・音質の評価はなし。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』を見る。ソフト化がいまだなされていない作品であり、もちろん私も未見だった。

 ようやく見ることのできた幻の作品ということになるが、ウウーム、やっぱりこれはクレージーキャッツ映画とは著しくスタイルのことなるものだなあ。クレージー映画のオシャレさ、良い意味での能天気さがまったく感じられない。何しろ筑豊の廃坑村が万引きで生計を立てている万引き村で植木等がその長というのだから。この設定はどちらかというと泥臭いドリフターズの映画を思わせる(松竹の「全員集合!!」シリーズ)。

 警察に拘留された男(犬塚弘)の妻がそりゃもう色好みで、夫がいない間に仮の夫を大募集。村の若い者を集めてストリップ見せてオーディションという場面はいくらなんでもちょっとえげつなさすぎだよ。このオレがドン引きしたくらいだよ(笑)。

 ハイビジョン画質はなかなかのもの。相変わらず解像度が低いが濃厚な発色が良い。黒もしっかり沈んでいて画面に自然な立体感がある。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前一時半過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

3月26日(日) タイガー・自尊心

 

3月26日(日) タイガー・自尊心
 いや、あの狂虎が実は意外といい人で有能な実業家であったことを知った時はびっくりしたなあ。今のプロレスはやたらにカッコ良くなっているけど、どっかの団体で泥臭い「昔プロレス」を再現したりしてくれないかなあ。

 佐藤大輔、死す。3月22日虚血性心疾患のため死去。ついに「戦艦播磨の生涯」を読むことができなかった。織田・徳川決戦も未完に終わった。ああ、オレは初めてジョン・レノンが殺害された時のビートルズファンの悲しみが分かったような気がするよ。彼が架空戦記の分野で活躍していた1990年代、大量に出版されていた架空戦記なるものは私の読んだ本に限っていえばそのほとんどがクソ同然の代物だった。まともな作家と呼べたのは佐藤大輔・横山信義・川又千秋ぐらいのものだった。佐藤大輔はその中でも隔絶した文章力・描写力、捻くれたユーモア感覚で私の心をとらえて離さなかった。まさにワン&オンリーの人だった。

 ご冥福をお祈りする・・・と言いたいところだが、もうオレはそれでは納得できん。ブードゥの黒魔術使って彼を蘇らせ「戦艦播磨の生涯」や「レッドサン・ブラッククロス」「覇王信長伝」の続きを書かせたいくらいだよ。とほほほほ・・・。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。350キロカロリー。昼飯は例のカラーラで焼いた茄子と素麺(お中元の残り)。茄子は一本を4分割して180度で焼いてみたのだが、ぱりぱりになってしまい焼きナスとは程遠い出来具合。これは一本まるごと、さらに強火(200度)で焼いた方がより焼きナスらしくなるかもしれん。300キロカロリー。

 夕食は出来合いの鯵フライとトンカツ。カラーラで温めなおしする。鯵フライは電子レンジで温めなおした時と大違い。電子レンジだとどうしてもべたついてしまうのだが、カラーラの温め直しだと衣がちゃんとさっくりしているのである。これはウマい。しかし、トンカツは今一つ。これは元のトンカツ自体があまり美味しくないためか(笑)。

 付け合せはキャベツの千切り。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを半合。1,200キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,850キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『ジェイソン・ボーン』を見る。私はこのシリーズを全く面白いとは思えなくって全作見ているのにも関わらずストーリーすら覚えていないような男である。そんな男が見るのだからやっぱり面白くなかった。前半のぐだぐだした展開に2、3度寝落ちしたくらいである。

 唯一良かったのは終盤のカーチェイスぐらいか。しかしなんぼなんぼSWATの装甲車だからと言って停車中の車列をどかばか吹き飛ばして突進できるほどのパワーはないだろうと思う(笑)。

 ハイビジョン画質は超絶的な解像度の高さに驚かされる。アテネの市街地を俯瞰でとらえたショットなど、えらいことになっとります。音声はDTS-X(ウチのシステムではDTS-HDマスターオーディオとして再生)。前後の繋がりが良く右・左両サイドにきちんと音像が定位する。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「超常幻解ファイル」 むー、南極でUFOってそれは『遊星からの物体X』じゃないか(笑)。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『電送人間』を最後まで。あの怪しい機械室のメーター類の色つやとかちょっと凄いですぞ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

3月25日(土) 『スリーマイルと深海の怪物』

 

3月25日(土) 『スリーマイルと深海の怪物』
 だからあのタコは水爆実験の放射能で巨大化したんじゃないの、元から大きかったの駄洒落。さて私は、3月20日の日記で<その揚げ物調理に関して秘密兵器を導入することにした>と書いた。その秘密兵器とは何を隠そう、ショップジャパンのノンオイルフライヤー カラーラだ!

 このカラーラが本日届いたのでさっそく鶏唐揚げを作ってみた。作り方はしごく簡単。鶏肉に日清唐揚げ粉を振って5分ほどなじませる。その間、カラーラ本体を180度で予熱しておく。後は調理バスケットに並べて180度で10分加熱。これだけでジューシーな唐揚げの出来上がり。その熱の通り具合は申し分なかったのだが、肉汁が多すぎるせいかちょっと鶏肉の臭みがでてしまっているようである。これは調理時間をもう少し長くセットした方がいいかもしれない。

 噂どおり実に簡単に揚げ物ができる。調理バスケットには鶏肉が4個ほどしか入らないので(ぎゅうぎゅうに詰め込むと加熱ムラの可能性あり)、家族4人分の唐揚げを一度に調理するという訳にはいかないけれども、何、私は一人ですからな、このくらいで十分ですよ。

 さあて、明日はこれを使って焼きナスを作ってみようっと。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップちゃんぽん。450キロカロリー。昼飯は塩サバでゴハン半合。大根おろしをたっぷり使ってヴァイタミンも補給する。600キロカロリー。夕食は前述のカラーラでつくった鶏唐揚げ200グラム。450キロカロリー。キャベツの千切り、後は素麺1把130キロカロリーで仕上げ。

 本日の摂取カロリー量は1,630キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてNHK BSハイビジョン録画の『龍の歯医者 前・後編』を見る。あー、なんだよ、戦艦同士の海上砲撃戦は冒頭にほんのちょっとあるだけかよ、おれ、これが目当てで見たのに!

 ハイビジョン画質はウウーム、NHKBSハイビジョンは画面破綻がひどいなあ(笑)。オープニングなどモザイクノイズで画面が埋め尽くされてしまう。

 音声はステレオ。サラウンド感は十分にあるのだが、やっぱり重低音が寂しい。

 その後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」 年度末恒例の傑作選。あー、これもうCSで録画した奴だよ、ゴリけんのバイト奇談(ガソリンスタンドでのバイト、車を洗車場に入れようとしてがんっ!とぶつけた、給油中のガソリンホースをうっかり上げてしまったのでホースがガソリン噴き出しながらぐるぐる回った等々)は大変面白いのだが、さすがに削除させて貰います。

 その後プロジェクターを再起動させて『電送人間』の続き。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

3月24日(金) 行け行けヒューマントーチ、どんと行け

 

3月24日(金) 行け行けヒューマントーチ、どんと行け
 思えばリブート前の『ファンタスティック4』はあの能天気な感じが実に良かったのですがねえ。はい、西日本新聞のまったく懲りてねえコラム。<http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/315620より引用開始>「お笑い芸人の売名行為」とインターネット上でたたかれた… 

「お笑い芸人の売名行為」とインターネット上でたたかれた。勉強してはね返した2人の名前が、16年度「平和・協同ジャーナリスト基金賞」奨励賞にあった。平和や反核などの分野で優れた報道をした人たちが選ばれている

▼吉本興業所属の夫婦漫才「おしどりマコ・ケン」。福島第1原発事故後の東京電力記者会見に500回以上出た。妻マコさんが質問し、夫ケンさんが記録して発信する

▼事故直後に健康被害などについて「直ちに影響はない」とする発表に疑問を感じたのがきっかけだった。マコさんは鳥取大医学部生命科学科を中退している。専門書を読んで会見に参加し素朴な質問から始めた

▼会見に出る記者も東電側説明者も年々替わる。出続けているから気付く「変だな」がある。質問して東電を何度も困らせた。参加条件が厳しくなってからは、週刊誌に書くフリー記者として出てきた

▼読んだ本の厚さは15メートルにはなるという。子どもの健康被害を巡る質問を携えて国の原子力安全委員会(当時)などの記者会見にも通った。そんな2人のことは日本テレビ系列「お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」で先月紹介された。元安全委審議官は「どんな質問が飛んでくるか毎回緊張した」と振り返っている

▼取材に行って知り合った福島の学校関係者や母親、原発作業員たちの声がマコさんの質問を後押ししてくれたという。

=2017/03/19付 西日本新聞朝刊=<引用終了>

 おしどりマコというのは原発事故で子供の甲状腺がんが!とデマをまいたアレな人物(夫婦)である。西日本新聞は大震災より6年を経過してなお、この手のアレな人物(夫婦)を持ち上げている。なんだよ、読んだ本の厚さが15mって(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯は白出汁使って作った味噌汁にゴハンをぶっこんだおじや。玉ねぎのスライスを入れたのでヴァイタミン補給もばっちりである。300キロカロリー。

 夕食は塩サバ+大根おろし、茹でホウレンソウでビール500ml缶一本飲む。なんかいい気分になって〆のゴハンを食うのを忘れていた。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『イット・フォローズ』を見る。これが意外な拾い物であった。ヒロインが恋人とセックスする。すると男が行為の疲れでぐたっとしていたヒロインに襲い掛かって首を絞める。意識を取り戻したヒロインに男は「おれはお前にあるものを移した。それに取り付かれていると、何者かに追われるのだ。それは人間だけど姿を自由に変える。時にはお前の親しい存在に化けて追ってくる。捕まると殺される。お前が殺されると次は俺の番だ、だから頑張って逃げろ!」

 訳が分からん(笑)。これ以降ヒロインはその謎の存在に延々と追われることになる。この謎の存在という奴が気が付くと画面の向こうからゆっくりゆっくり歩いてくる。だから見ているこちらとしては常に緊張し画面を注視し続けなければならないのだ。なんだ、この薄気味の悪い不安感は。これだけでこの映画がただものではないことが分かるではないですか。

 そしてさらにただものではないこと。それはヒロインの家のテレビに映るSF映画だ。あれは『宇宙からの殺人者』(1953年 http://sfcineclassics.movie.coocan.jp/killerfromspace.htm)と『金星怪獣の襲撃』(1966年 http://sfcineclassics.movie.coocan.jp/PrehistoricWomen.htm)あるいは『原始惑星への旅』(1965年 http://sfcineclassics.movie.coocan.jp/gennshiwakusei.htm)だっ!

