« 6月28日(水) 『オルゴンの七人』 | トップページ | 6月30日(金) 「学芸会の喫茶店」 »

2017年6月30日 (金)

6月29日(木) 「学園艦の喫茶店」

 6月29日(木) 「学園艦の喫茶店」
 元ネタはもちろん、ガロの「学生街の喫茶店」 『シン・ゴジラ』UHDブルーレイ対ブルーレイ 画質比較その2 ブルーレイの暗部表現にはもう一つ重大な瑕疵が。それは暗い場面で画面を覆い尽くすように発生する細かなノイズ。良く見ると赤や青の偽色がピクセル単位で見えることがあり、これも画質の品位低下に拍車を掛けている。B-2爆撃機が撃墜される場面では全体的に黒浮きしており、それでいて細部の情報が出てこない。

 UHDブルーレイのもう一つのアドヴァンテージ、それはBT2020による色域の拡大である。ブルーレイのBT709と比較すると色数が増え、その純度も飛躍的に高まる。蒲田に上陸した第二形態の腐った魚のような目の気色悪さ、第三形態ゴジラの皮膚の質感表現、放射能火炎放出時に黒く変化する第4形態ゴジラの目(瞬膜?)の生物的な生々しさ、東京を蹂躙する放射能火炎の輝き、B-2爆撃機の爆炎、血液凝固剤製造プラントの金属感等々、ああ、何もかもみな美しい(笑)。

 ただ、ブルーレイソフトにはトーンジャンプがほとんどと言ってみられない。暗闇で光るゴジラなど従来のブルーレイではトーンジャンプが避けられなかった筈だが、このソフトでは巧妙に抑えられているようだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は冷凍うどんのぶっかけ。冷凍うどんを電子レンジで加熱。じゃあじゃあ水洗いしたのを丼に盛ってトマトスライスを乗っける。そこにすりごまをがりごり掛けてレモン汁をぱっぱ。チューブのわさびを適宜入れてさらに博多万能ねぎの刻み。ここに麺つゆをじゃっと入れ、後から冷えたミネラルウォーターをちょっとずつ入れ味を確かめつつがつがつと食い込んでいく。実にンまい!である。300キロカロリー。

 夕食は刻みキャベツとトマトスライス。これに少量のマヨネーズ、しょうゆを掛けて後はたっぷりのすりごま。そして昨日の残りのカレーで仕上げ。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『レジェンド 狂気の美学』を見る。これは1960年代ロンドンで猛威を振るっていた双子のギャングを題に取った作品。昔ながらの組織の繁栄と衰退を描く映画であるが、双子の弟、ロンの狂気を上手く使うことでこれまでにない説得力を持たせている。

 また主人公の双子の兄、レジーと部下の妹だったフランシスの関係もギャング映画らしからぬもの悲しさに満ちている。生粋のギャングであるレジーと良くも悪くもフツーの女性だったフランシスはお互いへの愛のためなんとか歩み寄ろうと努力するのだが、結局二人の間の溝は埋めきれなかった。この悔悟から服毒自殺を遂げるフランシス、そしてレジーは彼女の死でやけのやんぱちになり衆人環視の中で殺人を犯し、その後の30年を刑務所で過ごすことになるのだ。

 ハイビジョン画質は良好。きりっとした解像度の高さこそないが、自然な発色、がたつきのないスムースな暗部諧調表現等々、WOWOW画質としては一級のものである。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドもまた一級品。音の動きや定位がピンポイントで決まる。このキモチ良さと言ったら(笑)。

 その後、前述の『シン・ゴジラ』UHDブルーレイ対ブルーレイの画質対決の続きをやった訳でして。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 6月28日(水) 『オルゴンの七人』 | トップページ | 6月30日(金) 「学芸会の喫茶店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65476426

この記事へのトラックバック一覧です: 6月29日(木) 「学園艦の喫茶店」:

« 6月28日(水) 『オルゴンの七人』 | トップページ | 6月30日(金) 「学芸会の喫茶店」 »