« 7月27日(木) 「サイコガン良平」 | トップページ | 7月29日(土) 『死霊のはらたいら』 »

2017年7月30日 (日)

7月28日(金) 芦屋サイコガン

 

7月28日(金) 芦屋サイコガン  
 芦屋小雁が当時25歳の斉藤とも子と結婚したのは53歳の時であった駄洒落。芦屋小雁のSF・ホラー映画のコレクションというのはつとに有名であったが私のコレクションも結構いい線いっているのではないかと思うのである。米国盤DVDが大半だから今ではリージョンコードの関係で再生できないけど(笑)。

 スティーブン・キング 「BLAZE」 ジョンは肺炎で死ぬ。ブレイズは彼の葬式に参加することができず寮で怒りに身を震わせていた。Mr.法がHHの農場でジョンを働かせたから病気が悪化したのだ。ブレイズはMr.法のオフィスに行き「このクソ野郎が」 ぼこぼこにする。

 彼は矯正施設に2年間収容されることになった。出所後、彼はアルバイト生活。その後、ベリー摘みのアルバイトで知り合った不良青年と再会。彼から強盗一味に加わらないかと誘われる。これで3件ほど仕事をして(笑)、それからジョージと出会うことになったのだ。

 現代に戻って・・・。ブレイズは身代金受け渡しについて凄く良いアイデア(だと彼は思っている)を思いついた。彼は電話を掛けに行く。もう車がつかえないので凄い雪の中をえっちらおっちら歩いて公衆電話のあるガソリンスタンドまで行ったのである。しかし、彼は困ってしまった。電話を掛けるのに必要な小銭がなかったからだ。彼はなぜかコレクトコールを掛ける。オペレーターに名前を聞かれて「はい、僕の名前はブレイズです」って、オマエ!

 彼は電話を掛ける。電話に出た当主に「いいか、飛行機で身代金を運ぶのだ。こっちはどこそこあそこで発炎筒で合図するから身代金にパラシュートつけて落とせ!」逆探知したFBIの捜査官はただちに警官を派遣。しかしブレイズを捕まえることはできなかった。おまけに彼が逃げた直後に除雪車が通ったので彼の足跡などみんな消されてしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼飯はカレー(二食目)。夜はとある関係の飲み会。もつ鍋で焼酎をがぶがぶと。

 午後9時過ぎに帰宅。テレビをぼんやり眺めていたらいつの間にか爆睡。はっと気が付いたら午前3時過ぎ。ふみい、ふううんと可愛らしく伸びをしてベッドに入り本格的に寝なおす。

|

« 7月27日(木) 「サイコガン良平」 | トップページ | 7月29日(土) 『死霊のはらたいら』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65599172

この記事へのトラックバック一覧です: 7月28日(金) 芦屋サイコガン :

« 7月27日(木) 「サイコガン良平」 | トップページ | 7月29日(土) 『死霊のはらたいら』 »