« 9月13日(水) グータラアリ | トップページ | 9月15日(金) ヴラド物のバッグ »

2017年9月15日 (金)

9月14日(木) 鬼のシェイクダウン岩

 9月14日(木) 鬼のシェイクダウン岩
 宮崎観光名所駄洒落。かって昭和30年代後半から50年代初めまで宮崎は空前の新婚旅行ブームに沸きかえった。ピーク時の昭和49年に、宮崎市内に宿泊した新婚旅行客は約37万組で、これは同じ年に全国で結婚したカップルの約35パーセントにのぼるといわれている。

 そんな新婚旅行客が宮崎へ詰めかけたのである。それなりに広い宮崎県とはいえ(2014年 7,735.31km2 国内14位)観光地は限られている。新婚旅行に来て何もない野山や町に行ったって仕方ないからその限られた観光地にみんな押し寄せる。

 けっこういろんな面でえげつないことになっていたのではないかとワタクシなどは思うのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は回転寿司で7皿。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はまた冷麺。キュウリ、もやし、薄焼き卵(調理技術が未熟なので薄焼きにはならん)、ハムのトッピング。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『もっと猟奇的な彼女』を見る。これはタイトルどおり『猟奇的な彼女』 15年ぶりの続編である。大いに期待して見始めたのだが30分で飽きた。面白くない、つまらない(笑)。だいたいよう、前の彼女に振られて(このふられた理由のみ面白い)意気消沈していたキョヌの前に幼馴染の中国人の彼女が現れいきなり結婚。

 こんな都合の良い話、おれァ『猟奇的な彼女』に求めていないっての。

 こんな都合の良い夢想的なストーリーなのに後半でいきなり韓国特有の就職状況が描かれシリアス極まりない暗黒展開となるのもイヤ。無職だったキョヌがやっと就職できた大手企業。希望を胸に働き始めるキョヌであったが、実は彼の採用は犬によって決められていた。地方大学からの学生採用を国に迫られた会社がやむなく求人を出す、すると佃煮にするくらいの数の応募があった。面倒臭くなった社長は自分の飼い犬に選ばせたのである。

 当然ながら選ばれた人間たちはその後苛烈なリストラの嵐に見舞われる。キョヌは専務の運転手に配属変えとなり、もう一人のうす禿は田舎への転勤を示唆されて退職。これがきっかけとなってキョヌと彼女の関係が悪化。彼女は自分の祖国へ帰って行ってしまう。

 ウウーム、ここまでやるかあと思うよなあ(笑)。でもこの後はまたお気楽路線に戻って彼女の田舎を尋ねて再会。えらく簡単によりを戻しその後3人の子宝に恵まれてハッピリーエヴァーアフター。騒動のきっかけになったあのうす禿なんてそれ以降でてきやしないの、キョヌも会社をやめるのだけれども、それ以降、新たな仕事のこともまったく触れられないの、そりゃないよなあ。

 ハイビジョン画質もダメダメ。色は滲んできたないしジャギーも目立つ。画面の破たんも早くディスコの場面など何が何だか分からなくなるくらい。

 音声はAAC5.1チャンネル。こちらも音数の少ない貧乏サラウンドだよなあ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

|

« 9月13日(水) グータラアリ | トップページ | 9月15日(金) ヴラド物のバッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月14日(木) 鬼のシェイクダウン岩:

« 9月13日(水) グータラアリ | トップページ | 9月15日(金) ヴラド物のバッグ »