« 4月26日(水) アーリア人バンク | トップページ | 4月28日(木) 『剣豪の反乱』 »

2017年4月28日 (金)

4月27日(木) 「我がお屠蘇」

 

4月27日(木) 「我がお屠蘇」
 「「わが闘争」の教材使用可能=政府答弁書」(時事通信2017年4月4日)
「政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。」

 このニュースで安倍政権が「我が逃走」を国民教育に使って戦争に駆り立てようとしている、安倍政権の暴走が止まらない!てなことを額に青筋たてて主張している人がいるけど、これは別に「我が闘争」を教材に使うことを決定したということじゃないからね。教育基本法の趣旨に沿うのであれば教材として使うことも不可能ではないといういわば「言論の自由」を反映させたものに過ぎない。逆に言えばあれこれの本はアレだから絶対、教育教材にはできませんと指定する方がモンダイであろう。

 「教育教材に使われる」=「我が闘争」の内容を肯定的に教える という決めつけもまた凄いよなあ。この手の人たちのアタマには反面教師という概念がないのだろうなあ。

 だいたいさ、基本的に今の時代に何が悲しくて「我が闘争」を教育教材に使わなきゃらなんのだ?こんなんじゃ図書館で「我が闘争」を借りたら政府機関にマークされるという都市伝説のあるアメリカを笑えないぞ(映画『セブン』がこの都市伝説を上手く使っていましたな)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードルナイスと野菜ジュース。200キロカロリー。昼飯は冷凍そばを使った大根おろしぶっかけソバとトマト一個。400キロカロリー。夕食は月見うどん、残っていた茹でもやし、納豆+大根おろし。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。ちょっと麺類ばかりなのが気になりますな。

 その後、レンタルブルーレイで『ローグワン』を見たのである。各所で絶賛、大ヒット、ひょっとしたら今までのスターウォーズシリーズ中ナンバーワンかもしれない!とまで評価を受けている作品であるが、ちょっと待てと思う。そんなこと言ったらルークやハン・ソロ、レイアの立場はどうなる、オビ・ワンやパドメ、結局はダークサイドに落ちちゃったけどそれでもそれなりに頑張っていたアナキン、が可哀想ではないか。

 ジャージャー・ビンクスだって・・・あ、それはまあどうでもいいか(笑)。

 それはさておき、私としては今一つ評価できない映画だった。前半部はとかくイベントが起こった、それが終わって次の星へ行き、またイベントが!と言う具合でとにかく展開が単調なのである。惑星スカリスの最終決戦でようやく愁眉を開くことができるかと思いきや、ウウーム、またいまいちノリが悪いなあ(笑)。

 あまりにも作戦が泥縄過ぎていて(反乱軍の意思不統一で結果的に戦力の逐次投入が行われたというのは理解できるのだけれども)、最初、反乱軍艦隊がバリアフィールドジェネレーターを破壊しようとして上手く行かず、キャシアンから「設計図手に入れたからバリアを破って」と通信を受けて再挑戦、今度は上手く行ったという流れが実にもどかしい。連絡を受けてからバリアフィールドジェネレーターの破壊を敢行すれば良かったのではないか(何を偉そうに)。

 キャシアンとジンがいったん、アーカイブ内に潜入したら無人状態で(帝国の最重要施設の一つなのに)後はなんでもやりたい放題というのもいかん。これはおそらく『ナバロンの要塞』が元ネタではないかと思うのだが、これをやると敵・味方ともに実に間抜けに見えてしまうのだ。

 (ローグワンとストームトルーパーズとの戦いも「ノルマンディー上陸作戦」に題を求めているのだろう)。

 いや、ダメなところだけではない。良いところもたくさんありましたよ、デススターによって破壊されるジェダ、スカリスの映像、スターデストロイヤー(責め)×スターデストロイヤー(受け)でバリアジェネレーターが破壊される場面、どちらも大破壊の美というものを堪能させてくれた。ラストのダースベイダーの大暴れもカッコ良かったぞ。

 そして、そして、何より素晴らしかったのは最先端のCG技術でピーター・カッシングが現代のスクリーンに蘇ったこと。別の役者に演技させて顔にCGを張り付けた(この表現が正しいか自信がありません)そうだが、もう本人にしか見えん。

 ちらりと登場するレイア姫も『スターウォーズ EP3』時のちょっと垢抜けないキャリー・フィッシャーの可愛さをよく再現している。この映画の公開と時を同じくして死去したキャリー・フィッシャーに対する最大のはなむけであろう。

 ハイビジョン画質はあー、暗部にざわつきが出ている。惑星ジェダの荒涼とした風景など、高解像度と純度の高い発色を両立させた素晴らしいものだったのにこの暗部で台無しだ。これはブルーレイソフト買っていたら激怒するレベルだと思う。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。サラウンドの密度が高く、包囲感にも隙間がない。雨が降るシーンなどそのリアルさに外で本当に雨が降っているのではないかと思って寝室の窓を開けて確かめたほどである。

 終了後シャワーを浴びて後はいろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前一時過ぎに就寝。

|

« 4月26日(水) アーリア人バンク | トップページ | 4月28日(木) 『剣豪の反乱』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65208420

この記事へのトラックバック一覧です: 4月27日(木) 「我がお屠蘇」:

« 4月26日(水) アーリア人バンク | トップページ | 4月28日(木) 『剣豪の反乱』 »