 特に前者の『宇宙からの殺人者』は映像が見える前に漏れ聞こえてきた台詞だけで分かっちゃったよ。こんな俺は53歳ですけど大丈夫でしょうか(笑)。

 ハイビジョン画質は例によって暗部が良くない。縞状のノイズがぱちぱちと現れる。音声はAAC5.1チャンネル。前後の繋がりが恐ろしくスムース。空中を漂うBGMが素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 午前12時過ぎからプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『電送人間』 うわあ、海軍バーの電飾が鮮やか。セーラー服の女給の皆さんもやけに色っぽいぞ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

3月23日(水) 「レット・イット・ゴー赤軍」

 

3月23日(水) 「レット・イット・ゴー赤軍」
 『アナと雪の女王』地上波テレビ初放送(3月4日)記念駄洒落!おっと、忘れていた。UHDブルーレイ『シン・ゴジラ』の音声評価。収録音声は日本語DTS-HDマスターオーディオ3.1チャンネルとDTS-HDマスターオーディオ2チャンネル。視聴したのは3.1チャンネルであるが、やはりサラウンド音声としては物足りない。ヴォリュームを普段の2倍以上に上げるとようやく包囲感が出てくる。後方から前方へ突進していく戦闘ヘリの飛行音も綺麗に再生されるけれども、5.1チャンネルならこんな苦労はいらん(笑)。

 重低音はそれなりに出ているが、こんな映画で重低音が「それなり」であっていいのだろうか、いや、いいはずがないと私なんかは思うのだ。

 いっそ2チャンネル音声をAVプリアンプ AVP-A1HDで疑似サラウンド化した方が良い結果が得られるかも。

 あ、音質そのものはとてもいいですよ、うん、ほんと。

 本日は朝から人間ドック。午前7時過ぎに起床して(5時過ぎにようやく寝付いたばっかだけどな)シャワーを浴び、仕度をする。そして午前8時過ぎにタクシーを使って福岡市中央区某所の健診センターへ。そこから約1時間半、あなたの目はあなたの体を離れ採血されたり身体測定をされたり心電図とられたり腹部超音波検査を受けたりレントゲン健診を受けたりするのです。

 身体検査で前年計測時より4キロほど体重が減っていることが判明。「ええ、どうしたんですか、何かやってらっしゃるんですか」と聞かれて「いやなに、少々カロリー制限をね」とカッコ良く答える私。心の中で密かにガッツポーズっすよ(笑)。

 終了後、トイレに入ってうんこ(笑)。レントゲン健診の際に服用したバリウムをひねり出す。このバリウムがなかなか出てこない人もいて、フツー、下剤を使うのだが、そこはうんこ名人の私である。下剤など飲まずとも健診後30分でするする出てくるのだ(変な自慢)。

 帰宅後は、はい、今日は人間ドック受診のため休みにしています、何しろ1週間もの間、禁酒していました、さらに昨晩は2時間と寝ていませんということで酒飲んで寝ましたよ(笑)。つまみは冷凍食品の唐揚げと千切りキャベツ、塩サバ、大根おろしでビールやウィスキー水割りを飲みましたよ。

 2時間ほど寝て起きだし、テレビをだらだら。午後6時過ぎからやっぱりお酒。唐揚げ、千切りキャベツ、茹でホウレンソウと「ゴリパラ見聞録」をつまみに飲む。

 無性に眠たくなって午後9時過ぎにはベッドに入ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月22日(水) 『猿人チョーヤの梅酒』

 

3月22日(水) 『猿人チョーヤの梅酒』
 『猿人ジョーヤング』の駄洒落ですが何か。この『猿人ジョーヤング』のリメイクである『マイティジョー』(1998年)はヒロイン役であったシャ―リーズ・セロンがあまりに可愛かったので、その感動が間違いなく私の『プロメテウス』偏愛に繋がっているのであるというどうでもいい情報はどうですか、なに、そんなの聞きたくない、そうですか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼は久しぶりのゆきみ家で味噌ラーメンとミニカレーライスのセット。やっぱりンめー!外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウと冷凍そばを使った掛け蕎麦。350キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて本日届いたばかりの『シン・ゴジラ』UHDブルーレイを鑑賞。解像度、特に遠景のそれはちょっと期待外れ。おそらく劇場での印象に沿わせようとした結果だと思われるが、あまりにもあっさりしすぎている。せっかくのUHDブルーレイなのだ、劇場とは隔絶した細部再現度の凄みを見せてほしかったところである。

 その分、近景での細部描写は恐るべきものがあってミニチュアなどリアリティありすぎ。実景との見分けのつかなさはありとあらゆる特撮映像の中でもぴかいちだろう。また映画を彩るオヤジ役者たちの顔面のうっとおしさもブルーレイではありえないレベルである(笑)。

 HDRによる暗部描写は正直言って今一つであった。遠景の解像度と同じく劇場上映版との乖離を嫌ったためか。

 いろいろ文句はあるけれども、それでも広域化された色域 BT2020(プロジェクター X770RではDCI相当)やほぼトーンジャンプが皆無であることを考えると、UHDブルーレイの再生メディアとしてのアドヴァンテージは明らかであり、再生環境があるのならばあえてブルーレイを選択する必要などどこにもあるまい。

 あまりにもマニアックすぎて引かれるかもしれないが(笑)、今度はブルーレイソフトとの詳細な画質比較をしようと思っている。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。フツーだったらここで入眠剤を服用して寝るところだけれども、明日は人間ドック、薬は飲めぬ。結局午前5時過ぎまで眠れぬままであった。その後ベッドに入ってようやく寝付いたと思ったらはい、目覚まし時計が鳴りました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

3月21日(火) 「医者の不良少女」

 

3月21日(火) 「医者の不良少女」
 元ネタは「医者の不養生」 別にテレビでよく見かけるあの人のことなんかじゃありませんから。『ニューヨークの怪人』 即死したジェレミー。しかし、何を考えたかウィリアム、救急車を呼んで彼の遺体を自分の自宅兼研究室へ運び込ませるのでした。さっそく手術を開始。ヘンリーとアンはわずかな望みと共に手術が終わるのを待っています。

 さあ、手術が終わりました。ストレッチャーに乗せられたジェレミー、彼の頭部には包帯が巻かれています。ヘンリーとアンの問いかけに首をふるウィリアム。「あかんかったよ」 突然アナライザーが飛び出してきて「今日ハ3頭目ノ仏サマ」・・・ってやかましいわ(笑)。

 しかし、手術後もウィリアムは研究室へこもりっきりです。彼を心配するアンとヘンリー。しかしこのまま心配したってどうなるものでもありません。ヘンリーは「こんなことしてたら体に毒や、気晴らしに食事はどないでっか」案外まんざらでもなさそうなアン。

 あくまで私見ですがヘンリーはこんなことを考えていたのかも知れません。「弟が死んで間もないっちゅーにその未亡人と・・・。ああ、背徳じゃ、退廃じゃ、ソドムとゴモラじゃ、ハーレクインロマンスじゃ」

 あくまで私見ですが、ヘンリーのこの誘いには巨大な下心があるのかも知れません。水面上に見えている部分は小さくとも海面下には巨大な本体がある氷山のごとき下心。「きゃー、危ない、タイタニック逃げて―!」みたいな(訳が分からない)。

 と、一人盛り上がっているヘンリーに水を差すかのごとくウィリアムが現れて「急いで研究室へ来てんか」

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガー 500キロカロリー。昼飯は冷凍食品のソバを使った掛け蕎麦、後は茹でたホウレンソウ。300キロカロリー。この掛け蕎麦がやたらに美味かったので夕食もこれにする。後はじゃがいもと玉ねぎの味噌汁、そして茹でたホウレンソウ。400キロカロリー。こういう汁物に一味唐辛子をやたらに振り込んでやっつけると腹は満腹、体はぽかぽか。粗末なメニューでも完璧に「偽りの満足感」を演出できるのだ。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』もう前作の記憶がほとんどなくストーリーが全然分からん。中盤までケイト・ベッキンセールの娘(ライカンのマイケルとの混血児)の血が必要だなんだと言っておきながらラストの大決戦ではまったく関係なし。

 ライカンの親玉が吸血鬼族の最後の館を叩くにはその血が絶対に必要なのだと言う。しかし、その血が手に入らぬまま最終決戦に突入。昼間に戦いを始めて内部から強力な大砲?を使って館の壁をぶっ壊す。すると太陽の光が差し込んできて吸血鬼たちが消滅していく。ウウーム、やっぱり血とかいらんかったやん。

 もう後はどうでも良くなってしまいました(笑)。

 ハイビジョン画質は今一つ。暗部の映像情報が少ないため諧調推移の落ち込みが早い。いくら暗黒の物語と言っても黒潰ればかりではいかんだろ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。重低音のえげつない使い方に私は大喜びだ!

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて前述の『ニューヨークの怪人』米国盤ブルーレイを見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

3月20日(日) 『怪獣島の決戦 ゴジラの六つ子』

 

3月20日(日) 『怪獣島の決戦 ゴジラの六つ子』  
 ゴジラ対おそ松さん。昨日に続いて夢の話。何やら高級なパーティ会場。しかしそのよそよそしい雰囲気に馴染めなかった私をはじめとする一団が会場の隅っこで「揚げ物談義」に興じている。

 「スーパーの惣菜のとんかつ買ってきて冷たいままフランスパンに挟んで食べると美味しいよね」 続くは「だよねー、だよねー」の大合唱。

 「薄いとんかつを二枚いっぺんに重ねて食べると口の中が幸せになるよね」 「だよねー、だよねー」
 「揚げたてアツアツのコロッケをちょっと潰して丼飯の上に乗っけてウスターソースを掛けると美味しいよね」 「だよねー、だよねー」
 「鶏唐揚げは醤油にレモン汁と胡椒を混ぜたやつをちょっとつけて食べるとゴハンに良く合うよねえ」 「だよねー、だよねー」

 私のお題は「翌日の冷えたトンカツを電子レンジでチンすると脂が変な回り方をして、これはこれで美味しいよね」 「だよねー、だよねー」

 なんだ、この夢(笑)。

 私はかように揚げ物が好きである。その揚げ物調理に関して秘密兵器を導入することにした。これが何であるかはまだ秘密。4月初めの到着を持ってその全貌を明らかにするつもりである。

 『ニューヨークの怪人』(『The Colossus of New York 』 1958) ハドソン川からタイトル、クレジットがその影を川面に映しながら現れるという印象的なオープニングから続けて、はい、8mmの記録映画が始まります。食品会社の大規模なオートメーション工場の記録映像。ここにヘンリー・スペンサー博士(ジョン・バラグレイ)の画期的な熱感知装置によってオートメーション工場は長足の進歩を遂げたという説明文が入ります。

