« 6月5日(月) 『パシフィック・ムリ』 | トップページ | 6月7日(水) 後ろから前川どうぞ »

2017年6月 8日 (木)

6月6日(火) 「ガウォークのすゝめ」

 6月6日(火) 「ガウォークのすゝめ」
 福沢諭吉駄洒落。前にやったことがあるような気がしないでもないけど検索しても出てこないのでいいのだ!

 レッドブルエアレースでのゼロ戦東京湾里帰り飛行であのAERA誌(東北地方太平洋沖地震での原発事故で「放射能がくる」という表紙で風評被害を煽り立てたキチガイ雑誌である)の記者が<TLに零戦を讃える人がたくさんいて、考え込んでしまう。「平和を考える機会」にはなってないようだけど 今を生きる私たちがすべきは、零戦に平和を奪われた人たちについて知ることじゃないの。2017年の東京の空を飛ぶ零戦を「美しい」「勇姿」と表現する人たちを見ると、これが「平和について考える機会」になっているのか疑問です。そこに人の痛みへの想像力はあるのでしょうか。戦争への反省と「零戦カッコイイ〜」が両立する精神状態というのがマジで分からん。私にご意見をくださる皆さんが「加害」の視点がまるっと抜け落ちて悲劇の主人公気分なのも興味深いし、普段は中国や北朝鮮の脅威を煽っている人がこんなときだけ「平和な日本の空、ほっこり」とは?>(抜粋して引用)

 中国や北朝鮮の脅威を煽っているってあれを脅威と思ってない人が未だにいるのかというのは置いときまして(笑)、このいかにもアレな左的発言にわあわあ言われているんでありまして。

 まあ、アレな左の人だからこんなアレなことを言うのは仕方ない。複雑な思いというのも分からないことはないのだが・・・。でも復元されたゼロ戦が日本の空を飛ぶのは何もこれが初めてではなかったりする。過去に3回<1995年、スティーブ・ヒントン(パイロット)https://blogs.yahoo.co.jp/a6m2bkm251/63537139.html(オリジナルの栄21型エンジンによる飛行) 2016年、スキップ・ホルム(パイロット)http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/28/zerosen_2016/002.html>の飛行が行われており、今回は4度目なのである。文句をつけるなら最初から言えやと思ってしまうのも無理はないと思いませんか皆さん。そりゃマニアでもなければ知らないことかもしれないが、今のインターネット時代(この言い方自体が古臭いですな)検索すりゃすぐ分かるだろ。その程度の苦労を惜しむなや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯、コンビニのトンカツサンド 420キロカロリー。昼飯、電子レンジで蒸した茄子一本、玉ねぎ半個。80キロカロリー。夕食 コンビニのエビ天丼、カップワンタンスープ 800キロカロリー。デザートとして納豆1パック。80キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,380キロカロリーなり。

 久々にコンビニ弁当が食べたくなったので、それもカロリーが高い揚げ物系、昼は野菜だけにしてカロリーのバランスを取ったのである(笑)。

 その後プロジェクターでWOWOWハイビジョン録画の『愛と裏切りの銃弾』を見る。実に頭の良い映画なのだが、頭が良すぎてそんなに頭が良くない私がついていけなくなったという映画(笑)。最初の訳の分からない場面が映画が進むにつれてだんだん分かってくると言う構成、これ自体は良くあることなのだが、あまりに訳が分からなすぎて、分かる前に脳みそが疲れ果ててしまうんである。

 (はい、この短い文章の中で分かるという言葉が何回使われたでしょうか)

 ただ主役を演じたジェナ・マローンの上手さがただごとではない。へたな女優志望者で「お前、大根だからうちの劇団にはいらないわ」と追い出されるくらいなのだが、実生活では犯罪者兄弟をその演技で見事にだまくらかし、結果的に大金を手にしたのである(ラストシーンで目に見えない観客に向かって頭を下げるのが実にカッコいい)。

 犯罪と言えば、男に決まっていて「犯罪の陰に女あり」とかなんとか言っちゃっても結局女は男の従属物にしか過ぎないというジェンダー的な定石を見事にひっくり返してみせたその鮮やかさが印象的だ。

 ハイビジョン画質はダメダメ。ノイズは酷いし黒はうきっぱなし。オレはまた20年くらいの昔の映画かとおもっちゃったくらいだぜ(これは2014年の映画)。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドとしては合格点。あまり細かい情報は入っていないが、定位の良さで銃撃戦の迫力が倍増だ。

 その後、シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて途中まで見ていた『サザエさんとエプロンおばさん』を最後まで。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 6月5日(月) 『パシフィック・ムリ』 | トップページ | 6月7日(水) 後ろから前川どうぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65385995

この記事へのトラックバック一覧です: 6月6日(火) 「ガウォークのすゝめ」:

« 6月5日(月) 『パシフィック・ムリ』 | トップページ | 6月7日(水) 後ろから前川どうぞ »