« 7月23日(日) コミンテルン坊主テルン坊主明日アカにしておくれ | トップページ | 7月25日(火) 「『ロード・オブ・ザ・リング』と海」 »

2017年7月25日 (火)

7月24日(火) 「サイコガンの授業」

 7月24日(火) 「サイコガンの授業」
 どんな授業だ。スティーブン・キング 「BLAZE」 読了50パーセント 電光石火の早業で拾った財布を猫糞するブレイズとジョン。彼らはこの金を使ってボストン漫遊を計画。施設を夜中に抜けだし早朝に出発するバスでボストンへGO!

 生まれて初めて体験する大都会。ついに行くことができた大リーグの試合、二人はYMCAのホテルに泊まりながら遊び歩く。それは夢のような時間であった。そして金を使い果たした二人は施設に帰ってくる。この2年後、ジョンは病気で死亡。

 さて、なんとか赤ん坊を隠れ家に連れてきたブレイズである。火のついたように泣き喚く赤ん坊を見て「はっ、まさか病気では死んじゃったらどうしよう」するとジョージが「バカ、腹が空いているんだ、食わせろ」果たして離乳食を食べさせてみると赤ん坊は満足して安らかに眠り始める。

 ブレイズは翌朝の食事の準備。哺乳瓶にミルクを詰める。翌朝、それを温めているとまたジョージが「おい、それ、薄めたんだろうな」そうブレイズはミルク缶からそのまま哺乳瓶に移していたのだ。「バカ、オマエ、そんなもん飲ませるのか、濃すぎるんだよ、水で薄めろ」

 何とか授乳を終えたブレイズ。ジョージは「オマエな、新聞を買ってこい、近くで買うんじゃないぞ、遠くの店に行くんだ。それと育児書も買ってきな、絶対必要になるから」ブレイズは赤ん坊を残しておくことはできないと反対するがジョージは「さっさと行って来い、赤ん坊の面倒は俺が見る!」何か変だなと思いつつ逆らえず出発するブレイズである。

 首尾よく新聞と育児書を手に入れたブレイズ。新聞を開いた彼は仰天する。彼の似顔絵が大きく掲載されていたからだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの 朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯はうどんウェストでカツ丼・ざるそばのセット。そばはもちろん二玉だい!外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はコンビニの和風ハンバーグと煮野菜。後は素麺1把。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『セル』 スティーブン・キング原作の小説をキング自ら脚本を執筆(アダム・クレッカとの共同脚本)、映画化したという私みたいな好き者にはたまらないが、好きじゃない人には微妙になりがちな作品である(笑)。

 冒頭の空港内で携帯を使っていた人が何らかの原因によって怪物化するパニック描写はスピード感に溢れ、一瞬に見るものを「セル」世界へ引きずり込んでしまう。ウンコしながら携帯を使っていた親父が怪物化しズボンを下げたまま空港内を走り回ったり、友だちを携帯怪物に殴り殺された女の子が警察へ電話しようと携帯を使ったらぶぶぶと口から泡を吹いて怪物に変身!

 いやあ、ぞくぞくしましたね(笑)。いきなりサミュエル・ジャクソンが出てくるのも大いに気に入ったし。

 評価を下げる原因となっているラストの訳のわからなさもいいです。電波塔の周囲を無数の携帯怪物たちがわがごごわがごごとノイズを発しながらぐるぐる回っているという絵を見せてくれただけでも私は満足ですよ。キング原作の映画化としては結構上の部類じゃないですか。上の部類でこれかい!ていう人がいるかもしれませんけどそんなのは私の知ったことではありません(笑)。

 まあ、それだけにこのあたりのCGがびっくりするほどチャチかったのが大変に残念でした。

 ハイビジョン画質はダメダメ。暗部が浮いて無数のノイズが蠢いている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。過剰な重低音の使い方がなんとも下品。でもこれが映画に良く合っているんだよねえ。

 終了後シャワーを浴びて前述の「ブレイズ」を読む。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 7月23日(日) コミンテルン坊主テルン坊主明日アカにしておくれ | トップページ | 7月25日(火) 「『ロード・オブ・ザ・リング』と海」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65579249

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日(火) 「サイコガンの授業」:

« 7月23日(日) コミンテルン坊主テルン坊主明日アカにしておくれ | トップページ | 7月25日(火) 「『ロード・オブ・ザ・リング』と海」 »