« 4月21日(金) ファースト毛沢東 | トップページ | 4月23日(日) 「駄弁って応援」 »

2017年4月23日 (日)

4月22日(土) 「ダビデで応援」

 

4月22日(土) 「ダビデで応援」  
 一応、「食べて応援」の駄洒落っす。さて日本映画専門チャンネルハイビジョンで放送された谷啓の『喜劇 負けてたまるか!』をようやく見終わった。大学中退、無職、下宿代半年滞納の青年、谷啓が世間になんとか自分の居場所を見つけようと奮闘する姿を描いた好編。彼は香典返しのセールスを経て作詞家に弟子入り。首にされると今度は自分たちで作家のプロダクションを作り大成功を収める。しかし、会社を乗っ取られて放り出されてしまった彼は折からのテレビ勃興時代に乗っかり、ヒトの仕出し屋(要するにエキストラ仲介業)を始めてこれまた大成功。しかし同業者の妬みにあって袋叩きにされ、この仕事もお釈迦。ひょんなことから生CMに出演。カンペがライトで見えずに出鱈目口走ったらこれが逆に受けてついにはタレントに転身してこれまた大成功・・・。

 彼の七転び八起きの半生を通して当時の芸能文化史を物語る構成には隙がなく、これは隠れた名作だと思う。谷啓のキャラクター性がちょっと弱いのが玉に傷なのだが(『クレージーだよ奇想天外』のミステイク7を期待すると裏切られる)、その辺を補ってくれるのが人見明、浜美枝、平田昭彦といった面々だ。

 スケベェな作詞家を演じる人見明はいやに出番が多くてLDの時代からクレージーキャッツ映画を追いかけてきた身としては大変に嬉しい(笑)。

 浜美枝は初登場時、人見明に迫られてスリットの入ったミニスカートがまくれ上がりほぼ太もも丸見え(笑)。その後、谷啓とひょんなことからできてしまい押しかけ女房となる。この経緯から尻軽の軽薄な女かと思えば、彼女は文句をぶーたれつつ、最後の最後まで谷啓の糟糠の妻を勤めるのであった。まあ、最後の最後で「離婚よ!」と叫ぶのだが、谷啓の母親、飯田蝶子の上京で沙汰やみになってしまったし。

 そして、浜美枝の元夫の平田昭彦は暴走と言っても良いほどの演技を見せる。あのダンディズムの具象のような人間が「良い喘ぎ声を出させるために」コールガールの胸をにやにやしながら揉みしだくのだ、どしぇー!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードル ナイスと野菜ジュース。250キロカロリー。昼飯は素麺2把と茹でホウレンソウ 400キロカロリー。夕食はカラーラで焼いた塩さんま1尾 221キロカロリー。後は茹でたじゃがいも1個、人参半分、玉ねぎ半分を白出汁で茹でたもの。160キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,031キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターにてWOWOWハイビジョン録画の『あいつだ!』を見る。2日続きの韓国オカルトノワール映画(こんなジャンルあるんかいの)しかもやっぱりユ・ヘジンが出てくる。昨日の『極秘捜査』では正義の占い師(笑)だった彼は今作では「媚を売る女は許さん!」の連続殺人鬼になってしまうのだ!

 最愛の妹を殺された主人公のチュウオンが「人の死に方が見える」霊能力少女イ・ユヨンの助けを借りて真犯人を突き止めそして復讐を果たすという物語なのだけれども、『極秘捜査』とまったく同じで警察は無能で横暴、海辺の町の異様なまでのみすぼらしさ(まあ、あれは周囲の地上げがほぼ完了していて再開発直前という事情もあったのですが)、イ・ユヨンへ浴びせられる周囲からの容赦のない迫害(本当に塩を撒かれている!)、そして何より、これもやっぱり実話ベース!という韓国エッセンスが凄いんである。もうこれだけで私は満足なのである!

 しかし、なんですなあ、韓国というのはいや、あれは軍事政権下だったからという言い訳がつくづく通用しない国ですよなあ。今でも同じようなことをやってますからなあ。

 ハイビジョン画質は良好。高い解像度で描かれる漁港の風景に思わず見とれてしまう。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドチャンネルの定位が良好。重低音の使い方も上手い。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して前述の『喜劇 負けてたまるか』を見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 4月21日(金) ファースト毛沢東 | トップページ | 4月23日(日) 「駄弁って応援」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65187472

この記事へのトラックバック一覧です: 4月22日(土) 「ダビデで応援」 :

« 4月21日(金) ファースト毛沢東 | トップページ | 4月23日(日) 「駄弁って応援」 »