« 9月11日(月) シートンのかけら | トップページ | 9月13日(水) グータラアリ »

2017年9月14日 (木)

9月12日(火) 「マルハの恐怖」

 

9月12日(火) 「マルハの恐怖」
 もうマルハという企業は存在しないんだねえ駄洒落。加ト吉がいつの間にかテーブルマークになった、グラマンがいつの間にかノースロップ・グラマンになったみたいな寂寞感がありますなあ。西日本新聞の東電に関する印象操作丸出しの記事。<西日本新聞 2017年9月13日 夕刊 2面より抜粋して引用開始>「時代の目撃者 小原一真氏編 福島第一原発 環境劣悪 人間使い捨て」 1号機原子炉建屋から北西200mの免震重要棟に車で行った。小原の持つ線量計は毎時10マイクロシーベルトを示していた。放射性物質による内部被ばくの危険もあったが、作業員は休憩所や喫煙所で防護マスクを外して飲食し、たばこを吸っていた。

 免震棟の外での作業を終えた人たちが、マットの上でぐったりと横になっている。マットからあぶれた若者たちは廊下で膝を抱えて眠っている。「頬の赤い、あどけなさの残る作業員もいた。若い人が使い捨てにされていると思いました。<引用終了>

 「人間使い捨て」という刺激的なサブタイトルになんら具体的な根拠があるものではなかった。この人の「若い人が使い捨てにされていると思いました」という思い込みに過ぎなかったのだ!なんだ、これ。「いちえふ」とか読んでいないのか、こいつら。それに毎時10マイクロシーベルトといったって単純に換算しても年間86ミリシーベルト。何も365日、24時間現場にいる訳ではないから実際の被ばく量はその半分以下であり、人間の健康に影響を及ぼし得る数値には到底なりえない(放射線作業従事者の線量最大限度 : 年間50 mSv 国際放射線防護委員会(ICRP)は年間100ミリシーベルト以下の低線量被曝の人体への健康被害は明らかではないとしている)

 本当にいい加減にしろ。西日本新聞はこの期に及んでまだ風評をあおるつもりなのか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯はサッポロ一番醤油味とキュウリ一本。500キロカロリー。夕食は豚バラ塊を使った豚汁とゴハン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずに音楽聞きながら読書。柳内たくみ先生の「戦国スナイパー 5」を読了。いやあ、5巻は完全なトンデモ本だなあ(笑)。あの半ばやけくその終わり方とか実際すげえよ。

 午後9時すぎにシャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 9月11日(月) シートンのかけら | トップページ | 9月13日(水) グータラアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月12日(火) 「マルハの恐怖」:

« 9月11日(月) シートンのかけら | トップページ | 9月13日(水) グータラアリ »