« 7月2日(日) ヒアリハット運動 | トップページ | 7月4日(火) クロード・ヒアリ »

2017年7月 4日 (火)

7月3日(月) 「ヒアリの研究」

 

7月3日(月) 「ヒアリの研究」
 コナン・ドイル駄洒落。ルルさんといういわゆる放射脳の人がいて「伊藤和子弁護士に対する名誉毀損、池田信夫氏に賠償命令…東京地裁」のニュースに大はしゃぎ。それはそれでかまわんのだが(笑)、勢い余ったのかこんなことを言いだした。「福島信夫山ネコの憂うつ」などという放射能安全デマブログを運営している池田信夫氏はいろいろ酷い」その「福島信夫山ネコの憂うつ」はこちら。 http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-228.html#comment18195  もちろん別人。そもそも信夫山は福島の地名で「しのぶやま」と読む(笑)。
 
 私もそうだけど、福島信夫山ネコ氏も「放射能が安全である」などとは言っていない。放射線への暴露(エクスポージュアと書くとカッコいいぞ)はその量が問題だと繰り返し述べている。福島での被ばく量は人間に影響を及ぼすレベルに程遠いもの。これは各種知見によって断定された科学的事実だ。 福島の被ばく量で鼻血が出たり甲状腺がんが増えたり心臓疾患が増えたりなどありえない。その程度のことが理解できないから「放射脳」と揶揄されるのである。

 まあ、こんな人だからこそ、「信夫山」をのぶおやまと勘違いして、池田信夫のハンドルネームだと信じこんだりするのだろうが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどんべえカップうどんと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は抜き。夕食はコンビニの冷凍ちゃんぽん、トマトスライス、煮野菜の残り。ビール500ml缶一本飲む。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHDブルーレイ 『ミスぺレグリンと奇妙な子供たち』を見る。いやー、この映画はよろしい。美しさと恐ろしさの境界を曖昧にぼやかしたファンタジー世界はまさにティム・バートンにしかなしえぬもの。そしてなにより素晴らしいのはジョニー・デップが出てこないことだ!(笑)。

 映画も良かったけどそれ以上に驚かされたのがUHDブルーレイのゴージャスな画質。DIファイル4Kの恩恵か、色の乗り方が実に自然でみずみずしい。この発色があるからこそ、現代から1943年のミスぺレグリンの構築したループ空間に入った主人公の驚きがダイレクトに伝わってくる。現代の沈鬱な島の光景が(いや、これも凄い画質なんですよ)1943年の世界では花の咲き乱れる色彩の祭典となる視覚的な衝撃を正しく見るものに伝え得るのは劇場公開を除けばUHDブルーレイが唯一の手段なのだ。

 音声はドルビーアトモス。対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。このサラウンド音声も極上の出来。特に印象的なのが重低音とのつながりが極めてスムースなこと。このレベルになると完全にサブウーファーの存在が消えてしまう。

 その後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで行って委員会」 その後プロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネル録画の『マタンゴ』を天本英世登場場面まで。UHD再生機能付きブルーレイレコーダーUBZ1とプロジェクターX770の組み合わせで見るこの映画の画質の良さよ。改めて冒頭のヨット漂流場面の特撮の凄さを実感する。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 7月2日(日) ヒアリハット運動 | トップページ | 7月4日(火) クロード・ヒアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65493321

この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(月) 「ヒアリの研究」:

« 7月2日(日) ヒアリハット運動 | トップページ | 7月4日(火) クロード・ヒアリ »