 傍らで映画に見入っていたのが弟のジェレミー・スペンサー博士(ロス・マーティン)と彼の息子のビリー(チャールズ・ハーバート)。この兄弟のお父さん、ウィリアム・スペンサー博士も高名な脳外科医。有名な科学者一家なのであります。ジェレミーは感に堪えない面持で呟きます。「兄さん、あんた凄いことやりはったなあ。一家の誇りやで」「何言うてんねん、ジェレミー、お前のやったことに比べたらこんなのなんでもあらへん」

 そこへ飛び込んできたのがジェレミーの妻、アン(マーラ・パワーズ)であります。彼女は持参の新聞を広げて「あんた、やったやないの、国際平和賞受賞しはったんよ!」ジェレミーは画期的な農業技術で世界の食料事情を改善させたという功績でこの賞を受賞したのであります。

 (この技術のところが良く聞き取れませんでした。間違っている可能性もありますので、どうぞお含みおきください。なに、これがちょっと間違っていたって後のストーリーにはまったく関係ないのでご心配なく)。

 大喜びのジェレミー・アン・ヘンリー。一人、ビリーだけが「お父ちゃん、映画の続きどないなったん」とぶうたれております。

 さて、受賞のためニューヨークへロッキードL1049 コンステレーション旅客機で飛来したスペンサー一家。ニューヨーク空港には父、ウィリアム・スペンサー博士も迎えに来ておりまして新聞記者のインタビューに上機嫌で答えております。「ええか、みなさん、天才、天才いうてもその種類はみっつありますのや、第1段階の天才はその力を自分のためだけに使うしょうもないやっちゃ。ナポレオンとか織田信長、ヒトラーですな。第2段階の天才はその力を自分たちのため、自分の国のためだけに使います。そこへ行くと第3段階の天才は違う。その力を人類のために使いますのや」

 「第3段階ってレンズマンみたいですな」とツッコむ記者。

 「そんなことは言わんでもよろし。とにかくわての息子はその第3段階の天才です。ははあ、こりゃ、ちょっと親バカが過ぎましたか」

 ジェレミーたちが到着します。ウィリアム、ヘンリーと合流してさあ、ホテルにでも行って休もうか。しかし、ここで大悲劇が起こった。ビリーが飛行機の玩具を風に飛ばされて「あ、お父ちゃん、取って」「よおし、まかしとき」玩具を追って道路へ飛び出したジェレミー、折あしく通りかかったトラックに撥ねられて即死したのであります。

 続く。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は玉ねぎの味噌汁と大根おろし、焼き海苔でゴハンを半合。400キロカロリー。夕食は即席ラーメンの出前一丁。これに炒めた玉ねぎを乗っける。600キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ゾンビワールドへようこそ』 すけTシャツとかそのすけTシャツの女たちが洗車するとか、所謂「アメリカンエッチ」というのがありますな。同じようにボーリング、遊園地のバイト、レンタルビデオ店のバイト、そしてトレッキー(笑)という「アメリカンダサッ」があるのであります。

 その中でもとびっきりダサいと思われているのが時代遅れのボーイスカウト。この映画ではこのダサいボーイスカウトの兄ちゃんたちがイケてる男女をゾンビの危機から救うのである。それもボーイスカウトで習い覚えた実生活では何の役にも立たない技術を使って!

 ゾンビとの決戦を前にホームセンターへ行き、いろいろ道具を見繕って対ゾンビ兵器に仕立て上げる、このあたり、そっくり『フロム・ダスク・ティル・ドーン』の引用で、私みたいな人間を「君ィ、分かっとるねえ」と熱狂させるのである(笑)。

 周到な伏線の張り方とその回収の仕方も見事で、久々のゾンビ映画の快作に出会ったと言っても過言ではありますまい。

 ハイビジョン画質は今一つ。暗部のノイズが目立つし、発色もさえない。音声はAAC5.1チャンネル。わらわらと群がってくるゾンビたちの存在感が怖いくらいにリアル。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時よりプロジェクターを再起動し、前述の『ニューヨークの怪人』を見たのである。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

3月19日(日) 『聖たちの沈黙』

 

3月19日(日) 『聖たちの沈黙』
 「クラリス、今も聖たちの読経が聞こえるかね」夢の話。大学の講義室。講義中にも関わらず庵野秀明が来て私に封筒を手渡す。「ガメラ作るのに借りていた金、返すよ」そうだ、思い出した。私は庵野にガメラ映画製作費用として3万円貸していたのだった。封筒には58,500円と書いてある。「おいおい、貸していたのは3万円だぞ、多いじゃないか」「映画でちょっと儲けたから、まあ、投資の配当金みたいなもんだよ」

 その金でリサイクルショップに行き、かねてから欲しかった洗濯機を買う(新品でないところがまたわびしい。私の器の小ささが良く分かるではないか)。自分の部屋の洗濯機置き場に設置しホースをつないでいよいよ洗濯スタート。水を流し込む。この洗濯機置き場には排水溝の他に何か太いチューブが突き出ている。洗濯機に水を入れるとこのチューブの遥か下の方から地獄のような勢いで水が上がってきた。これはマズイ。あわてて取説を読む私。すると、付属の結束バンドでチューブを締め上げろと書いてある。そうすれば水が上がってこなくなるらしい。しかし、これが上手くいかない。私はいつまでも拘束バンド、謎のチューブ相手に悪戦苦闘する。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン(コロッケパン)とコーヒー。400キロカロリー。昼飯は大根おろしまぶしうどん。300キロカロリー。夜は冷凍しておいた豚スペアリブと玉ねぎを昨日のスープで煮込んだもの。スペアリブは食べる直前に取り出しフライパンで焼き目をつける。これでゴハンを半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『誘拐捜査』を見る。中国で実際に起きた俳優誘拐事件を題にとった誘拐サスペンス。中国警察のシスティマティックな捜査の描写がハリウッド映画並に洗練されているのにびっくり。本歌が透けて見えるけど、それでもこれだけの映像に仕立てた演出力には敬意を表さざるを得ない。

 対する誘拐犯人の容赦のない無慈悲さというのは韓国映画か(笑)。犯人グループと被害者二人が妙に仲良くなっているように見せかけて、「いや、申し訳ないけど、最初からあんたたち殺す予定だったんだわ、身代金貰ったってやっぱり殺すんだわ」束ねた赤い電線で「んふー!」と被害者の首を締め上げる!
 
 ハイビジョン画質はダメダメ。諧調推移表現が浮くか、べったりつぶれるか、モザイクノイズがうわうわと出るか、の三つしかないのには呆れた。音声はAAC5.1チャンネル。スピーカーの外にまで広がっていくサラウンドフィールドが心地よい。BGMのギターの音質も絶品であった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

3月18日(土) 青菜にシオニスト

 

3月18日(土) 青菜にシオニスト
 映画『アンダーカバー』(2016 ダニエル・ラドクリフ主演)鑑賞記念駄洒落。自炊のために買い物に行くようになった訳であるが、行きつけのスーパーが二軒ある。この二軒のスーパーの違いが意外に大きい。仮にスーパーA スーパーBとする。スーパーAは野菜・肉・魚の品ぞろえが段違い。パンや惣菜などの品ぞろえも豊富。しかし、良く言えばオーソドックス、悪く言えばワンパターンであってそれほど珍奇なものは望めない。卵の最小パックが6個からなのもマイナスポイント。一人だと卵六個はなかなか使い切れん。賞味期限内であれば生食も可能なことは分かっているけれども、私の心理としては少なく買って短い期間で使ってしまいたいのである。

 対するスーパーBは野菜・肉・魚・パン・惣菜のどれもがスーパーAに及ばない。種類が少なくおまけに陳列方式の違いなのかあまり美味しく見えぬ。ここの刺身で文句なく美味しかったのはただ一度、クジラの刺身だけだったな。一見するとクジラステーキのような一枚肉でこれを小さく切ってショウガ醤油で食べたらたまらんかった。その後一度も見かけたことはないけど(笑)。

 このスーパーBの特徴は特殊な品ぞろえ(笑)。インスタントラーメン・カップラーメンの類が実に充実している。サッポロ一番醤油ラーメン、出前一丁、そしてマルタイ棒ラーメンのカップ。また牡蠣醤油が常備してあるのも私にとっては大きなアドヴァンテージである。卵もここの最小パックは4個からあり、いささか割高ではあるが使いやすい。そしてこの卵は黄身の味が濃くてスーパーAの卵より確実にウマい。

 こういう比較をして賢い(?)買い物をするのは実に楽しい。たとえそれがあからさまな自己満足に過ぎなくても。

 仕事はまあいろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガーとコーヒー。400キロカロリー。昼飯は豚肉・白菜・長ネギを使った豚鍋。白出汁・料理酒で薄めに味をつけたスープで前記の材料を煮て博多万能ねぎの刻みと味ポンを掛けていただきまーす。こんなんでも美味しく食べられるんですのよ、ゴハン半合があっという間にお腹の中に納まってしまったんですのよ。700キロカロリー。

 夕食はこの豚鍋のスープで作ったうどんすき(もどき)。玉ねぎ・白菜・長ネギを煮込んですき焼きのたれでちょっと濃いめに味をつける。そして冷凍うどんを放り込んで出来上がり。これを溶いた生卵を使って食べる。こんなんでも美味しく食べられるんですのよ。ゴハンは食べませんでしたけど。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『アンダーカバー』を見る。いや、もうこんな映画を見ると差別と陰謀論は表裏一体のものであることが良く分かるではないか。ユダヤ人を差別する。ユダヤ人は差別されるような奴だから陰謀を企む。911テロはアメリカの陰謀である。アメリカ人というのはそんな陰謀を企む存在であると差別する。

 この二つは発想の方向自体がまるで逆なのだが、たどりつく結論はどちらも同じくどうしようもなく醜い。

 この映画で描かれるネオナチの奴らは放射性物質をまき散らそうとする本気のグループを除いてこういっちゃなんだが遊び半分。閉鎖的なコミュニティを作りユダヤ人、黒人等々を差別的に敵視することで自分たちが「何か特別な存在」になったような気分を楽しんでいる。

 あ、あれ、シーなんとかさん(解散したけど一部派生組織はそのまま活動継続している。また元メンバーによって新組織「公共のなんとか」が2017年に結成された)とかどこぞの基地反対運動の皆さんとか、何か似てなくね?シーなんとかさんとかさかんに自分たちの活動を自画自賛していたし。

 楽しい時間がいつまでも続けばいいですね。

 ハイビジョン画質はノイジーでフォーカスが甘く暗部諧調も大雑把というレベルの低いものであった。音声はAAC5.1チャンネル。不気味に繰り返される特徴的なBGM。これに重低音を付加することで言い知れぬ不安を掻き立てる演出がよろしい。

