« 7月31日(日) 「ハイラガーさんが通る」 | トップページ | 8月2日(水) 「アカハラのトナカイ」 »

2017年8月 3日 (木)

8月1日(火) 「バトロイドはんと丁稚どん」

 

8月1日(火) 「バトロイドはんと丁稚どん」
 いや、さすがに「番頭はんと丁稚どん」が駄洒落の元ネタとしてこれほど使い勝手が良いとは思っていませんでした。

 ちょっと夢想したこと。アメリカ各地で博物館や記念艦として現存しているアイオワ級戦艦を再就役させて大改造。砲塔はもちろん艦橋もとっぱらって弾道弾を同時に4発発射できる機動弾道弾発射プラットフォーム(BLBM バトルシップランチドバリスティックミサイル)にする。これに空母機動部隊を護衛としてつけて日本海をうろうろさせる。その存在を秘匿する訳にはいかないが現代の米海軍空母機動部隊というのは確実な攻撃手段が存在しない事実上の難攻不落の城である(戦術核でもやれるかどうか分からん)。そんなものに守られた洋上ミサイル基地に近くをうろうろされてみろ、北朝鮮とか中国とかすっげえイヤがるだろうなあ・・・と思うと大変愉快な気持になってしまうのであります、はい。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの 朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯はトマト一個、納豆(挽割り)、茹でホウレンソウ。200キロカロリー。

 夕食はまたもマルタイの冷やし中華。茹でもやし、トマト1個を乗っけてずるずるとやる。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『シャドウ・エフェクト』を見る。前半にちりばめられる細かな謎が後でがきちんと抜かりなく解明されていく展開が良し。観客とかもう分かっているのに、それでもなかなか真相にたどり着けず最後の最後まで間抜けな勘違いをしている主人公もキュート(笑)。まあ、自分のことだからなかなか理解できないのは分かるけど。

 しかしなんですな、いくら米軍史上最強のスナイパーだからと言ってそのクローン(わああ、凄いネタバレだ)を13体も作って、しかもクローンを混乱させないために多数の支援要員を配して(奥さん含む シュワルツェネッガーの『トータルリコール』みたい)父親から受け継いだダイナーを経営しているニセの人生を送らせるのだから大変だ。

 フツーに腕の良いスナイパー、殺し屋をその予算で育成した方が効率がいいのではないかとか言うと映画が成立しなくなってしまうので黙ります(笑)。

 ハイビジョン画質はそれなり。暗部のノイズが多く発色もいまひとつ。音声はAAC5.1チャンネル。過剰なまでの重低音が良し。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『銀座の恋の物語 4Kデジタルリマスター』を最後まで。浅丘ルリ子の事故以来、物語が急速にご都合主義の何でもアリの世界になっていくのだが、これはこれでありなのである。脚本の山田信夫、熊井啓は明らかに大衆の「物語がこうなって欲しい」という願望を意図的に取り入れている。

 映画の本質は観客の願望をいかに成就させるかという点にあり、この作品はそうした願望を可能な限り具現化したものと言えるだろう。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 7月31日(日) 「ハイラガーさんが通る」 | トップページ | 8月2日(水) 「アカハラのトナカイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/65615978

この記事へのトラックバック一覧です: 8月1日(火) 「バトロイドはんと丁稚どん」:

« 7月31日(日) 「ハイラガーさんが通る」 | トップページ | 8月2日(水) 「アカハラのトナカイ」 »