« 9月3日(日) 大林宣彦の『天王星』 | トップページ | 9月5日(火) 「噺家爺さん」 »

2017年9月 5日 (火)

9月4日(月) 「我がマイティソー」

 

9月4日(月) 「我がマイティソー」
 ドイツ第三帝国駄洒落。さて、午前7時半に起床、身支度準備を拵えて午前8時過ぎにタクシーを使って福岡市某所の某病院へ向かう。先に入院費の支払いを済ませ、母の病室へ。あわただしく荷物をまとめる。午前9時に義妹が到着。

 病棟スタッフへの挨拶を済ませ、タクシーで転院先へ。母は入院前の身体検査。私と義妹は入院の手続き、治療方針の確認、説明等々。検査を終えた母親とやっと病室に落ち着くことができたのは午後1時過ぎであった。私は母親がリハビリに行っている間に病院一階の付設レストランで昼飯。病室へ戻りリハビリから戻ってきた母親と必要な品物や今後の予定について話し合う。そして午後2時過ぎにタクシーで帰宅。休む暇もなく父親と話し、弟とも電話であれこれ相談。

 いやあ、これは想像以上に大変ですぞ。

 食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は前述の如く病院のレストランで若鶏の甘酢あんかけ風。ついていた豆腐が大豆の味が濃くて美味かった。でもこういうこと言っちゃなんだが、私は味の濃い豆腐には違和感しか覚えない。豆腐なんてものは味もそっけもないくらいが宜しい(罰あたりなこと言ってんなー)。

 夕食は買い物に行く気力がなく、昨晩と同じくマルちゃん「北の味わいざるラーメン」 ハム、もやし、トマト、温泉卵トッピングで済ませてしまう。

 その後、レンタルブルーレイで『パージ 大統領令』を見る。パージシリーズの第3作。発狂度はますますスケールアップ。こんな法律が犯罪を抑制して人々を安全にするとかそんな訳ないやろ!感は文句なくシリーズで一番だ!もはやアメリカの銃規制反対をグロテスクに戯画化してやろうという目的から遠く離れてしまっている。

 世界観の設定としては救いようがないくらい破綻しまくっているのだが、それでも面白く見てしまうのは、出てくるのがトンデモないキチガイばかりだから(笑)。気色の悪い電飾車でやってきて、「おやじ、キャンディバーを寄越せ」とわめく万引き常習犯の女子高生軍団とか犠牲者の死であからさまな宗教的オーガズムに達するNFFAの幹部連とか、もー大変ですよ。

 一応、ヒロインである上院議員が大統領選に勝利し、パージ法の廃止を決定するというハッピーエンドとなるのだが、まあ、どうせ続編が作られてしまうのでしょうな。

 ハイビジョン画質は良好。高い解像度、良好な発色、スムースな暗部の諧調推移。一か所だけ格子状のノイズが出てしまっていたのがなんとも残念。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。スピード感のある重低音が圧巻。スーパーサブウーファー TD725MK2SWがその真価を発揮する!

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 9月3日(日) 大林宣彦の『天王星』 | トップページ | 9月5日(火) 「噺家爺さん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月4日(月) 「我がマイティソー」:

« 9月3日(日) 大林宣彦の『天王星』 | トップページ | 9月5日(火) 「噺家爺さん」 »