 その後シャワーを浴びていろいろ。本日の「ゴリパラ見聞録」は「緊急生放送」 DVD#5の発売告知とかしいかえんイベントのお知らせ。DVD特典の3人の奥様による一献は面白そうだなあ、今まで本放送だけでいいやと思っていたけどこれは買わなくちゃいけないかなあ。

 午後10時半からプロジェクターを再起動。日本映画専門チャンネルの『サザエさんの赤ちゃん誕生』をようやく最後まで。マスオの妹タエ子(白川由美)の恋人で駆け出しの小児科医 辰野(江原達怡)。彼はタエ子との婚約を切望しているのだが、なかなかうまくいかない。一計を案じたサザエ(江利チエミ)は「そうよ、タラちゃんを診察して医者としての腕を見せてあげればいいのよ」

 そこへやってきたタエ子と義母(梅野公子? 柳川慶子?)。さっそくタラちゃんを診察した辰野は調子に乗って「ウウーム、これは由々しきことですゾ。日本脳炎、それに小児麻痺の疑いがありますな」ショックのあまり失神する義母(笑)。

 (日本脳炎ウイルスに感染した場合、およそ1000人に1人が日本脳炎を発症し、20~40%が死亡すると言われていた。また、生存者の45~70%に精神障害などの後遺症がでる可能性あり)

 昔の日本にはこういう恐ろしい子供の病気があった。これを現在(平成23年で9件)のようなレベルまで減らすことができのはワクチン接種という近代医学の功績に他ならない(予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、いわゆる「積極的勧奨の差し控え」が行われた。その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっている)。

 接種でもっと重い病気になる、ワクチンいらんいらん!の人たちの頭の中では日本の歴史は30年やそこらから始まっていてそれ以前の歴史はなかったことになっているのであろう。

 昔の映画、それも庶民的な娯楽作品を見るのは大変に勉強になることなのである、いや、ほんと。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

3月16日(木) 「マララの紐」 

 

3月16日(木) 「マララの紐」 
 「まだらの紐」が実はアレであったというアレは子ども心にちょっと恐ろしかった(ネタバレ防止)。「みうら・じゅん いとう・せいこう」の「ザ・スライドショー」 20周年、記念映画公開を記念してWOWOWで「スライドショー 4、5、6、7(in 武道館)、8(in ハワイ)、9、10、12、13」を放送。しかし何を考えたか「スライドショー 4」を「スライドショー #1」(以下、5が#2というように続く)と改題して放送しやがったものだから、録画済分との整合性が取れず大いに混乱することとなった。

 それでも以前放送されなかった「スライドショー 4」「スライドショー12」(これは会場で見ている筈)「スライドショー 13」(新作)を首尾よく録画ことができてうふひゃはひゃはと喜んでいたのだが、念のために録画済分をチェックしてみると、ああ、なんということであろう。「スライドショー 8 in ハワイ」が見当たらないではないか。わあ、これは録画されていると思って今回放送分を消してしまったよう。

 ああ、まったくなんてことだ。

 今回の新作『ザ・スライドショー 13』をさっそくプロジェクターの大画面で見てみたのだが、一番良かったのは何といっても「シンスブーム」だな。老舗のお店とか大概、since 1656年とか麗々しく表示してあるでしょう。最近のみうら・じゅんはそれを集めることに凝っているのである。

 「since 2016とかいう店もあってさあ、ぜんぜんシンスじゃないんだよ、こういうのを最シンスって言うんだ」

 そしてわざわざ映像つきで「sinceラップ」を作ってしまう。その歌詞(リリックとか言わなくちゃならないのかな)が異様におかしくて笑い転げてしまうのである。なんだよ、「シンガーソング シンスラップ!」って。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 200キロカロリー(しゃきしゃきレタスのサンドウィッチという奴)。昼飯はそばウェストでカツ丼とざるそばのセット。そばはもちろん二玉だい。摂取カロリー量外食暫定一律基準の1,000キロカロリー。

 夕食はもやしをたっぷり乗っけた出前一丁。後は白菜の炒め物。塩コショーしてから出来上がりまぎわに牡蠣醤油をちゃっと掛けるとこれがびっくりするほど美味しくなった。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてブルーレイメディアにコピーした「スライドショー 13」を見たのである。

 午後9時過ぎにいったん中断してシャワーを浴びる。あれこれ用事を済ませたのちにプロジェクターを再起動。「スライドショー13」を最後まで。

 午後11時半過ぎに入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝と思ったら眠りが非常に浅く終始うつらうつら。午前3時過ぎに目がさえてしまいどうにも眠りの国へ戻れなくなる。しかたないのでテレビを見ながら眠気が戻ってくるのを待つことになった。ここでもうつらうつらして(笑)ベッドに入ったのは午前5時過ぎであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

3月15日(水) 「みつばちハシッシ」

 

3月15日(水) 「みつばちハシッシ」
 吸え吸えハシッシ、みつばちハシッシ。モラルもへったくれもない酷い駄洒落だね。1日掛けて『キングコング エクステンデッドエディション』を再見。やっぱりね、ナオミ・ワッツのアンは信じられないほどタフである。宙吊りにされても大丈夫なほど固く両手を縛られていた彼女をキングコングがぶちっともぎ取る。フツーだったら両肩脱臼、下手すりゃ腕の一本もぎ取られてもおかしくない勢いで(笑)。そしてコングに拉致されていた間、彼女はほとんど飲まず食わず。わずかに湧水を口にするのみである。

 ニューヨークでも彼女の受難は続く。真冬のクソ寒いニューヨークで薄いドレス姿。しかし彼女はまったく寒そうなそぶりを見せない。口から白い息を吐くこともない(笑)。さらに驚くのはエンパイヤステートビル上での振る舞い。彼女はコングを追って途方もなく長い梯子をためらうことなくがんがんと上がっていく。『キングコングの逆襲』で東京タワーの上できゃあきゃあ言っていたリンダ・ミラーとエライ違いである。

 元祖スクリーミングクイーンと呼ばれているオリジナルのアン・フェイとの差別化を図ろうとしたピーター・ジャクソンの演出意図は分かるのだが、それでもこれはちょっとやりすぎではないかと思ったりするのであった。

 本日は休み。午前9時過ぎに起床してシャワーを浴び飯も食わずに前述の『キングコング』 1時間ほど見たところで中断して外出。ちょっとしたお仕事とお買いもの。

 昼飯は鶏肉の炒め物。酒を振り掛けてラップで多いレンジで2分間加熱。それに唐揚げ粉を振り掛けてフライパンで炒める。醤油とレモン汁を振ってどうぞ!そこそこウマい。これでビール500ml缶一本飲んで後は納豆うどんで仕上げ。650キロカロリー。

 その後、プロジェクターを起動させて『キングコング』の続き。エクステンデッド版は本当に面白いけれども見終わるとお腹いっぱい。後1年は見返さなくていいやという気分になります。

 夕食はハムエッグ、出前一丁で済ます。700キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後はさすがに映画は見ずにだらだらとテレビを見て過ごす。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「スライドショー イン ハワイ」 オープニングでドジョウ掬いを踊るのは地元の高校生(笑)。振付指導はいとう・せいこう。妙に体格が大きいのが笑える。

 午後11時過ぎにプロジェクターを再起動し、日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『香港クレージー作戦』を最後まで。画質の向上でクレージーのメンバーが賄い食っている場面が美味しそうでしょうがない。マグロの刺身の赤さとか、ちょっと凄いっすよ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月14日(火) 「据え膳食わぬは男のジハード」

 

3月14日(火) 「据え膳食わぬは男のジハード」
 なんかカッコ良くないっすか、言葉の響きが。目玉焼き考。熱したフライパンに卵を落とした後、少量の水を入れて蓋をし蒸し焼きにする。そうすると黄身の部分に白い膜が掛かる。これが理想の卵焼きだ、松本伊代は水を入れすぎて卵がぷかぷか浮かんだというぞてなことを言われる訳であるが、

 いやいや、待て待て、目玉焼きというのは白身の部分にばりばりの焼き目がついている方が美味しくないか。蒸し焼き方式だと白身がそのまま固まってしまってぶよぶよとした食感がどうにも味気ないのだが。半熟の黄身の美味しさは蒸し焼き方式の方が上かもしれないけれども目玉焼きだから黄身だけではなく、白身の方も美味しく食べるべきだと思うのだ!

 ということで私はフライパンに卵を落としたら中火でそのまま放っておくという方式を採用しております。あー、自分で言うのもなんですが、どうでもいい話ですよねえ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 300キロカロリー。昼飯は納豆をぶっかけたうどん。400キロカロリー。夕食は野菜炒めと貰いもののピエトロのスパゲティ(カニのペペロンチーノ)。後はビール500ml缶一本。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動しレンタルブルーレイの『チリ33人 希望の軌跡』を見る。まあ、なんというかあの鉱山は凄いなあと(笑)。作業員は作業区までトラックで一時間掛けて降りていく!なんだか人間が働く作業環境ではなく、サルマンに叱咤されつつ、鉄を掘っているゴブリンたちみたいである。

 万が一の事故のために避難所も設けてあるが、その設備はいいかげん。インターホンは最初っから壊れているし、食料の備蓄もテキトーである。通風孔から地上に出られるようになっていると思っていたら梯子が途中までしか掛かってない。チリは世界各国の協力を得てこの困難な救出作業を完遂したのだが、そんなことができるのなら最初っから安全対策しっかりしろと言いたくなる(笑)。

 (チリの鉱山では2000年より年平均で34人が採掘中の事故で死亡しているという)

 ハイビジョン画質は暗部のノイズが多く、コントラスト描写を阻害している。音声はDTS-HDマスターオーディオ。落盤事故や、掘り進んでくるドリルの音で重低音が大活躍。スーパーサブウーファー TD725の真価を再認識させてくれた。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 3月13日(月) 「ケンちゃんジャコビニちゃん」

 

3月13日(月) 「ケンちゃんジャコビニちゃん」
 「チャコちゃん流星打法」とか。プールでの飛び込み事故に対する鈴木大地・スポーツ庁長官の発言。<http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201703/CK2017030702000179.htmlより抜粋して引用 水深の浅い学校プールに飛び込んだ子どもが首を骨折するなど重傷事故が多発している問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官が本紙の取材に応じた。一九八八年のソウル五輪競泳背泳ぎ金メダリストの鈴木長官は、「なんでもかんでも禁止はどうなのか」と、高校の授業での飛び込みスタート禁止には疑問を呈し、プールの環境整備に取り組む姿勢を示した。 飛び込みという行為は楽しみでもある。飛び込みを思い切りできる環境や指導者の資質整備が大事。一メートルのプールでも飛び込みの練習はできる。指導法が問題で、質の高い教員を採用することが大切。スタート台からは技術を要するので、最初は水面に近いところから段差がない形で飛び込みをする。なんでもかんでも危険だからと全面禁止し、もやしっ子を育てあげていくのはどうかなと思う。<中略>水泳はできないと、いざというとき生命の危険にさらされる。「水辺は怖いから近づかない」「飛び込みは危ないから全面禁止」では、もやしっ子を育てることになる。<引用終了>

