« 4月19日(水) 『私はゾフィと歩いた』 | トップページ | 4月21日(金) ファースト毛沢東 »

2017年4月21日 (金)

4月20日(木) サイン・根菜・タンジェント

 4月20日(木) サイン・根菜・タンジェント
 三角関数駄洒落。このパターンはいくらでも作れそうな感じがする。さて、UHDブルーレイ購入計画である。現在、ハリーポッターシリーズの後期4作品 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007)『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2008)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)のUHDブルーレイが日本・アメリカですでに発売済。

 音声仕様は米国盤・日本盤共通のDTS-X。米国盤にはUHDブルーレイのみ日本語字幕・音声収録との情報があり、国内版同様に扱えるので両者の差は値段だけだと言っていい。私はとりあえず『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』を買う予定なので(いや、ホグワーツに先生たちが魔法防壁を張る場面を4K、HDRで見てみたいじゃありませんか)、このソフトの国内盤・米国盤の価格をアマゾンで調べてみた。
 すると『死の秘宝 PART2』 国内盤 4,811円 米国盤 29.99ドル(日本円にして3,398円。さらにこれに送料904円が掛かって4,302円) 送料まで含めるとその差はわずか509円(笑)。届くまでの時間を考えたらこれは国内盤の方が良さそうだ。

 さて、その『ハリーポッター』の派生作品である『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の場合、事情はさらに複雑となる。国内盤が2D、3D、UHDブルーレイのセットであるのに対し、米国盤では3Dがオミットされているからである。そしてさらに悩ましいのは『ハリーポッターシリーズ』と同じくUHDブルーレイのみに日本語字幕・音声が収録されていること。

 その価格は国内盤が6,607円。米国盤が29.95ドル(3,393円+送料904円で4,297円)と後者の方が圧倒的に安い。しかし、3Dが・・・。ウウーム、私自身はUHDブルーレイの導入以来3Dへの情熱をすっかり失ってしまったけれどもT子やY乃に見せるときのことを考えたら3Dがあった方がいいような・・・。

 (音声使用はドルビーアトモス。ただし、国内盤の3DブルーレイのみDTS-HD マスターオーディオ)

 いずれにしろ実際の発注は来月頭になりますので、それまでゆっくり頭を悩ませようかと思っております、はい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 320キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウと素麺を1把。200キロカロリー。夕食はマルタイ棒ラーメンを2食分と大量のキャベツ千切り。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,220キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ザ・フォージャー 天才贋作作家 最後のミッション』を見る。いやあ、トラボルタ、先日の電線マン映画『アルティメット・サイクロン』でもそうだったけど、息子にぶきっちょな愛情を注ぐモサッとした親父が実に似合うようになりましたなあ(『アルティメット・サイクロン』では唯一の肉親である姪)。本当に最初はモサッとしていて、ガンで余命幾ばくもない息子のために、ギャングに借りを作ってまで早期の保釈を受けたのに、息子は上手く心を開いてくれないどうしてだっとか悩んでいる訳です。

 それがある計画に取り掛かったらとたんに溌剌としだして、息子との仲も好転。そこに最初はぎゃーぎゃー言っていたおじいちゃんも加わって家族の絆がより一層強まるという展開は実に好ましく感動的でありました。

 しかし、あの美術館への侵入強奪計画は頂けません。息子をトイレの天井裏に隠しておいて閉館後に活動開始。この人が中から鍵を開けてトラボルタたちを迎えいれるのかと思いきや、じつはじいちゃんがボケ老人のふりをして警備員から鍵を盗み出していて、これでらくらく侵入し、電源盤をいじくって警報装置やカメラをシャットダウンする・・・。あれあれ、息子を先に侵入させておく意味がなかったんじゃない?それに警備員がいつまでも鍵を盗まれたことに気付かないなどあり得ません。その直後、美術館を閉館していたからです。当然、施錠することになりますので、鍵を使いますからね。

 トラボルタを借金で縛って(早期に仮釈放させるための賄賂)美術館から絵画を盗み出させようというギャングも大概であります。トラボルタに紹介された美術鑑定士の身元も調べることもなく、あっさりと騙されてしまったのですから。このギャング、一度、トラボルタを密告して刑務所へ送り込んでいるのであります。そんな因縁のある人間を簡単に信じてどうするのでしょうか。

 ハイビジョン画質は良好。高い解像度で描写されるリアルな街並みが見もの。音声はドルビートゥルーHD。派手な効果はないが、ち密な環境音描写が魅力的である。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。チャンネルNECOハイビジョン録画の『野獣を消せ』を1時間ほど。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎ就寝。

|

« 4月19日(水) 『私はゾフィと歩いた』 | トップページ | 4月21日(金) ファースト毛沢東 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65178843

この記事へのトラックバック一覧です: 4月20日(木) サイン・根菜・タンジェント:

« 4月19日(水) 『私はゾフィと歩いた』 | トップページ | 4月21日(金) ファースト毛沢東 »