 言っとくけど、「もやしっ子」とか言うのはスポーツの苦手な人間に対する立派な差別・イジメだぞ。泳ぎができなければいざというとき命の危険がって、バカいうでねえ、多少泳ぎがデキたところで海の波や川の流れになかなか対抗できるものかね(泳げない漁師さんだってたくさんいる)。スポーツ庁の長官たるものがこんな認識だからスポーツで人が殺される。安全対策を徹底することとスポーツ振興は決して相反するものではないのに。

 1955年の橋北中学校水難事件 遠泳授業中に女子生徒36人が溺死。規模の違いはあるにせよ、飛び込み、組体操、学校柔道(1983年以来121人の死亡者が出ている)や過剰なしごきによる負傷・死亡者は後を絶たない。スポーツさえしなければ死なずに済んだという人間がたくさんいるのである(これもまた極論ではあるのだが)。

 こういう認識というのは改まらないものなのですかねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝は抜き。昼飯は膳のラーメン+替え玉、野菜ジュース。外食用摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は刺身海鮮盛(要するに刺身にするとき余った身肉の寄せ集め)でビール500ml缶一本飲み、後はもやしと長ネギの味噌汁と共に納豆卵かけゴハン。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてUHD『クリミナル』を再見。皆さん、勘違いしておられるようだが、ケビン・コスナ―のあの人はただ単なる極悪凶悪犯ではないのである。幼い頃の怪我が元で脳の活動に障害が出ている人なのである。お父さんとお母さんが「この子はあんたの子じゃないのよ」「なにお、この売女め、こうしてやる!」というどこの家庭にもありがちな微笑ましい諍いを起こし、激昂したお父さんが幼いケビン・コスナ―を走っている車の窓から放り投げたのだ。

 この時の脳挫傷が元でケビン・コスナ―は「善悪の区別がつかず、感情もない」人になってしまって、「悪気はまったくないのだが、カウンターの行列の先頭にいきなり割り込み注意されるといきなり殴りつけてその人の鼻を潰す、偶然衝突した相手の車のドライバーを平然と焼き殺す」ような人間になったのである。

 擁護してないっすかね(笑)。

 画質・音質はやっぱり素晴らしい。その後、見た『かもめ食堂』のブルーレイも綺麗なんだけど、ちょっと次元が違う。

 シャワーを浴びてお酒。また飲んでと言われるかも知れないが木曜日から人間ドック受診のために1週間の禁酒に入るからいいのである(何がいいのか?)。

 お供は「みうら・じゅん いとう・せいこう スライドショー イン 武道館」

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

3月12日(日) ドクター蝮三太夫

 3月12日(日) ドクター蝮三太夫
 「ババア、元気か!」「元気だったらこんなとこに来ないよ」「相変わらず口の減らないババアだな」と診察室で。見過ごせない話を2つ。

 『サザエさんの赤ちゃん誕生』 カツオ、ワカメ、ベビーカーのタラちゃんと散歩していたサザエ。黒人の少女の人形を咥えて逃げた犬(お魚くわえたドラ猫じゃないのである)を追っかける。その犬の飼い主はアメリカ人だった。奥さんに事の次第を訴えようとするサザエだが、英語が話せない。考えたサザエ、紙と鉛筆を借りて人形の絵を描く。奥さんは「オウ、アイ、アンダースタンド」と言って連れてきたのが黒人のメイド(笑)。ウウーム、なんだかなあ。

 「ゴリパラ見聞録」での斉藤優。「常夏の国って赤道の近くにあって太陽に近いからかなあ。でも凄いっすよね、地球が回ってて太陽の反対側になってても明るいんだから」すかさず「それ、夜だから」と突っ込む矢野ペペ。斉藤優、びっくりして「地球って1日一回回ってるんですか」 ウウーム、それはさすがにマズと思うぞ、斉藤優。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。320キロカロリー。昼飯は時間がなかったのでカップヌードルと野菜ジュース 400キロカロリー。夕食はフライパンで焼いた茄子一本、最初はかつおぶし、味ポン、次にオロシショーガ、味ポン、最後は焼肉のたれと変えて三者三様の味を楽しむ。後はマグロの刺身。鉄火丼にするとこれがまたンまかった。ビール500ml缶一本飲む。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ハーバークライシス 都市壊滅』を見る。台湾の人気ドラマ 「ブラック&ホワイト」の劇場版第二弾ということであるが、いやいや、良く頑張っていると思うよ、うん(笑)。EMPミサイルの存在意義が毛ほどもなかったり、軍が開発していた悪魔の生物兵器の筈なのにそれをわざわざ人間に仕込んで何十時間もかけて生成したり、いろいろ言いたいことはあるけれども、なかなか面白かったよ、うん(笑)。

 ハイビジョン画質は暗部がやっぱりざわついている。音声はAAC5.1チャンネル。情報量は多いのだが、音が軽くて迫力が感じられない。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 この時前述の頓珍漢な斉藤優を見てびっくりしたのである。後はプロジェクターを起動させてブルーレイ『かもめ食堂』の続き。いやもう、このシナモンロールや豚肉生姜焼き、サーモンソテーの美味そうなことといったら、たまんないね。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

3月11日(土) 『炎の少女チアリ』

 

3月11日(土) 『炎の少女チアリ』
 業界初、クロード・チアリ駄洒落。西日本新聞 2017年3月17日 朝刊第一面 コラム 春秋 <のり弁当では駄目。私は日の丸弁当を目指す-。この人は例えがうまい。小池百合子・東京都知事。強気の姿勢で周囲との摩擦もあるようだが、この姿勢は支持したい。

 粗食の勧めではない。小池氏が「東京大改革の一丁目一番地」に据えた情報公開の話。役所に公文書の開示を求めても、裏切られることが多い。肝心な部分は“黒塗り”だらけ。のり弁当はそのこと。

 日の丸弁当は“真っ白”に近い。情報の大部分は開示。梅干しで隠れた部分は保護すべき個人情報などを表す-という。なるほど。要は行政の透明化。築地市場の移転問題もそこが焦点だ。

 そんな世情には無関心なのか。事もあろうに「施錠」に走った役所がある。国の原子力行政も担う経済産業省。情報管理の徹底を名目に、日中も全執務室に鍵を掛け、部外者をシャットアウト。取材や来訪には別室で対応するという。

 やり過ぎである。霞が関に集まる膨大な情報は本来、国民のもの。開示が原則であり、非開示はあくまで例外だ。職員の仕事ぶりが外部からチェックできない「密室行政」こそ、実は危うい。

 6年前を思い出す。福島第一原発事故で、経産省を中心とした政府機関は右往左往。情報開示への消極姿勢も目立った。被災地がどれだけ混乱したか。日の丸弁当には腐敗防止の効能もある。梅干しによる強力な“殺菌作用”。不祥事が続く永田町・霞が関にはぴったりである。<引用終了>

 は、はい?この新聞の人はい、いったい何をおっしゃっているのでしょうか。経産省を部外者出入り自由にして好き放題に情報に触れさせろとでもいいたいのでしょうか。アレがちょっとおかしいのではないでしょうか。

 このコラムの問題はこれだけではない。この時期に原発事故をネタにして持論を展開するのは被災者に対してあまりにも無神経だ。しかも被災地を混乱させた責任の一端がマスコミにあったのは明らかでこの西日本新聞も鎌仲ひとみのトンデモ放射能ドキュメンタリー映画や、北九州への震災瓦礫拒否運動の活動家を持ち上げたりしていたではないか。なぜ他人事気分なんだ。

 いま、西日本新聞がやらなければならないのは当時の愚かな行為を真摯に反省・謝罪し、改めて正しい報道を誓うことだ。どうせ、やらないだろうけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝ぺと野菜ジュース。昼飯は外食の誘惑を果敢に立ちきって茹でホウレンソウだけで済ます。偉いなあ、オレ。朝と昼合わせて摂取カロリー量は650キロカロリー。

 夕食はコンビニのレトルトハンバーグ、自家製のポテトサラダ(茹でたジャガイモをスプーンで潰し玉ねぎみじん切りを加え、塩・胡椒・レモン汁・マヨネーズで味付け)、茹でた人参(ジャガイモと一緒に茹でた)、目玉焼き。これらを一緒に平皿に盛り、マヨネーズ、ハンバーグの和風ソース、牡蠣醤油で食べると夢のような美味しさ。ポテトサラダと人参は半分だけ使う予定だったけどあんまり美味しいので全部食べちゃった。これでビール500ml缶一本飲んで大根おろしをたっぷり使った釜揚げうどんで仕上げ。800キロカロリー。

 その後、珍しく映画は見ずにだらだら読書。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「スライドショー #4」の続きと「ゴリパラ見聞録」

 はっと寝てしまって気が付いたら午前2時過ぎ。ふみいううんと可愛らしく伸びをしてからベッドに入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

3月10日(金) 「ローションと海」

 

3月10日(金) 「ローションと海」
 回春駄洒落。WOWOWで放送された「みうら・じゅん いとうせいこうのザ・スライドショー #4」 私は#5~#10までしか録画保存していなかったのでこの放送は大変ありがたい・・・というのは置いといて(笑)1999年に開催されたイベントで二人は所沢のダイオキシン騒動について触れている。

 このダイオキシン騒動、統計を悪用した煽り方が後の福島第一原発の放射線・豊洲とびっくりするぐらい似ている。この騒動の結果制定されたダイオキシン類対策特別措置法では焼却炉が廃棄物の処理及び清掃に関する法律の構造基準に適合しなければならないとされた。この基準に適合した焼却炉の改修・新造を全国展開するためには約40兆円という天文学的な予算が必要と見積もられた。しかし、言うまでもなくダイオキシンは一部の人間が扇動したような超危険物質などではなく(セベソ事件の科学的評価が参考となる)、仮にこの天文学的予算を掛けて焼却環境を整えても人間の健康に寄与することなどないのである。これは国費のどぶ捨て以外の何ものでもない。

 人間てえのは同じような愚行を延々繰り返すものなのである。

 なお、みうら・じゅんはこの騒動について「所沢には蛭子さんが住んでいるんだよ。ダイオキシンは蛭子さんの体から出てるんだよ。蛭子さん、どこかにやっちゃえば解決だよ」と酷いことを言っていた(笑)。

 また、みうら・じゅんは大喜びで映画『北京原人』を紹介。彼の話を聞いていると、いや、俺も見ているけど、とても現実に存在した映画とは思えなくなったりするのであった(笑)。

 (注 いとう・せいこうはみうら・じゅんがあまりにも薦めるものでしぶしぶ『北京原人』を見たのだが、20分でいやになって視聴を中止してしまったそうである)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。 320キロカロリー。昼飯はスペアリブおでんのスペアリブとチーズ巻き、卵1個。これで500キロカロリー。夕食はわさび醤油につけた海苔と生卵でゴハン半合。後は茹でホウレンソウとおでんの残りスープで煮て煮びたし風にした茄子。茄子が美味しくなかった。おでん風味の茄子はいかんかった(笑)。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,320キロカロリー。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『パッチ・オブ・フォッグ 偽りの友人』を見る。ストーリーなどはみなさん、各自検索してください(笑)。まあ、なんというかあの主人公は間違いなく評論家としての資質があったのだと思う。ただ、彼の志向はやはり「創作」の方に向いていた。父親の残した原稿を発表してベストセラー作家になることができたが、次作はまったく書けず(当たり前だ)、評論活動で文筆家としての名声を維持するしかなかった。このジレンマが多大なストレスを彼に与え、つまらない万引き行為に走らせたのである。この理由が最後の最後で明らかにされる展開が実に皮肉である(笑)。彼に執着する警備員にギャースカ言うものの、実際はその人間的レベルにほとんど違いがなかったことが判明するからだ。

 ラストの映画史上最低ではないかという主人公の酷い死にざまを含めて、なかなか味わい深い映画ではなかったか。

 ハイビジョン画質は暗部に明瞭なノイズがあり、今一つ。音声はAAC5.1チャンネル。追い詰められる主人公の心象表現に重低音が巧みに使われていて、なんか、オトナのサラウンドという感じがする(笑)。

 終了後シャワーを浴びてダビング作業。「ゴリパラ見聞録」 西原商会CMゴリパラバージョンもちゃんと録画保存しましたよ。後は前述のごとくWOWOWハイビジョン録画の「スライドショー #4」を見てげらげら笑いつつもいろいろ考えたのである。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

3月9日(木) Gメン犬

 

3月9日(木) Gメン犬
 麻薬Gメン犬とか。『国際市場で逢いましょう』ようやく見終わった。この映画に出てきた西ドイツの鉱山の更衣室はやたらにでかい。それぞれの鉱夫の名前(あるいは番号)を書いた札が無数の鎖によって吊り下げられている。自分の名前(あるいは番号)の札をがらがらとひっぱるとフックが降りてくる。これに自分の衣類をひっかけふたたびがらがらと引き上げる。

 そして次の部屋に行くと、また鎖に吊るされた札が。これをがらがらと引っ張ると降りてくるのがフックにひっかけられた作業服。これに着替えて鉱夫たちは作業に赴くのだ。

 1人1人にロッカーなどあてがえるものか、ということで作られた施設だと思うけれども、この天井からつりさげられた鎖の数があまりにも多いので、何だか凄い絵になっている(笑)。あんなの本当に使っていたのだろうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はリンガーハットのちゃんぽん餃子5個付きセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はスペアリブおでん。大根・スペアリブ・餃子巻きを食べる。そして仕上げにマルタイ棒ラーメンのカップ。700キロカロリー。本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『ネイバーズ2』を見る。プロット的には前作とほとんど同じ、しかし、今度隣家の家に引っ越してきたのはクロエ・グレース・モリッツをはじめとする女子学生たちだった!展開もまあ、同じで、今回も重要な役を担うザック・エフロンも同じくらい変(笑)。

 ただ、ちょっと凄いと思ったのは、アメリカ中流女子の保守的なやり方になじめないクロエ・グレース・モリッツたちを始め、一緒に住んでいた親友がゲイのパートナーと結婚して追い出されたザック・エフロン等々、徹底してマイノリティの視線を使ってストーリーを展開していくところ。そもそも主人公であるセス・ローゲン、ローズ・バーンの夫婦もいまだにマリファナを手放せない、本流とは外れた人間なのだ。この映画は実にばかばかしくて迷惑で下品極まるギャグを通し彼らも実はちょっとやっかいだけれども(笑)同じごくフツーの人間たちであるという、それぞれの存在の普遍化に挑んでいるのである。

 日本だとこの個人・個人の存在の普遍化というのが私も含めてまったくできていないからねえ。このあたりは素直にうらやましい。

 ハイビジョン画質はコントラストがちょっと物足りず、夜間の場面に立体感が乏しい。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。広大なサラウンド音場が好ましい。パーティ会場の無秩序な騒音も雰囲気たっぷり。

 その後、前述のごとく『国際市場で逢いましょう』の残り20分ほどを見たのだ。朝鮮戦争の混乱になって生き別れとなった妹。彼女はアメリカの家庭に養子として引き取られていた。兄との再会の場でも彼女は英語しか話せない。唯一、覚えている兄から言われた最後の言葉 「遊びに行くんじゃない」だけ韓国語で言えるという演出はさすがに上手かった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

3月8日(水) 「ソウダガツオなんて気にしないわ」

 

3月8日(水) 「ソウダガツオなんて気にしないわ」
 業界初!「キャンディキャンディ」駄洒落。中学生の頃、休みに入り浸っていた近くの商業施設の本屋。「スターログ」なんかはここで買っていた。その本屋の隣におもちゃ屋があって「キャンディキャンディ」の主題歌が延々と流れていたのである。おかげで今もこの歌を聞くと頭の中に「ミスター・スポックが表紙のスターログ誌」が浮かんでくるのであった。

 鳥の唐揚げを初めて作ってみた。まあ、鶏肉を買ってきて唐揚げ粉を振り、油で揚げただけなのだが、ううーむ、いまひとつだなあ。たしかに揚げたての美味さ、肉汁の多さはあるのだけれども、どうも重くて腹に持たれる。やっぱり油切りをフツーのティッシュでやったのがいかんかったのか(笑)。

 それとやっぱり油がもったいない。もったいないと思うあまり買ってきた鶏肉を最初は半分だけのつもりだったのが全部揚げちゃったもの。そしていっぺんに食べちゃったもの。これじゃカロリー取りすぎだし、お金もかかる。油を使わず揚げるというなんだか魔法のような調理器 ノンフライヤーが欲しくなってきたぞ。

 本日は休み。午前9時に起床して冷凍のソバ+大根おろしで朝食。それから外出してじんじらじんじらとゴミの処理。まともに分別できなくて収集日も守れないあああああああああに怒りまくる。その後、スーパーで買い物をして前述の唐揚げを作ったのだ。

 唐揚げとサッポロ一番塩ラーメンで昼食。おそらく1,500キロカロリーぐらいいっちゃっているんじゃないかしらん(笑)。あ、もちろんビール500ml缶一本飲みましたとも。

 その後午後3時からプロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『ラストウィッチハンター』を見る。イライジャ・ウッドの「お前いらんだろ」感は凄いし(笑)、マイケル・ケインに呪いをかけた奴も何だか良く分からんうちに出てきて何だか良く分からんうちにやられてしまう。

 人間と魔法使いがさまざまな軋轢を生みつつも何とか共存しているニューヨークという世界観はなかなか魅力的だったのですがねえ。

 ハイビジョン画質は超絶的な出来。なんだよう、ニューヨークを大俯瞰で見せた時の解像度の高さは。音声はDTS X。ドルビーアトモスと同じく再生自体は通常のDTS-HDマスターオーディオで行われているのだが、サラウンド音場の情報量、動き表現のデリケートさなど、著しく向上しているように思える。

 夕食はスペアリブおでん。8時間ほど煮込んだスペアリブの美味さと言ったらない。分厚く切った大根も美味しく煮えていたぞ。ビール500ml缶を一本飲む。

 その後はだらだらテレヴィを見ながら読書。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させてブルーレイの『かもめ食堂』を40分ほど。この発色の鮮やかさ。そして輪郭の強調がほとんどされていないのに細部が浮かびあがってくるような立体感。

 ブルーレイもまだまだやるもんだ。

 就寝午前1時過ぎ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日(火) どんぐりころころどんぐりこ 小池にはまってさあ大変

 3月7日(火) どんぐりころころどんぐりこ 小池にはまってさあ大変
 都知事が出てきてこんにちは。福岡ローカル番組「頑張る君に花束を」 倒産寸前の飲食店立て直し企画。西鉄都府楼駅徒歩一分の好立地でありながら客が全然入らない洋食店。開店費用で900万の借金&毎月50万の赤字。50歳独身のオーナーが起死回生を狙ってチラシを作ったのだが、その文面が・・・。

 「メガネがくもる!」(ソースの熱さを表現したかったのです)「肉の限界の薄さ」(肉の柔らかさを強調したかったのです)斉藤優、名うての飲食店コンサルタント、名店のオーナーシェフから「眼鏡が曇るって眼鏡掛けている人にしかわからないじゃないですか」「肉の薄さってああた、フツーは肉の厚さを強調するもんですよ」とツッコミがはいる。そうしたらオーナーがぽつりと「3,000部刷って今日届いたんです」

 悪い、申し訳ないと思いつつ腹を抱えて笑ってしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は冷凍うどんの納豆まぶし。400キロカロリー。夕食は2日続きのスペアリブカレー。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて 昨日の予告通り(笑)ブルーレイ『マクロスフロンティア サヨナラノツバサ』を再見。恐ろしく色がきれい。画面の立体感も奥行き感のみならずひとつひとつの絵が浮き出してくるように感じられるほどである。こういう体験をしているのは実はこの日本でオレ一人じゃないかと思うとすっかり嬉しくなってしまった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。また「ゴリパラ見聞録」見てげらげら笑う。ああ、俺はもうすっかりゴリパラ馬鹿だ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

3月6日(月) 「スツーカ誕生」

 

3月6日(月) 「スツーカ誕生」     
 「アラド社の Ar 81試作機とクロパラを合成したらスツーカになったぞ。よーし、これでフラ×ス兵も×ギリス兵も皆殺しだい」  と大ちゃんが。北朝鮮がまたもミサイル発射。<http://www.asahi.com/articles/ASK363DS4K36UTFK00B.htmlより引用開始> 北朝鮮は6日午前7時34分、同国西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から日本海に向けて、弾道ミサイル4発をほぼ同時に発射した。弾道ミサイルはいずれも約1千キロ飛翔(ひしょう)し、秋田県男鹿半島から西に約300~350キロの海上に落ちた。3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内、1発がEEZ付近に落下した。日本政府が発表した。<引用終了>

 世の中にはこのミサイル発射実験を「安倍政権」を擁護するためという怪奇な考えを持つ方がいらっしゃるのである。

<ついに北朝鮮が、安倍応援の新型ミサイル発射。それも3発も。それだけ森友学園事件に危機感を覚えているのだろう。最近は人工地震と北朝鮮のミサイル発射は、日本政治と絡み合って起きる。そろそろ、と予想していたら、案の定である。米国メディアの安倍叩きも始まり、全体を見る必要が出てきた。https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/838544417816399872>

 <北朝鮮がポテチン・ミサイル発射で安倍晋三を擁護するも不発!困った時のポテチン頼み。ポテチン発射で、日本人よ、忘れてくれ! #森友学園#加計学園 も!結果、30秒くらいでミサイルの話題はポテチンした。  https://twitter.com/_yanocchi0519/status/838594358634930176>

 <安倍ミサイルが日本海に向けて発射されました。これぞまさしく「援護射撃」。発注費格安、コスパ最高。 「ミサイル様、マンセー!!」(安倍) https://twitter.com/KiyoseKouki/status/838597663641653248>

 <安倍晋三は進退極まったら(ママ) (ヤバくなったら)もっと日本に近いところにミサイル撃たせるよ。北朝鮮にルート持ってるからね。 田中龍作 ツイートはすでに削除されている>

 他にも<https://togetter.com/li/1087731>とか、あらあら、まあまあ。

 北朝鮮のミサイル事件は1993年のノドン以来24年近くにも渡って行われているのだが。だいたい1993年当時の日本は細川連立内閣だったんだけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。250キロカロリー。昼飯は納豆・大根おろしまぶしうどん。400キロカロリー。夕食は6時間煮込んだスペアリブカレー。800キロカロリー。ビール500ml缶一本のお供に焼き豚すこし。100キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。カレーは実に美味かった。煮込んだスペアリブなどあまりの美味さに骨をいつまでもいつまでもしゃぶっていたくなる。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『国際市場で逢いましょう』を一時間ほど。ベトナム戦争の場面で主人公たちをカッコ良く助ける韓国陸軍所属の歌手。彼も撤退する前にはいろんなところであんなことやこんなことをしてきたのだろうなと意地悪く考えてしまったのはナイショだよ。

 その後、ブルーレイの『マクロスフロンティア サヨナラノツバサ』を少々。現在のシステムで画質・音質がどれくらい良くなったかの確認であったが、いいねえ、いいねえ(笑)。「虹色クマクマ」のコンサートシーンなんかとんでもなくいいねえ。

 こりゃ、明日改めて全編見返さなければならんと硬く決意するオレであった。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 酔っぱらってこの番組見てげらげら笑っていると、オレは今少し気が狂いかけているのではないかと思う時がある(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

3月5日(日) 「そど子とゴモラ」

 

3月5日(日) 「そど子とゴモラ」
 業界初!「ガールズ&パンツァー」駄洒落。韓国映画 『国際市場で逢いましょう』 主人公が出稼ぎのため1963年から西ドイツの鉱山で鉱夫として働く。ええと、日本統治時代、強制連行された朝鮮人たちが軍艦島や各地の炭鉱で奴隷労働やらされていたんだよね(笑)。そうした苦い歴史を持つ国が出稼ぎとはいえ、自国の人材を他国の鉱山にやったりするかな。

 この鉱夫の採用基準はなかなか厳しかった。1963年の第一次派遣には、募集500人に対し4万6000人の応募が殺到した。だが、その中に炭鉱労働経験者はほとんどいなかったそうな。あ、あれ?ちなみに月給は650〜900マルクで当時の韓国国内の会社員の月給の8倍に相当したという。

 (強制連行されて軍艦島や各地の炭鉱で奴隷として働かされた炭鉱労働者がその過酷な体験ゆえにこの募集を忌避したという可能性もある。うん、冗談だけど)

 参考 http://hinode.8718.jp/korea_germany_nurse_miners.html

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に自分で作った大根・玉ねぎ・じゃがいもの味噌汁+生卵 そしてゴハン半合。600キロカロリー。

 昼飯は冷凍のソバと納豆。400キロカロリー。

 夕食はマヨネーズ、醤油、レモン汁、塩コショウで味付けしたシーチキンにスライスした玉ねぎを混ぜたもの、120キロカロリー。市販の焼き豚半分 80キロカロリー。茹でたホウレンソウで50キロカロリー。これをつまみにビールやウィスキーを飲んだら酔っぱらってしまいそのまんま寝てしまった。

 本日の摂取カロリー量は1,250キロカロリーなり。

 午後11時過ぎに目を覚まして飲み直し。お供は「ゴリパラ見聞録」 午前12時過ぎからプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルHD録画の『宇宙大怪獣ドゴラ』 途中でむやみに眠くなりやむを得ず視聴中止して、ベッドにもぐりこむ。んがー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

3月4日(土) 「安楽死探偵」

 

3月4日(土) 「安楽死探偵」
 不謹慎駄洒落。『サザエさんの赤ちゃん誕生』 江利チエミのサザエが「あたし、無痛分娩にするわ」 清川虹子のフネ、「無痛分娩なんてとんでもない。子供はちゃんと自分のお腹を痛めて産まなければなりません」日本人はこんな昔(映画は1960年の公開)から延々とこの手の話にこだわっている(笑)。

 サザエ 「欧米じゃ100年も前からやっているわ、そんなの時代遅れよ、原始人よ」かんかんになるフネ。さらに病院食でも侃々諤々。「こんにゃくを食べると骨なしの子供が産まれるよ、ウサギ肉を食べたら兎唇(みつくち)になるよ」サザエ 「だからそんなの迷信だったら」

 フネから「赤ちゃん誕生」を電話で知らされた小泉博のマスオ、開口一番 「それでカタワじゃありませんでしたか」フネ、「ええ、大丈夫ですよ、ちゃんとみんなついてますよ、鼻が二つ、目が一つ、耳が二つって、アラ間違えたわ」時すでに遅し、マスオ、ショックのあまり失神する。カタワギャグだ(笑)。

 ウサギの肉を食べたら?この時代では一般家庭でもウサギの肉が日常的に食べられたのかと疑問に思って調べてみたら、次のようなことが分かった。ウサギの食用・毛皮利用目的の飼育は一時、日清・日露戦争の影響もあって盛んになったが、第二次大戦後は廃れてしまう。1960年に2000トンあったウサギの国内生産量は、1972年以降、統計上ゼロとなった。


 ウサギは唇が割れ、肛門が9つあるとされてきたことから、昔から妊婦がウサギを食べると、子供が痔になったり、嘔吐したり、唇が欠けたりすると信じられていた(『本草綱目』などによる)。こうした言い伝えによるタブー扱いや、飼っているとやっぱり可愛いので(笑)日本人はウサギを食べなくなったのではないか。 参考 http://www.tanken.com/rabbit.html

 なお、私はアレな人間なので兎唇と聞いて思い出すのが1968年発行の「南山宏 世界の円盤ミステリー」で紹介されていた1963年8月23日にブラジルのぺロ・ホリゼンテ市郊外の住宅地で起きたとされる第3種接近遭遇事件である。

 幼い兄弟の前に舞い降りた球形で底部の他は完全に透明だったという怪飛行物体。中から現れたのは身の丈2mに及ぶ巨人でしかも目玉が一つ、口が兎唇のような形をしていたという。

 残念なことに1984年に発行された改訂版ではこの「兎唇のような口」が「ウサギのような口」に表現を変えられてしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にトースト二枚にシーチキンをマヨネーズで合えたものと薄切り玉ねぎ、目玉焼きを挟んだサンドウィッチとコーヒー。700キロカロリー。

 昼飯は冷凍うどんを釜揚げうどんにして食べる。後はホウレンソウの茹でた奴。300キロカロリー。

 夕食はこれまた冷凍のソバをお湯に白出汁、麺つゆ、料理酒、すき焼き割したを入れたスープで食べる。卵を入れて半熟状態にしてソバに絡めながら食うとことのほか美味しかった。後は納豆。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『デーモン』を見る。寂れた林業の町、まあ、ハリウッド映画というのはこの手の田舎町に非常にキビシー訳でして(笑)何かというとド田舎の超保守的権力者が町を腐敗させたり、希望と才能にあふれた若者がここから脱出して都会へ行こう!とかさせたがったりする。この映画は前者の範疇なのだが、どうもその権力者、レイ・リオッタというのが怪しいのでして。

 ウェイトレスのヒロインにちょっかいをだし、ストーカーとなって彼女の飼い犬(猫だったかな)の首をちょきん、どんな変態じゃねんと呆れていると、実はこの男は麻薬を使って町を牛耳り、エグイ売春宿みたいなものを経営して大儲け。その金を使って部下を雇い保安官さえ手出しができないような帝国を作り上げている・・・。の筈なのだが、彼に戦いを挑もうとするアンソニー・ホプキンスやヒロインがあれこれ挑発しても、せいぜい戦うのはレイ・リオッタと部下一人。あれ、逆らうと町ぐるみで潰されてしまうんじゃなかったの?売春宿にうじゃうじゃいた手下たちはどうなったの、そんな状態で保安官も手が出せないというのはちょっとおかしくはないか。

 この映画のレイ・リオッタという存在はことによると人生に立ちはだかる様々な困難の象徴ではないかとさえ思うのである。いかに強大な敵に見えても、頑張って立ち向かえば打開策が開けるのだ、だからがんばんなさいよという製作者からの一種の応援メッセージなのではないのだろうか。

 違うと思うけどね(笑)。

 ハイビジョン画質は実にノイジーだが暗部諧調の情報が豊富で黒潰れのかけらもなし。立体感もちゃんと保持している。音声はAAC5.1チャンネル。森の環境音がちょっとわざとらしかったか。右後方からぱきりと木の枝が折れる音が露骨に響いてきて俺はびっくりしたけどな。レイ・リオッタたちに追われている筈のアンソニー・ホプキンスたちが気づかない訳がないと思うが。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 矢野ペペ奥様ご懐妊おめでとうございます。西原商会CM出演おめでとうございます。CMの踊りでゴリけんがやらかしているのは演出ですか、それともほんとうにやらかしちゃっているのですか。フツーだったら演出に決まっているけれども何しろゴリけんですからねえ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

3月3日(金) 「蛇の道はヘボピー」

 

3月3日(金) 「蛇の道はヘボピー」
 「ワイルド7」のヘボピーとは暴力的な極左ヒッピーで、部下たちを引き連れ米軍基地に乱入、輸送機等多数を破壊。しかし逃げようとしてとっつかまり「死刑かワイルド7に入隊するか、どっちか選べ」と草波さんにスカウトされた男である。後半はともかく、今のフツーの若い人たちは前半のヒッピーとか米軍基地乱入とか意味が分からないのではないか。

 今月のUHDブルーレイ、ブルーレイソフト発注分。UHDが『SING/ シング 』(2D)、『Arrival/メッセージ』、『アサシンクリード』(2D)。ブルーレイは『APE 3D』(笑)と『ヒルズ・ハブ・アイズ』(笑)。『APE』はあんな映画なのに29.9ドルという戯けたプライスタグがついていたのだが、注文時にぐっと値下がりして19.9ドルに。『ヒルズ・ハブ・アイズ』 続編の『ヒルズ・ハブ・アイズ2』は早くに入手して大いに楽しんでいたのだが、やっとその正編を入手することができる訳だ。こっちの価格は6.5ドル。この安さも映画に似合っております(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドッグとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使った釜揚げうどん。茹で汁こと丼に盛ったうどんを大根おろしをたっぷり入れた麺つゆで食べる。なお、茹で汁があまりに扱ったのでテーブルまで持っていくとき火傷したのはナイショだよ。300キロカロリー。

 夕食はスペアリブのカレーライス。後はレンジで7分間加熱した玉ねぎ4分の3個。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『ファンハウス』を見る。信者を集団自殺させたカルト宗教の教祖。現在はとある精神病院に5人(だったかな)のキチガイ殺人鬼と一緒に収監されている。その精神病院にリポーターを装った教祖の娘が潜入。これまた縫い目殺人鬼と呼ばれるキチガイ殺人鬼であった娘は職員を惨殺、キチガイどもを脱走させる。彼らの潜伏場所として用意されたのはハロウィーン特設のお化け屋敷。なんとキチガイたちそれぞれの殺人事件に合わせた展示がされていた!

 キチガイたちはここで何も知らずにやってくる犠牲者たちを待ち受ける!てな映画。1981年のトビ―・フーパー 『ファンハウス/惨劇の館』のリメイクなのかなと思ったのだが、どうにも安っぽく狂騒的でホラーというよりホラーイベントムービーみたいな感じになってしまっている。これはこれで楽しいのだが(笑)。

 ちょっとびっくりした仕掛けが劇中で活躍する女性保安官。彼女の母親は教祖に焼き殺された信者であった。そして彼女は教祖と母親の間にできた子供、つまりあの縫い目殺人鬼のキチガイ娘の腹違いの姉妹だったのである。この二人がぎゃんぎゃんと殺しあうのだが、あまりにあっさりと決着がついてしまってがっかり。こういうエグい仕掛けはもうちょっと上手く使って貰わんといかんなあ。

 なお、この映画でも残酷場面の数か所でボカシが入る。私はその度に律儀に「だから、なんでこんな意味のないことするか、WOWOW!」と怒り狂ったのであった。

 だから画質の評価はせん!音声はAAC5.1チャンネル。しょぼい音場だけれども、低音の使い方のみ自然でしかも迫力があって良かった、うん。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。「ガールズ&パンツァー 一挙放送」後半、「アンツィオ戦」をCM抜きして「一挙放送前半」と同じブルーレイメディアにコピー。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

3月2日(木) レット・イット・ゴー芸術協会

 

3月2日(木) レット・イット・ゴー芸術協会
 落語芸術協会の駄洒落ですからね、念のため。BSフジで2月26日 「ガリレオX 護衛艦いずもに乗艦 知られざる海上自衛隊の世界」 女性自衛官の居住区画まで見せてくれて感激(笑)。調理室では特大のフライヤーで茄子(らしきもの)を大量に揚げていてこのところ、揚げ物に縁のない私は思わず生唾ごくり。

 でも、ふと思ったのが、あんなに大きいフライヤーで大量の油を使っていたらダメージコントロール上まずくないか、たしかフォークランド紛争時、イギリス海軍駆逐艦シェフィールドがエグゾセミサイルで撃沈された時、揚げ油が大火災の原因になったのではなかったのか・・・ということ。

 そこでちょっと調べてみたら、なんとこの話「司厨室のフライ鍋から出火して大火災となったのが喪失の原因であり、イギリス遠征艦隊はこれを受けて艦隊にフライ料理禁止の通達を発した」はまったくのデマであり、引火したのは補機室のディーゼル燃料だったのだ。

 私は今の今までこの話を信じていた。それどころかきっとこのフライ料理というのは「フィッシュ&チップス」なのだと勝手に決めつけて面白がったりしていた。この攻撃によって20名の死者・行方不明者が出ているというのに。ああ、イギリス海軍の皆さん、どうもすみませんでした。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は膳でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー一律暫定基準 1,000キロカロリー。夕食はラーメンによる満腹感が残っていたので調理パン1個と、昨日のマグロブツで済ませてしまう。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずにキンドルで戸梶圭太 「最凶じいちゃん イワオ 2」に読みふける。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ケンミンショー」と「ゴリパラ見聞録」 「ゴリパラ」は予算極小の自炊旅の回。ゴリけんが予算がないというのに5,000分も食材買い込んで鍋を作る。鍋用スープを2袋も使ったのにも関わらず、野菜があまりにも多かったのでスープが薄まってしまい、大変に不味くなってしまった。

 トミさんが「水炊きだと思ってポン酢で食べればいいんじゃない?」すると矢野ペペが「そうすると、今度はやたらに入っているにんにくが邪魔をするんすよ」

 もう見返すたびに大笑いしてしまうのであった。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルHD録画の『宇宙大怪獣ドゴラ』の続き。やっぱり画質がいいなあ。ギャング団がトラックを襲う場面での道路の濡れた感じとか凄いなあ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

3月1日(水) 「天下一プルトニウム会」

 

3月1日(水) 「天下一プルトニウム会」
 よし、オラ、もっともっと修行してすげえ放射能だすぞ(こらこら)。豚肉スペアリブでカレーを作りました。スペアリブをフライパンで炒めます。そのまま鍋に放り込み水から煮ます。後は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを適宜に切ってやっぱり鍋に放り込みます。分量などはテキトーでいいです。

 なお、私はじゃがいもの皮をむいている最中、ピーラーの扱いを誤って指の皮を剥がしてしまい大層痛い思いをしましたが、フツーの人はこんなにぶきっちょではないので心配しなくて結構です。

 強火で30分ほどぐつぐつ煮込み、灰汁を取ります。カレーの場合灰汁を取らなくても味に影響なしという人もいるようですが、これはオーディオで電源ケーブルを交換したら音が良くなった!みたいなことですので必ず実行します(意味が分からない)。後は弱火にしてひたすら煮込みます。少なくとも5時間程度。5時間煮込むなんて大変!という人もいらっしゃるでしょうが私の場合は風呂場に設置してあるIHクッキングヒーターを使いますのでそのまんまほったらかしにしておいて大丈夫なんですのよ。

 そしてジャワカレーのルーを放り込み、焼き肉のたれ、チューブのショーガ、にんにくで味を調えたらカレーの出来上がり。ウウーム、5時間煮込んだスペアリブはびっくりするほど美味しいが肝心のルーがあまり・・・(笑)。まあ、カレーの楽しみというのは調理過程を含めてですからね。

 本日は休み。午前8時半に起きてハムエッグとトースト二枚の朝食。600キロカロリー。その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『マーセナリーズ 傭兵部隊』を見る。つまらん(笑)。クーデター、大虐殺の首謀者を捕まえろ!写真はあるけど、たぶん、整形しているから役に立たんぞ、見分ける方法は腰の傷跡だけだ、居場所はこの地点から30キロ平方m以内だ、極めて大雑把だが、まあ、心配するな!

 これであっさりと見つかって捕まってしまうというのはやっぱりいくらなんでも。

 凄腕ぞろいの傭兵たちが、敵地の真っただ中なのにべらべらしゃべりながらとろとろ歩いているのにも呆れたなあ。

 こんな映画なので画質や音質の評価はなし。だって面倒臭いんだもの。

 昼飯はまぐろのブツ切りでビール500ml缶一本飲む。この時、前述のスペアリブカレーを仕込んだのである。調子に乗ってウィスキー水割り飲んだらそのまま寝ちゃって気が付いたら午後5時になっていました。

 シャワーを浴びて夕食。カレーの味はそんなに良くなかったけれども、昼飯がマグロブツだけだったので妙に美味しくってゴハン1合分平らげてしまいましたわい。1,000キロカロリー。

 まぐろブツを100キロカロリーとして本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 後は映画も見ずに「ガルパン」一筋。あれだけの戦力差があるのだから、黒森峰女学園はあちこち動き回らんで1か所に固まって(インディアンの襲撃に対する幌馬車隊のようにフラッグ車を囲んで)接近してくる敵を片っ端から撃ちぬいてしまえばいいのだ!

 と私は西住まほでもないのに大人げなく歯噛みしてくやしがったのである。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して日本映画専門チャンネルHD録画の『妖星ゴラス』を最後まで。終了後、同じディスクに録画してあった『宇宙怪獣ドゴラ』を何の気なしに見始めたらえらく画質がいいじゃないか。『ゴラス』と比べたら大違いだぜ。

 就寝午前1時過ぎ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月28日(火) 天下一ブログ会

 

2月28日(火) 天下一ブログ会
 よし、オラ、もっともっと修行してすげえブログ書くぞ!セブンイレブン 惣菜評価その2 冷凍食品の「かつ煮」 美味い。肉の厚み、食感もそこらの店に負けておらん。ただし、味が濃いので酒のつまみにはちょっと。丼飯に乗っけてカツ丼にするのが良し。豚肉しょうが焼き。肉自体はいいがやっぱり味が濃い。私には合わん。

 レトルトのハンバーグ類は美味しい。高いので「金のハンバーグ」とかめったに食べられないけど(笑)。キャベツを追加してつくる回鍋肉の素はすさまじく不味かった(笑)。あの入っている豚肉の不気味な食感はなんだ。

 惣菜のししゃもはなかなかおいしい。特に焦げた部分がちゃんと焦げた味がするのに感心する。レモンを振って醤油をつけると酒のつまみに最適だ。出汁巻卵はダメ(笑)。出汁巻卵というのは巻いた卵の重層感がなくてはいかん。でっかい容器に卵汁をドバドバ入れて加熱して固まったのを切り分けて焼き目をつけましたというお伊勢焼きみたいな、「包丁人味平」の荒磯勝負みたいなのはやっぱり美味しくないよ。

 なお、この荒磯勝負編で味平は魚アレルギーがあって魚をおろしたりすると蕁麻疹ができてトイレで嘔吐するということになっていたが、キッチンブルドックに勤めていたころは川原先輩と一緒に平気で焼き魚を食っていたよなあというのはまた別の話である。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に冷凍うどんを使った納豆うどん。300キロカロリー。昼飯は豚骨ラーメンの誘惑に打ち勝って(俺はエライなあ)コンビニの調理パンで済ませる。400キロカロリー。夕食はじゃがいもの味噌汁に卵を落とした奴とゴハン半合。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽聞きながら戸梶圭太の「西東京市白光団地の最凶じいちゃん・イワオ(74)2」に読みふける。なんだかいろいろ最低でクソみたいに面白い。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »